PLAMAX フロンティアセッター(楽園追放) 予約開始


マックスファクトリーのプラモデルブランド「PLAMAX」からフロンティアセッターが登場。
画像はあみあみへのリンクになっています。

ダグラムを皮切りにマックスファクトリーからプラモデルがどんどん出ますね。
figmaのアンジェラと同スケールという事みたいですが、figmaではなくプラモデルでの登場。これには賛否両論あると思いますが、まあ私は賛成かな?成型色が安っぽいものだったらちょっと微妙ですけど(現時点では不明)。
メカものであればプラモデルでも問題なく可動で商品化出来ると思いますし、完成品よりも値段が抑えられる。このフロンティアセッターももしfigmaで完成品として発売されたらもっと値段が高くなっていたと思います。ただ、腕に肉抜きがあるのはいただけない。想像ですけど、figmaという完成品ではなくプラモデルという形だから肉抜きがあるという仕様で良しとしてしまったのではないかと。
これは何とかして欲しかったですね。スライド金型使って輪切り上に分割にすれば・・・というのは素人考えでしょうか。たとえ右手の付け根のすぐ後ろのクネっと曲がっているところに分割線が入ってでも分割は工夫して、肉抜きは避けて欲しかった。赤いもう1種の頭部を付けるよりも、そっちに部品数を使って欲しかったです。
フロンティアセッターってアニメ的なロボットというよりも、ホンダのASIMOとかの人型ロボットに近い構成のデザインですよね。ホンダのロボットはWAVEからかつて1/12スケールでプラモデルが出ていましたので、一緒に並べてみるのも面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。