NECA(ネカ) クランリーダー・プレデター 7インチアクションフィギュア デラックス 予約開始


先日のニューヨークトイフェアで発表された新製品が日本でも予約開始になりました。ケナーのプレデターからクランリーダー。
オリジナルのケナーでは「プレデター・クランリーダー」だったのですが、NECA版は名前が逆なんですね。
画像はあみあみへのリンクになっています。

オリジナルのケナーのシリーズの中で私が初めて買ったのがこのクランリーダーでした。なので結構思い入れあり。顔は一応プレデターだけど何だか変なデザインだな、触手が付いているし(笑)とか思った記憶があります。いや私だけじゃなく、多分誰でも思いましたよね(笑)

NECAのフィギュアの方ですが、ヘンテコなデザインの味はうまく残しつつ、実にカッコ良くなっていて軽く感動しました。NECAのケナープレデターは既存のフィギュアの流用で一部新規パーツという構成なので、必ずしも元のケナー版のデザインを再現してはいないのですが、流用の仕方・アレンジの仕方がうまいですよね。このクランリーダーはシリーズ14のAVPプレデターの素体を流用しているようで、スネのアーマーはAVPのプレデターのままですが、オリジナルのケナー版とシルエットが似ているので特に違和感無く。足首は新規パーツで厚底のサンダルを履いていますね。ケナー版だと靴底が伸びるというヘンテコギミックがありましたが、NECA版はこれについての記述が無いのでオミットされているようですね。まああのギミック全然カッコ良くないし、あんなもののせいで足首の可動が無くなったらイヤなので無くていいですけどね(笑)

腕は下腕のみ新規パーツ。胴体は腰周りと、あとは胸部分が丸々新規パーツのようです。クランリーダーの背中って、緑というカラーとマスクのデザインもあって何か「龍」を連想させるな、と私は思っていたのですが、そのシルエットは踏襲しつつメカニカルにアレンジされていてカッコ良い。マスクのデザインとも一体感があって良いですね。ケナー版だと触手を動かすレバーがありましたけど、NECA版は当然無し(笑)
武器は刃部分がケナー版を踏襲していますが、グリップ部分はAVPのスピアと共通のデザイン(パーツも流用かも)となっています。
そしてクランリーダー最大の特徴である触手は、エイリアンの尻尾を思わせるギザギザした形状にアレンジされ、取り外しが可能な上に腕に付ける事も可能。そして(当然といえば当然なんですが)ケナー版と違って自由に曲げられるベンダブル仕様と、可動フィギュアとしてきちんと遊べそうな仕様になっていますね。取り外せるというのが地味に嬉しい。

でも私にとって実は一番嬉しいアレンジ点は、顔が普通のプレデターになった事ですね。オリジナルのケナー版は、何か妙にジジイ臭くてカッコ悪いと思っていたのです。まあ確かにクランのリーダー=年長者だろうとは思うのですが、「プレデター2」のエルダーにせよAVPのエルダーにせよ顔はそんな風じゃないですから、普通のプレデター顔の方が良いと思うのですよ。
その顔ですが額にはAVPのスカーが劇中で自分で刻んでいたあのマークが付いています。すねのアーマーもAVPと共通ですし、AVPのプレデターと関係がある事を匂わせていますね。おそらくパッケージにNECAでの設定が書かれるとは思いますが。

シリーズ14以降の素体なのできちんと可動すると思いますし、デザインやギミックのアレンジもカッコ良いのでこれは確実に購入しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。