ROBOT魂 〈SIDE MS〉MSM-03 ゴッグ ver. A.N.I.M.E.  16時より予約開始


順調にシリーズを重ねているROBOT魂の「ver. A.N.I.M.E. 」。新製品はゴッグ。
画像はあみあみへのリンクになっています。

「ver. A.N.I.M.E. 」シリーズはアニメ設定画のフォルムを尊重した形状が特徴的。ゴッグもHGUCやMGと言った最近(でもないですけど)のプラモデルに比べて腰が上下に長くて上半身が小さめというアニメ設定画を意識したプロポーションとなっています。

特筆すべきは太ももの形状と股関節の構造ですね。オリジナルの設定画だと太もものかなりの面積がパンツの中に埋まっている形状で、このまま立体化すると脚が前に出せないか、旧キットのように前に出すと脚が左右に開いてしまうという構造になってしまいます。そのためHGUCやMGのプラモデルではパンツから太ももが横に張り出したプロポーションで、パンツ側も太もも周りのクリアランスが大きく取られていました。
そのプラモデルの構造もそれはそれでメカらしくて良いのですが、この「ver. A.N.I.M.E. 」はプラモデルとは違った答えを出しています。なんと太ももはパンツの中に埋まっていると普通は考える部分にそもそも装甲が存在せず、太ももは「見えている部分」のアウトラインの形になっており、その中にある関節パーツ(と言うか2周りくらい小さい太ももパーツ)でパンツと繋がっている構造。これによって設定画での綺麗なラインと、きちんとした可動の両立を図っているようです。これは新しい解釈だな、と感心しました。

その他、ゴッグと言えば・・なハイパーハンマーが付属すると言うのも気が利いてますね。ガンダムではなくゴッグに付属という辺りがプラモデルには無いROBOT魂ならではという感じがします。ゴッグを複数揃えようと思うとハンマーもダブりますけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。