NECA(ネカ) エイリアン vs プレデター アーケード プレデター サイド 予約開始


書くのが遅くなりましたが、SDCC2017で発表になった商品が予約開始となっています。
カプコンのアーケードゲームのAVPが遂にNECAから商品化。
私としては本当に待望の、あの日思いもしなかった奇跡のような商品化・・・なんですが、正直言ってかなりガッカリです。

画像はあみあみへのリンクになっています。

カプコンの「エイリアンvs.プレデター」は1994年にゲームセンターに登場したアーケードゲーム。映画「エイリアン」は観た事がありましたが「プレデター」は見た事がない私がプレデターというキャラクターを知ったきっかけとなったゲーム。ゲーム自体もかなり面白くて、相当にプレイしたかなり思い入れのあるゲームです。そのゲームのキャラクターが今遂にNECAから商品化となったわけです。

あのゲームのプレデターってゲーム内ではかなりムキムキの体型なんですが、流石にそれを再現しろとは言いません。映画のプレデターに比べたらマニアックな商品ですから、新規パーツにそこまでコスト掛けられないでしょう。NECAのこれまでのフィギュアのパーツ流用で構わない。ゲーム内グラフィックではリストブレードがプラズマキャノンと同じ側にあるのでそれを再現して欲しかった気もしなくもないですが、ゲーム内グラフィック以外はそうではないのでまあそれも良いでしょう。

しかしガッカリポイントが沢山あります。
まずこれ、「アーケードアピアランス」枠なんですよ。ゲームのキャラなんで予想はしていましたが、イヤな予感的中。ドット絵イメージの塗装で、陰影というかハイライトを塗装で入れているという仕様。これまでにも「ビデオゲームアピアランス」枠でゲームのグラフィックのイメージの塗装のプレデターやエイリアンやらジェイソンやらランボーなどがNECAから出ています。
今までにも何度か書いていますが私はこの塗装が大嫌いです。どんな角度から光を当ててもそう違和感のない範囲で陰影を強調するのは構わないのですが、曲面のハイライトを塗装で入れるなんてありえないですよ。まして可動フィギュアとなれば動かしたら陰影やハイライトの位置なんて変わるのですから、かなりナンセンスだと思います。
あと塗装と言えばネットが塗装されていないのもかなりガッカリポイント。確かにゲーム内グラフィックではネットはありません。でもあれって別にネットが無いデザインなのではなく、あの解像度のドット絵では表現不可能なので省略しているのでは?西村キヌのイラストだとネットあるし、オープニングデモのプレデターは1人だけネットが無いですけど他2人はある。ネットは有るのだと解釈しても良いと思うのです。
いずれにしてもネットがある映画のプレデターのパーツを流用している以上、ネットのディテールがあるのだからそれは塗れよと言いたい。塗装しないだけで「ネットが無い」とはならない。

あとダメなのがハンター。マスクが何故かシティハンターなのが解せない。
ゲーム内グラフィックはウォーリアーもハンターも色が違うだけで同じです。ただこのゲームのプレデターは西村キヌのイラスト、ステージ間デモの絵、キャラ選択画面の絵とでデザインが統一されていません。で、ハンターはゲーム内グラフィック以外だとシティハンターの鎧になっていたりするので、胴体をシティハンターにするのはありだと思います。
でもですね、マスクは常にジャングルハンターに近いデザインで、シティハンターじゃありません。ゲーム内グラフィックを意識してなのかジャングルハンターのバックパックを背負っていますが、その前にまずマスクはジャングルハンターだろ、おい。ゲーム全編どこを見ても、ハンターとウォーリアーのマスクは同じですよ。シティハンター素体もジャングルハンター素体も頭部はどちらも付ける事は可能なのですから、頭部だけジャングルハンターにするべきなのに。

あとナギナタが付属するのかどうかがちょっと怪しいです。公式の画像だとナギナタがどこにも写っていないのですよ。SDCCの展示ではナギナタは持ってました・・・何故かウォーリアーが(笑)
NECA公式の商品説明


Predator Hunter and Warrior come with pulse rifles, smartguns, and spears.

とあります。「spears」ってなっているので多分ナギナタが付属するはずだろうとは思うのですが・・。

マッドプレデターはチェストバスターとフェイスハガーが何故か付属しますが、それよりも死ぬ時の切腹に使う大きい刃(リストブレードと同じような形)を付けて欲しい。

待望のカプコンAVPが、しかもNECAプレデターがアルティメットの登場でやっときちんと可動するようになった今の絶好のタイミングでの商品化なんですけど、かなりガッカリポイントが多いと感じています。
まあ肌の塗装はそんなに違和感無いので、最悪アーマーやマスクだけ自分で塗りなおそうかと考えています。ついでにハンターの頭部は旧素体のジャングルハンターから流用しようか。

NECA(ネカ) エイリアン vs プレデター アーケード プレデター サイド 予約開始」への2件のフィードバック

  1. 誠十郎

    ハンターのマスクの形がウォーリアーと同じというのは、このブログで初めて知りました。ウォーリアーしか使ったことなかったのと、ハンターはシティハンターと同じデザインという思い込みのせいですかね?
    ナギナタ付くんでしょうか?通販サイトの画像にはスピアしかないんですよね。不安です。
    もしかしたら、製品版のハンターはウォーリアーと同じマスクに変更されてたり!…奇跡でも起きない限り無理かな。

    返信
    1. EAST-COW 投稿作成者

      ブログ管理人です。

      >ハンターのマスクの形がウォーリアーと同じというのは、このブログで初めて知りました。
      ゲーム内でプレイヤーが操作するキャラのグラフィックに関しては、色が違う以外は全く同じです。立ち状態のポーズはハンター・ウォーリアーでそれぞれ違いますし、攻撃に関してもそれぞれのキャラ固有のものが多いのですが、他は色が違うだけで同じグラフィックパターンが使われています。

      ゲーム内の自機グラフィック以外に関してはプレデターのデザインはかなりいい加減(笑)
      オープニングに写る3人のプレデターはまず3人いる時点で意味不明だし(笑)、茶色いプレデター(ハンター?)はこの時だけマスクがゴートマスクみたいなデザイン。他2人のシルバーのプレデターは良く見ると微妙にマスクのデザインが実は違う。でもどちらもシティハンターのマスクではないと思います。
      デモ画面のキャラ紹介の一枚絵は、ウォーリアーはオープニングの3人の真ん中のプレデターと同じグラフィック。ハンターの一枚絵はアーマーもリストブレードもシティハンターで、顔もどちらかと言うとシティハンターっぽい雰囲気。手に持ったマスクは顔の部分が見えませんが、後頭部の形状からするとジャングルハンターに近いです。
      ステージ間のデモでは場面によってアーマーの形状がコロコロ変わるし、茶色いプレデターなのに持っているのはスピアだったりします(笑)
      ステージ6の前のデモのグレーのプレデターのマスクはシティハンターっぽい形状のようにも見えますが、ブラウンのプレデターのマスクの形状は一貫してジャングルハンターっぽい形状です。

      ゲーム全体を通してみるとプレデターのデザインはいい加減ですし、そもそもジャングルハンターとシティハンターのマスクは乱暴な言い方をするとバランスが違うだけで大雑把な形状は同じと言えば同じです。でも「ウォーリアーはジャングルハンターで、ハンターはシティハンターのマスク」という風には私には思えないですね。

      >ナギナタ付くんでしょうか?通販サイトの画像にはスピアしかないんですよね。不安です。
      そうなんですよ。これでナギナタ付属していなかったら意味不明だと思うのですが。

      >もしかしたら、製品版のハンターはウォーリアーと同じマスクに変更されてたり!…奇跡でも起きない限り無理かな。
      シリーズ16の3体が発表当初は旧素体だったのに発売されてみたらまだ出ていないアルティメットと同じ新型素体になっていた奇跡があったので、もしかして・・・とちょっとだけ期待していたりします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。