figma エイリアン 竹谷隆之アレンジver. 予約開始


figmaで竹谷エイリアンが登場です。
画像はでじたみん楽天市場店へのリンクになっています。

竹谷隆之氏がエイリアンのフィギュアを手がけるというのはこれが初めてではありません。かつてレジンキットやら完成品やらで竹谷氏アレンジのエイリアンが世に出ており、エイリアン好きの人なら「竹谷エイリアン」というのは結構知られた存在だと思います。私は実物にお目にかかった事は無いのですが。
で、このfigmaエイリアンはというと、その竹谷エイリアンとはかなり違う。
昔の竹谷エイリアンも立ちポーズの単体のものと「エイリアン・パイル」では手の大きさとか違いますけど、どちらにしても特徴的なアレンジ部分が頭部。ドーム部分が普通の弧を描いた丸みではなくて、途中で逆方向に「折れ」が入る形状。そして後頭部よりも顔の方が太いという形状だったんですよね。このfigmaの頭部は普通のビッグチャップに近い形状になっています。
私は竹谷エイリアンと聞いたらやっぱりあのグネっと折れている頭部形状が真っ先に浮かぶのでちょっと残念。頭部だけではなく全体のプロポーションも普通のビッグチャップっぽくなっています。

ビッグチャップは既に特撮リボルテックにS.H.モンスターアーツとこのサイズ帯では国内メーカーから2回も可動フィギュアになっているので、今さら後発で出すなら竹谷アレンジにしたという目の付け所は良いと思います。でもどうせなら昔の竹谷エイリアンのあの独特のアレンジされたプロポーションにして欲しかったですね。これはこれでカッコ良いとは思いますけど。

それにしても尻尾が2箇所の軸可動というのは一体どうしたものか。エイリアンの可動フィギュアと言えばリボルテックにしてもNECAにしてもワイヤーが入っていて自由に曲がるベンダブルというのが定番で、それが一番良いと思うのです。
アレンジデザインのために尻尾が細いからでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。