figma プレデター 竹谷隆之アレンジver. 予約開始

figmaで遂にプレデターが登場です。先に予約開始となっているfigmaのエイリアンと同じく、竹谷隆之氏によるアレンジデザインとなっています。

画像はあみあみ楽天市場店へのリンクになっています。

定価12800円!! 高い!!

やっと予約始まったか、と思いましたが値段を見てビックリ。12800円もします。しかも販売はグッスマオンラインとあみあみ、amazonのみの限定販売なので値引きもありませんね。エイリアンも最近のfigmaの中では少し高めの価格ですが、まさかプレデターがこんなに高いとは予想していなかった。
公式画像で見る限り、鎧の塗装はグラデーションにウォッシング。肌も白っぽい塗装の上からクリアーオレンジでウォッシングなんですが、腹や太もものウォッシングは塗りっ放しでもなくテキトーな拭き取りでもなく意識的に明るい部分とそうでない部分を考えて拭き取っている感じ。もし製品でもこのクオリティならコストが掛かっていそうな気はしますが、でもエイリアンより4千円も高いというのは納得いかない。まあメジャーな日本のキャラクターほどは売れる個数が見込めないとは思うのですけど。

デザイン

竹谷隆之アレンジのプレデターというのは、私の知る限りでは過去に2種ありました。
一つはフューチャーモデルズから発売された「古代プレデター(ANCIENT PREDATOR)」という、エイリアン顔の馬に乗ったプレデター。
もう一つはホットトイズの「サムライプレデター」。
今回のfigmaはそのどちらとも大きく異なるデザインになっていますが、アジアっぽいテイストというのは通じるところがあります。色がカッパーで茶色っぽい事もあり、仏像っぽい雰囲気を感じますよね。

正直言うと私は過去の竹谷隆之アレンジのプレデターってあんまり好きではないのですが、このfigmaのプレデターは結構好み。マスクがAVPのエイシャントプレデター(NECAのフィギュアで言うとピラミッドガードプレデター)とかAVPエルダーに通じるようなデザインで、スピアもAVPのそれに通じるデザイン。で、それがちゃんとAVPとは全然違うこのfigmaの鎧のデザインとマッチしている辺りがイイですね。

このプレデターは体にネットがありません。これよりも大きいサイズのNECAのフィギュアでもオーバーサイズになってしまっていますし、量産品で綺麗に塗装するのも厳しい部分だと思うので、このサイズの可動フィギュア用のアレンジデザインなら無しにしてしまったのは正解だと思います。

可動等

お腹の途中の腹筋の割れ目のところで分割があり前屈可動が出来る仕様のようです。海外のアクションフィギュアでは結構ある構造なんですが(参考:NECAのクレイトス)、figmaでは珍しい。
特撮リボルテックのプレデターにもこの可動ありましたけど、リボルテックはこのせいで腰が回らなかった。figmaの方はどうなのかちょっと心配。リストブレードを胸の前で構えている画像だと腰より上が正面より少し右を向いているようなので大丈夫かな?

太ももの裏が可動のためにちょっとえぐれていますね。figmaではよくあるのですが、私はこれが大嫌い。左側だけえぐれています。このプレデターは太もものデザインが左右非対称。右脚だけは膝上まで鎧が付いていて後ろ側にベルトがあります。ベルトが途中で切れてしまってはおかしいので右はえぐれ無しにしたんでしょう。おそらく左右で膝を曲げられる深さが違うのだろうと思いますが、ポーズを付けた画像を見るとそのえぐれ無しの右脚が充分に深く曲がっているんですよね。それなら左もえぐれ無しで良いのになあ。

付属品やギミックなど

顔はオープンマウスとクローズマウスの両方が付属。おそらく顔の下半分を差し替えるのだろうと思います。商品説明に”表情は下顎が可動する「威嚇顔」と「口閉じ顔」をご用意しました。”って書いてあるのですが、これはどうやら外側の牙ではなく中の口みたいです。オープンマウスの顔が画像によっては中の口が開いていたり閉じていたりするので。これはすごく良い。牙は開いていても口が閉じているか開いているかで表情が違ってきますからね。この発想はこれまでのプレデターの可動フィギュアには無かった。

ディスクはプレデター2に近いデザイン。
展開状態と収納状態が両方付属となっています。「プレデター2」のプレデターのフィギュアでこれを再現しているものは少ないのでちょっと驚きました。まあfigma用のオリジナルデザインなんだから別にディスクは展開しないというデザインでも良いはずなのに(笑)
ただ太もものディスクホルダーは固定用のピンがかなり目立つのが残念。ホットトイズもNECAのシティハンターHiyatoysのプレデターもディスクはホルダーから外れやすいのですが、かといってしっかり固定できるようにするとこうなってしまいますよね。可動フィギュアはこういうところがポロポロ外れやすいとストレスなのできちんと固定出来て欲しいとは思うのですけど。
figma用のオリジナルデザインなんですから、きちんと固定と見た目を両立出来るデザインを模索して欲しかったところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。