ファイアチームの援軍要請について【プレデター ハンティンググラウンズ】

ファイアチーム援軍到着
多くの対戦型FPS・TPSと違い、原則としてやられたキャラのリスポーンが無い本作ですが、ファイアチームは一度だけ条件付きで「援軍要請」という形で復活が出来ます。
プレデターから見ると非常に厄介なこの援軍要請への対策、逆にファイアチームはどう活用すべきだろうかという私なりの考えです。ゲームをプレイする際の参考にしてもらえればと思います。

※当初、「援軍要請を完了しているけど到着していない状態」と「援軍要請をまだ行っていない状態(無線機にインタラクトしていない状態)」を混同してしまっていた部分があったので修正しました。失礼しました。

援軍要請の仕様

援軍要請は以下のような仕様になっています。

ファイアチームの誰かが1人死んだ後、一定時間経過で要請可能になる

やられたプレイヤー本人の画面では、上部の真ん中にカウントダウンが表示されています。カウントは60から始まるので1分くらいでしょうか。ゼロになると要請可能に。生存しているプレイヤーの画面ではカウントは表示されていません。
パッチ1.10で変更され、生存しているプレイヤーの画面でも表示されます。ただ、日本語版でもここの表示は英語。

無線機にインタラクト完了後、無線機の近くにいることでタイマーが進み、援軍到着となる

無線機にインタラクトして援軍を要請した後、無線機の近くの一定範囲内にファイアチームのメンバーがいる事で黄色いマークの外周の線が消えて行き、線が消えると援軍到着(死亡していたメンバーが復活)となります。
このタイマー、範囲内に誰もいない状態になっても赤くなって一旦止まるだけでリセットはされません。一旦無線機の近くから離れ、再び誰かが範囲に入る事でまたタイマーは進み始めます。しかもこのタイマーのアイコンが表示されているのはファイアチームのみで、プレデター側の画面ではインタラクト済の無線機に「危険」という赤いアイコンが表示されるだけで、タイマーの進行は分からないのです。
ファイアチームが無線機へのインタラクトを完了し、そこにいたファイアチームをプレデターが倒す事に成功しても、実はまだ無線機の近くに誰かがいてタイマーが進行しているかもしれません。あるいはその近くに今は誰もいなくても、後から誰かがこっそり近くにきてタイマーが進行されてしまうかもしれません。プレデターはタイマーが見えないために察知する事が出来ませんし、一度インタラクト完了した無線機の援軍要請のタイマーはもう止める方法は無いのです。

無線機をインタラクトする際は当然ながら無線機の前にいかなくてはなりませんのでプレデターは待ち伏せして阻止しやすいのですが、一度インタラクト完了して要請されてしまうと阻止は困難になります。

要請可能になった時点でファイアチームには無線機の場所が表示されるが、無線機でインタラクトを完了した時点でプレデターの画面でも無線機の位置が表示される

プレデターは既に要請が済んだ時点にならないと場所が分かりません。その時点で無線機の場所が遠かった場合、援軍の到着を阻止するのはまず無理になります。

援軍到着になった時点で、死んでいたファイアチームは全員復活する

要請可能になってから到着までの間にファイアチームがもう一人二人死んでいても全員復活します。

プレデターにとって辛いのがこれで、たとえファイアチームが1人になったとしてもまた4人になってしまうのです。

援軍要請は1回のみ

ファイアチームが1人死んだ時点で要請可能になりますが、要請は1回しか出来ません。援軍到着後に誰かが死んでももう復活は出来ないのです。

※もう1度要請可能になるバグあり
今までに2回しか見た事が無いのですが、援軍として復活後に誰かが倒された後、また援軍の要請が可能になる事があります。ただ、要請可能になってインタラクトも出来るのですが、いくら待っても援軍到着はしません。
その2回の経験から推測するに、「最初に死んでしまったプレイヤーが援軍到着後に退出してしまう」というのが起こる条件のような気がしますが、はっきりとは分かりません。

要請のための無線機の場所は、複数箇所の内のいずれかになる

無線機の場所はDERAILEDが5か所、OVERGROWTHとBACKWATERは7か所あり、そのいずれかになります。

無線機の場所はゲーム開始時点で決まっている

特にプレデターにとって重要なのがこれです。
無線機は援軍要請が可能になった時点で場所が決定されるのではなく、ゲーム開始時点ですでに場所が決定されているのです。
要請可能になるまでは黄色く光ってはいませんが、すでに存在はしているのです。従って、要請可能になる前に場所を確認する事が可能です。

無線機の場所

無線機の場所は以下。たぶんこれで全部のはず。

OVERGROWTH

    • 場所1 大きなトレーラーの横にある小さな建物の中

    • 場所2 マップ中央の大きな遺跡の階段の横

    • 場所3 南西のスタート地点前の赤い小さな小屋の中


中と外に爆発するタンクがあるため、入り口にプラズマキャノンを撃ち込まれたり天井にスラムされると爆発して大ダメージで即ダウン。ファイアチームはたとえ3人でここに来た場合でも要注意

    • 場所4 ソーラーパネルがある施設の横にある遺跡の階段を上がった場所

この周辺はイノシシがよくいます。

    • 場所5 トタン屋根のキャンプの近くの遺跡

    • 場所6 トタン屋根のキャンプの二階の南東

    • 場所7 滝の前の遺跡

BACKWATER

  • 場所1 マップ西端の小屋の中

ここの救急キットは位置固定で必ずあります

  • 場所2 パイプの繋がっている施設

  • 場所3 レーダー基地東側の畑の小屋

似たような小屋がたくさんあるのでちょっと分かり難いかも。このすぐ北側がファイアチームもプレデターもスタート地点となり得る場所。

  • 場所4 マップ中央の崖に建てられた建物

  • 場所5 教会の北側

  • 場所6 南西の二階建ての建物の一階

  • 場所7 南東の端から3番目の建物の中

DERAILED

  • 場所1 北西の施設の大きな建物の中

  • 場所2 マップ中央の倉庫(中に入れない)の屋根の下

  • 場所3 資材置き場の小屋の前にあるドラム缶

  • 場所4 南西のキャンプの道沿い

周辺にMPCゲリラ兵がうろうろしているため、ベアトラップを仕掛けても踏まれてしまう事が多い。かといって警報を鳴らされないようにNPCを排除するのも難しいのでプレデターにとっては厄介な場所です。

  • 場所5 南の大きな倉庫の南側の中央付近

すぐ近くに小さな出入り口があります。ここもベアトラップをNPCに踏まれてしまう事がありますので、いたら排除してから仕掛けましょう。

プレデター側の戦略

無線機の場所を把握し、待ち伏せして阻止するのが理想であるが・・・

ゲーム開始直後に全ての無線機候補の場所をチェックし、無線機があったらそこにベアトラップを仕掛けておき、ファイアチームが無線機に来そうなタイミングで待ち伏せ。トラップに掛かったところで始末する。
・・・とこう書くと何だか援軍の要請なんて封じたも同然のように思えますが、実際はそんなわけにはいきません。

・全部の場所を回ると時間が掛かる
すぐに無線機を見つけられれば良いのですが、そうとは限らない。全部の場所を回るとかなりの時間がかかってしまうため、その間に手際の良いファイアチームだと任務を完了されてしまいかねない。

・いつ援軍要請に来るのかが分からないし、要請しない可能性もある
1人が死んで要請可能になったからといって、すぐに無線機のところに向かうとは限りません。
要請は1回しか出来ませんし、死んでいるメンバー全員が復活出来るのですから、1人死んでしまったくらいならまだ温存しておくという考えもあります。

・3人で無線機に来られると、援軍阻止が厳しい。
ファイアチームのメンバーが1人だけ死亡している場合、残りの3人全員で無線機のところにくると流石に阻止が厳しい。

スタート地点近くの3か所くらいは最初に確認する

全部の場所を回ると時間が掛かりますが、スタートした場所から近い2、3か所を確認するのならさして時間は掛かりません。まず近くの無線機候補場所を確認して、それからファイアチームを探して攻撃を仕掛けるという流れが良いと私は考えています。
無線機の場所を特定出来ていなくても、マップの右半分とか左半分だけでも無線機がそこにはない事を確認出来ていれば、その後にやるべき事がかなり絞り込めます。

ファイアチームに攻撃を仕掛けた後は、隙を見て残りの無線機の場所を確認するのが理想的でしょうか。一旦姿をくらませたプレデターがまだ近くにいるかもしれないと警戒して任務の進行が遅れている内にこっそり確認に行く。一旦引いて体力回復を行う場合もまだ確認していない無線機の場所の方へ逃げてから回復し、ついでに無線機が無いか確認すると良いです。
ただいずれにしても、ファイアチームのいる場所からあまりに遠くにある無線機候補の場所を確認しにいくと、無線機を確認できたは良いがファイアチームを見失ってしまうリスクがあります。この場合は無理をせずに無線機の場所の特定をあきらめた方が無難だと私は考えています。援軍として復活されても終わりではないので。

ダウンさせたらトドメを刺さない

ファイアチームが援軍要請に行きそうな気がする時、あるいは「ファイアチームが援軍を要請」と表示が出ている時はファイアチームをダウンさせたら絶対にトドメを刺さない事。
トドメを刺してしまうと、援軍到着で弾薬やギアを持った状態で復活されてしまいます。たとえダウン状態から治療されて復活されても、ダウン可能な回数は1回減っているわけですし、回復アイテムを使わないと全快も出来ないですから、一度死んで援軍として復活されるよりはマシです。
もちろん可能なら、「援軍到着」の表示が出たらトドメを刺しましょう。

いつ援軍要請に行くかを読むのは難しい

これが非常に悩ましい。
まず大事なのが、倒されたファイアチームのプレイヤーが退出していないかを確認する事。まだ援軍要請で復活出来るチャンスがあるのに退出してしまうのは良くないと思うのですが、まあそういう人もいますのでまずこれは確認した方が良いです。ちなみに退出していても援軍要請は可能になるので、ファイアチーム側でプレイする際も注意です。

・3人生存からの援軍要請は無理に阻止しようとしない方が良いと思う
まず、この状態で援軍要請されても復活するのは一人だけですからあまり痛手にはなりません。また3人生存の状態では援軍要請を温存する可能性も高い上、3人で無線機のところに来られると援軍要請を阻止するのは簡単ではありません。
なので、たとえすでに無線機の場所を特定していてトラップを仕掛けてあったとしても、ファイアチームが3人生存している状態では無線機の場所で待ち伏せをするのは徒労に終わる可能性が高いです。

援軍要請を完了されたら、もう阻止は無理だと思った方が良い

冒頭でも書きましたが、一度無線機のインタラクトを完了されてしまったらもう阻止は厳しいです。むしろ「ファイアチームが援軍要請」の表示が出た時点で、少なくとも一人は無線機のところにいるのが分かるわけですから、それを逆手にとって行動する方が得策だと思います。

    • 目の前に1人か2人いる場合

この状態で「ファイアチームが援軍要請」の表示が出たならば迷わず目の前の獲物を狩りに行きましょう。ただしダウンさせたら「ファイアチームの援軍が到着」の表示が出るまでトドメはささない事。

    • 全員を見失っている場合

「ファイアチームが援軍要請」の表示が出たら、とりあえず無線機の場所へ向かいましょう。
そこに一人でもファイアチームがいるのが確認出来たらそのまま援軍を到着させてしまうのが実は最善の策だと私は思います。
そこにいるファイアチームを何人確認出来るかに関わらず近くに潜んで様子を伺い、援軍が到着した後に隙を見て攻撃を仕掛ける方が無難です。
1人しかいないなら倒しに行った方が良いのでは?と考えるかもしれません。
そこにたとえ一人しかいないように見えても、まだ近くのどこかに誰か隠れているかもしれません。下手に攻撃をしかけても隠れている誰かに攻撃されて手痛いダメージを受ける可能性もありますし、他の誰かが攻撃してくる気配がなくそのまま倒すことが出来たとしても実は他の誰かが近くにいて援軍到着で復活されるかもしれません。
また今は誰もそこにいなくても後から誰かが来てタイマーを進めて援軍到着で4人に復活されてしまう可能性もある。

実はこの「援軍要請はされているけどファイアチームがどこにいるのか分からない」という状態がプレデターにとっては一番まずい状態。
生存しているファイアチームが1人なら、たとえ援軍のタイマーを進めるのをあきらめて任務完了してヘリを呼ばれても、その時点ではもう援軍を到着させてかつ誰かがヘリで脱出というのはまず不可能でしょう。(でもヘリの場所と無線機の場所が近かったらそれもあり得るのか?今のところそんな経験は無いのですが。)
しかしファイアチームが2人以上生存していると、援軍到着とヘリ要請が同時でも復活したメンバーがヘリに乗るのが間に合ってしまう。無線機とヘリの場所が一番遠い組み合わせだったとしてもたぶん間に合うと思う。こうなるとヘリの場所に4人ともいるよりもファイアチームの全滅は厳しい。

・生存2人以下で、援軍の要請をされる前に無線機の場所をプレデターが把握したら勝利は目前

援軍の要請をまだされていない状態でファイアチームが残り1人、この時にプレデターが無線機の位置を分かっていたらもう詰みに近い。プレデターは無線機の前にトラップを仕掛けて待ち伏せすれば良い。もし援軍要請に来ないで任務を達成してヘリを呼んだとしても、その時点でプレデターがヘリの場所に向かえばまず最後の一人を狩れるでしょう。(とはいえ、うまく隠れてやり過ごしてヘリに乗るのも絶対に不可能ではないので、ファイアチームもあきらめてはいけないしプレデターも油断してはいけない。)

ファイアチームが2人生存なら少しは状況はマシですがそれでも厳しい。2人で無線機の場所に行ってもトラップが仕掛けられていたら一人が速攻でやられます。1人がヘリを呼んでプレデターがそちらに向かったタイミングでもう一人が無線機で援軍要請をしてもおそらく3人はヘリでの脱出は間に合いません。無線機に向かわずに2人でヘリを呼ぶ方がまだマシでしょうが、それでもどちらか一人だけでもプレデターに狩られずにヘリで脱出は厳しいでしょう。

という事で、無線機の場所を確認した上でファイアチームが2人まで減ったら、プレデターの勝利はかなり近いと思います。

ファイアチームの戦略

ファイアチームでプレイしている際、無線機の場所にトラップが仕掛けられていたなんて事は今までに数回しか経験が無いのですが、いずれ多くのプレイヤーが「無線機の場所がゲーム開始時点で決定されている事」「全ての無線機候補の場所」を知る事になってくるだろうと思うので、一応それも含めて考えられる対抗策を書きます。

すぐに遭遇したプレデターは無線機の場所は把握していない可能性が高い

試合開始後すぐにプレデターから襲撃された場合、プレデターのプレイヤーは無線機の場所は確認していないと考えて良いと思います。援軍の要請に行く時、無線機の場所にトラップが既に仕掛けられているなんていう事はまず無いと思って良いでしょう。

援軍到着で復活した時、近くにプレデターが潜んでいると思った方が良い

無線機のインタラクトを完了し、援軍の要請を行った時点でプレデターの画面でも無線機の位置が表示されます。つまりプレデターのプレイヤーがたとえ無線機の位置を全部把握していないような人でも、この時点でどこに援軍が到着するのかわかってしまいます。
援軍として復活したら、近くにまずプレデターが潜んでいるものと考えて行動した方が無難です。下手に泥なんか塗ろうものならその瞬間にいきなりやられかねません。

無線機の場所はファイアチームも出来れば確認しておく方が良い

さすがにプレデターのように無線機候補地をいくつも回るのは無理だと思いますが、任務で目的地に移動する際に無線機候補地の近くを通る時は無線機が無いかを確認しておいた方がその後の展開が有利になります。


例えばマップがBACKWATERでスタート地点がA、任務でレーダー基地(B)へと移動する際に1と2の無線機候補地を確認していたとします。
レーダー基地でプレデターに襲われてたて続けに2人やられてしまい、これは一旦行方をくらませて援軍要請に賭ける方が良いと判断したとしましょう。
最初に1か2に無線機があった事を確認していたのなら、援軍の要請が可能になる前からあらかじめそこに移動しておけば最速で援軍の要請が可能になります。
一方でもし最初に1にも2にも無線機が無い事を確認していたのなら、無線機はマップの右半分のどこかになる可能性が高いです。なのでプレデターから行方をくらませた後、マップの右半分の近い場所から無線機の場所を確認しつつ移動すれば、出来る限り早く援軍の要請が可能になるでしょう。
プレデター側もゲーム開始直後に近くの無線機の場所を確認している可能性はありますが、無線機が無かった事を確認している場所にファイアチームが来るとは思わない・・かもしれないけど、「逃げながら要請可能になる前から無線機の場所を探している」と察知して見に来る可能性も無いわけではないので、この辺は読み合いになるかな。

無線機のインタラクトさえしてしまえば、たとえ2人しかいなくても戦況は傾く

先の「プレデター側の戦略」で書いたように、援軍の要請だけされてファイアチームがどこにいるのか分からないという状態になるとプレデターは実は非常に苦しいです。
2人以下になってしまってもこの状態に持ち込めれば逆転出来ます。(とはいえ1人や2人の状態でプレデターに発見されたら簡単に狩られるので油断は出来ませんが。)
何とかプレデターに無線機の場所を先回りされて援軍要請のインタラクトを阻止されないようにする事が援軍要請のカギになると思います。

3人になった時点で援軍要請が無難かなあ・・・

たとえプレデターが無線機の場所をあらかじめ確認しておくプレイヤーだったとしても、3人で無線機に向かえば援軍要請の阻止は簡単ではありません。
1回しか使えない援軍要請なので、復活するメンバーが多い方が有用という面はあるのですけど、2人以下になると無線機の場所を確認するプレデターに対しては厳しいので、1人やられた時点で援軍要請をしてしまうのが無難なように私は思います。
で、援軍要請のインタラクトだけ行って援軍到着させずにおき、さらに誰かがやられたらその時はこっそり無線機の近くにいって援軍到着で復活させる。
これが一番良い使い方なんじゃないかと思うのですがどうでしょう?
まあ最初に死んでしまったプレイヤーが暇な時間が続いてしまうので、パーティーでなければ途中抜けされてしまいそうですけど(笑)
でもたとえ途中抜けされたとしても、やっぱり無線機のインタラクトだけ完了させて温存するのが勝つためには一番良いとは思う。

プレデターが無線機の位置を確認してベアトラップ仕掛けるのも無情な感じがしますけど、これも負けじと無情な戦法ですよね(笑)

でも一番の問題は意思疎通が出来るかどうか

知った人間4人でパーティーを組んでいてボイスチャットで意思疎通が出来るならともかく、見知らぬ人間4人のチームだとそうもいかないのが一番の問題ですよね。(そこが面白いという部分もあると思いますけど)
そういう意味では、現状では援軍要請の駆け引きについてはプレデターの方が有利のような気がしますね。

ただ、4人パーティーだったり、あるいはこれから先にプレイヤーの多くがこういった戦略を分かるようになってくるとファイアチームが有利になると思います。
それこそ、4人バラバラに動いて無線機の位置をまず確認しにいくとかね。任務を進めなければプレデターは泥を塗ったファイアチームを発見するのが困難ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。