レビュー:ギンガフォース 感想 その2

ギンガフォースの感想の続き。

前回はゲーム全体の流れについて、
「手放しで賞賛と言うわけではないが、悪くない試み」という事を書きました。
今回は細かい部分について書きます。

いきなり話をひっくり返すようですが、私はこのギンガフォースというゲーム大嫌いです。

じゃあなんで前回あんな事を書いたのかと言うと、良くないと思った部分だけを書くのではレビューにならない。良かった部分もきちんと書かなければダメだろうと思い、そうしました。
嫌いだからと言って別にこのゲームが売れて欲しくないとかそういう事ではありませんし、もちろん私と違ってこのゲームを大いに気に入る方もいるでしょう。

という事で今回と次回は、私が「こりゃダメだ」と思った部分を書きます。

敵弾や敵・自機の視認性が悪い

まずこれです。本当に見難い。なんだか分からないうちに死んでいる事が多いです。何が原因なのか?

小さい敵弾

いろんな敵の弾がありますが、最も小さい赤い敵弾は単純に小さくて視認性が低いと思います。背景に似た色があるとさらに見難い。

似たような色の組み合わせ

水色のアイテムと水色の敵キャラ。赤い敵弾と敵撃破時の赤い点数表示。3面で出てくるミサイル。白煙を引いて高速で飛来するのだが、ミサイル自体も白。
さらに手前や奥にから飛んでくるものもいる(次で記述)のでさっぱりわけがわからない。(しかもHARDでは破壊すると打ち返してくるのでさらにわけが分からない。)
2面で自機より奥にいる敵は、敵がピンクで背景もピンク。しかも敵が非常に小さく、撃ってくる弾と大差ない大きさ。

自機よりも奥や手前から飛来し、自機と同じ高度に来る敵

「蒼穹紅蓮隊」や「レイフォース」は自機より手前や奥にいる敵は大げさなくらい色が違いますが、このゲームにはそういう配慮はありません。さらに、「エスカトス」同様、自機より手前や奥にいる敵にもショットが当たります。(当たらないものもありますけど。)このため、同じ高さの敵キャラなのかそうでないのかの判別がつき難い。

そして手前を飛行する敵は言うまでも無く自機を隠します。7面の中ボスの後で自機と同型の敵が手前から連続で何機も出てくるところなんて、ずーっと自機が見えない。
 
「蒼穹紅蓮隊」や「レイフォース」では手前の敵が邪魔で自機が見えないなんて思った記憶はないし、「エスカトス」で敵が奥にいるのかそうでないか分からずに死んだ憶えもありません。敵の配置や出し方が良くないのかも。

ライティングがダメ?

3Dグラフィックなので、光の当たり方で見え方は変わってくるというもの。色が暗くて見難い敵がいます。

敵弾や自機を隠してしまうエフェクト

私がこのゲームの「致命傷」だと思うのがこれです。
ショットが当たったエフェクト、敵の爆発、敵弾が自機にかすったときの光など、敵弾・敵・自機を隠すエフェクトが目白押し。
最悪なのが敵弾がかすったときのエフェクト。かなり大きなエフェクトで、かすっている敵弾を完全に隠します。
さらに、敵弾が大きく自機にめり込んでいる時・2発以上の敵弾がかすっている時・敵レーザーがかすっている時はこのかすりエフェクトで自機が見えません。
最近の他のシューティング同様自機の当たり判定は小さいのですが、敵弾の隙間を抜けようとするとかすりエフェクトで自機や弾を見失って死ぬ事が非常に多いです。

目に付いた所、説明しやすいものを挙げるとこんなところでしょうか。全体的にごちゃごちゃしてて何だか分からないうちに死ぬ事がやたら多い感じです。

敵弾や敵、自機がきちんと認識できるのってシューティングゲームにおいて
「 基 本 」
だと私は思うのですよ。完璧に出来ているゲームは意外と少ない気もしますけど。

言い過ぎかもしれないけど、あの「ジャッジメントシルバーソード」や「エスカトス」開発者の新作が、まさかこんな「基本」が出来てないゲームだなんて予想だにしませんでしたよ、本当に。
「別に見難くない」という人もいるのかもしれませんが、私はダメでした。

長くなりすぎるので、今回はこの辺で。まだレビューは続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。