XBOX ONE発表を見ての感想。

新型のXBOX、「XBOX ONE」が発表になりましたね。
(参考:XBOX公式の動画)

現行の据え置きゲーム機の中ではXBOX360が最もお気に入りというか使用頻度が高い私としては当然、気にはなる所。

私の感想としては、正直、大して感動は無いです。
声で入力を認識するという所だけはちょっと驚きましたけど。
何年か前、元EPIC GAMESのクリフ・ブレジンスキが何かのインタビューで「”XBOX、起動しろ”って言ったら起動する、そんな風になって欲しい」みたいな事を言っていたのが実現したわけですよ。
でも、驚きはしたけど別にそんな機能はいらない。
現状のXBOX360の、コントローラーのボタンによる起動で充分。この音声入力に限らず、発表された機能全般についてもそう。ゲームに関係の無い機能など興味ないし必要ない。

「あって困るものじゃないから別にいいじゃないか」という考え方もあるとは思いますが、「あって困るもの」になりかねない懸念もあります。
ゲームをプレイ中に何気なく腕を動かしたら勝手に画面が切り替わる。友人と話をしていたら、何を誤認識したのか画面が切り替わる。こんな事があっては困るよね。

ちょっと話がずれますけど現状のXBOX360において、ゲーム以外の機能の殆どは「あって困るもの」なんですよ、私にとっては。
XBOX360は今までのアップデートで何度か最初のメニュー画面が変わっています。単純にデザインが変わるだけでなく、いろんな機能というかアプリが追加されたんですよね。
まずコイツらが害悪なのが、メニューのデザインが変わるたびに立ち上がりがどんどん遅くなっている事。
昔は電源入れてXBOXのロゴが出たらすぐ立ち上がったのに。
もう一つの害が、こちらとしては使う気なんかさらさら無いのにメニュー画面に居座る事。
必要な機能だけをメニュー画面に残させて欲しい。それ以外はメニューの一番端にでもまとめとけばいい。Wiiはいらないチャンネルを消せるのにね。
(もっとも、Wiiも一番要らない「天気予報」か何かが消せないのが腹立たしいですが。)

このXBOX ONEではぜひ、要らない機能を消す機能をつけて欲しいところ。
機能が付いているのは仕方ないにしても、どれを使うかはユーザーに決めさせろ、と。それがその人にとって最も使いやすいって事です。

肝心なゲームについてですが、発表されたゲームについては興味なし。
スポーツのゲームなんて間違ってもプレイしないし、コールオブデューティも興味無し。クォンタムブレイクという新作が発表されましたけど、どんなゲームなのかさっぱり。動画なので解像度が低い事もあってか、特に360よりスゴいクオリティだとは認識できず。

一番気になったというか心配なのが、今度のXBOX LIVEが新規だと言う事。
(20:30追記 アカウントは今までのが継続使用可能だそうです。
誤解を招きそうな表現で失礼しました。)

現状の360向けのXBOX LIVEサービスがいつかは終了するんじゃないかな、という事。そうなると困るのがパッチです。
XBOX360のゲームのパッチって、ずっと本体に保存しておけないんですよ。パッチ保存用の領域は少なくて、新しく何かパッチをダウンロードすると、どのゲームかは関係なく古いパッチは消されてしまうという仕様なんです、おそらく。
しばらくプレイしていなかったゲームを久しぶりにプレイすると、以前ダウンロードしたはずのパッチを再びダウンロードする事になるので。

パッチがダウンロード不可能になると、バグ等が修正されていない状態でしかプレイできなくなってしまう。ネットを介したオンラインプレイが出来なくなるのはまだ仕方がないにしても、パッチが無しになるのは非常に困る。
ライデンファイターズの音声がバグりまくりでしかプレイできないのはイヤだな・・・。何らかの形でパッチを手元に残せるようにして欲しいところ。

という事で、現状は「XBOX ONE」について、特にポジティブな感情はありません。まあ今後の情報待ちという所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。