地球防衛軍3 PORTABLE プレイ中

※追記
「王者の巣 空爆」という検索キーワードでここへいらっしゃる方がいるようなので、
「王者の巣」の空爆による武器稼ぎのコツを書きました。こちら→「王者の巣」空爆のコツ

今日は珍しくゲームの話。
VITAの地球防衛軍3をプレイ中。

陸戦兵・・じゃなくてストーム1は難易度インフェルノまでオフラインで全ステージクリア済み。
ペイルウイングは、インフェルノで残すところあと3ステージ。未だに最強クラスの武器「サンダーボウXD」「ルオンノタル」「グングニル」が出ない。もう紅蟻を倒す作業は飽きてきたぞ。ストーム1は王者の巣で空爆すれば比較的楽に稼げますが、(それでも結構面倒くさいけど)ペイルウイングではそうもいかないのがツライところ。

この地球防衛軍シリーズ、第1作目からファンですが、正直、最強クラスの武器はもう少し出現しやすくてもいいと思う。強い武器があればそれだけで勝てるというわけじゃないんだし。
という事で、専らオンラインマルチプレイで色んな難易度の部屋をウロウロして耐久力を稼ぎつつ、「インフェルノ部屋で強い武器でないかなー」なんて思っている今日この頃。

この地球防衛軍3、オリジナルはXBOX360で発売されました。
ストーム1でインフェルノまでクリアしてみて、VITAの方が簡単かなーと思う。(ペイルウイングはXBOX版にはいない。)
VITA版はダウン中でも自分の爆弾は食らってしまうので、いわゆる「自爆攻撃」ができませんが、新しく追加された「ヒートブラスター」と「リミットブースター」が非常に強いので、総合的に見ればこっちの方が簡単かと。(どちらもリロード不可能なので使い方に注意が必要ですけど。)XBOX版でインフェルノ攻略に挫折した人も、VITAならいけるかもね。

難易度だけでなく、全体的に見てVITAの方が完成度は高いと思います。後発なので当然と言えば当然ですが。ペイルウイングの追加。マルチプレイの追加はもちろんの事ですが、個人的に声を大にして言いたいのは

「フレームレートの上限が60fpsじゃない(たぶん30fps)」という点。

XBOX版は上限が60fpsでした。
ネット上で「VITAは60fpsじゃないからヘボイ」みたいな意見を見た覚えがあるのですが、これは的外れもいいところだと私は思います。
XBOX版や、前作と前々作のPS2版は確かに上限は60fpsなんですが、60で描画される事は殆どありません。画面上に敵や建物が殆ど無い時のみで、プレイ中の殆どは30fps前後です。(フレームレートを調べたわけではないので、見た感じと言うか体感での推測です。)
つまり、時々急に画面が滑らかになるわけで、正直気持ちが悪いだけだと感じてました。

同じくサンドロットの開発であるwiiの「斬激のレギンレイヴ」もやっぱり「たまーに60fpsになる仕様」だったんですよね。なんでサンドロットってこういう仕様にするのかなーって不思議で仕方が無い。なまじゲーム内容はレギンも防衛軍も非常に面白いだけに、これさえ直してくれれば・・・って思っていたんです。
なので今回のVITA版の仕様は非常に嬉しいところなんですよ。(と、書いて思い出しましたが、前作のPSP版「地球防衛軍2PORTABLE」も30fps上限だったな。)

一方で、VITA版で残念なのは画面の小ささ。PSPはテレビやモニタへ出力できますが、VITAはできないのがつらい所。
携帯ゲーム機の画面を見ているのって腕や首が疲れますし、なにより家でゲームやるのになんでこんな小さい画面でやらなきゃならないんだ、という気持ちになります。VITAも画面出力できるようにならないかな・・・・。
(※追記:この記事を書いた当時はまだVITA TVは存在していませんでした。)

あとVITA版の残念な点は、黒蟻が見づらい。ビルとか瓦礫の上にいると見づらいです。
あとは、アナログスティックが使いにくい。(これは人によるとは思いますが。)少しだけ照準を動かそうとしてもうまくいかない。かといってオプションで照準の速度を遅くすると、自キャラの振り向きが遅くて困る。この辺はXBOX版に軍杯が上がりますね。
(※追記:慣れれば問題なくVITAの右スティックで微妙な操作が出来ます。後発の地球防衛軍V2はスティックの調整がおかしくて私には無理でしたが。防衛軍V2についてはこちら→レビュー:地球防衛軍2 PORTABLE V2 感想)

地球防衛軍3 PORTABLE プレイ中」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。