レビュー:DARIUS ODYSSEY 公式設定資料集

先日発売された公式設定資料集「DARIUS ODYSSEY(ダライアス オデッセイ)」を読んでみての感想です。
まだ全部事細かに読んではいませんので、後から追記する可能性もあります。

この本はエンターブレインの通販サイトebtenにてPSPの「ダライアスバースト」とのセット「DXパック」として販売された同名の本に、加筆修正したものらしいです。私はそのオリジナル版の「DARIUS ODYSSEY」は持っておりませんので、内容の比較はしていません。
あしからず。

収録されているタイトル

「ダライアス」「ダライアスII」「ダライアス外伝」「Gダライアス」「ダライアスバースト」「ダライアスバーストAC(及びEX)」となっております。PSPの「ダライアスバースト」を除けば全てアーケードでリリースされたシリーズですね。従ってスーパーファミコンの「ダライアスツイン」「ダライアスフォース」、ゲームボーイの「サーガイア」、ゲームボーイアドンバンスの「ダライアスR」などについては収録されていません。

初代ダライアスについては、PCエンジン版にて追加(というか復活)したボスキャラも収録されていますが、ダライアスIIに関しては、PCエンジン版の追加ボスは収録されていません。

正史として認められている、とでも言えばいいのでしょうか。みんなから「無かった事」にされている感があるものは収録されていないという感じですね。妥当と言えば妥当だとは思うのですが、これはちょっと残念な気もします。せっかくのダライアスシリーズ設定資料集なんですから、アレなヤツ(笑)も含めて全て網羅して欲しかったかな。
ちなみに私は初めてプレイしたダライアスはツインなので、ツインも収録して欲しかったですね。ツインの敵キャラって殆どがダライアスIIのキャラで、ツインだけのオリジナルは最終ボスのセイウチだけだとは思いますが、これのイラストがもしあるのなら見たかった。

内容

↓から飛べるamazonの商品ページで、サンプルを何ページか見る事ができます。

DARIUS ODYSSEY 公式設定資料集

新品価格
¥2,100から
(2013/11/19 17:45時点)


本書の2/3くらいはこんな感じで歴代シリーズのボスキャラクターとゲームのストーリーが載っているというものです。さながらダライアスのボスキャラ図鑑という感じ。
ダライアスバーストだけはゲーム内の3Dモデルとデザイン画の両方が載っていますが、他作品についてはそうなっていません。Gダライアスについては3Dモデルのみ。それ以外はドット絵の元になったデザイン画というかイラストだけで、ゲーム画面でのドット絵は収録されていません。ここはゲーム内のドット絵も収録して欲しかったところですね。
ダライアスバーストのみ自機やパイロット(PSP版)も載ってます。これはイラストと3Dモデルの両方。

このボスキャラ図鑑で気になったのが、ダライアスIIの「キラーヒジア」。何故かコイツだけイラストがモノクロというか線画なんですよ。
色が付いたイラストが無かったんですかね?
かつてゲームサイドでダライアスの特集があった時、「ダライアス巨大戦艦水族館」として初代とIIのボスのイラストが載っていましたが、やっぱりこの時もキラーヒジアは載っていませんでした。

ボスキャラ図鑑の後はイラストギャラリーとなっており、各作品のアーケードでのポスターや家庭用版のパッケージイラスト等が載っています。メガドライブ版ダライアスIIパッケージとアーケード版ダライアス外伝のポスターに関しては、採用されなかった案も載ってました。
私はどちらも今までに見た覚えがないです。
メガドライブ版ダライアスIIパッケージ案は、採用されたイラストと微妙に構成が違うだけなのですが、外伝のポスター案はネオンライトイリュージョン(イカ)とシルバーホークの3Dモデリングからなるもので、採用されたイラストとは全然違います。
外伝の自機は出現する時の絵からして3Dモデリングを作っていたのだと思いますが、イカも作っていたんですかね?ゲーム内のそれは普通のドット絵に見えますけど。
・・とここまで書いていて気が付きましたが、PS版の外伝のパッケージは載っていませんね。サターン版ダライアスIIのパッケージは載っているんですが。

このギャラリー、ダライアスバーストだけは非常に充実していて、筐体のイメージ画像やインストカード、イベント(シルバーホーク杯やアルカディア杯)のポスター、公式サイトのエイプリルフール画像、そしてamazonのサンプルでも見れますが、ダンボールで作られた筐体の試作品まで収録。
残念ながら他作品はそこまで充実していません。まあ古いゲームなんでそんなに資料が残っていないのかな、とは思いますけど。

このギャラリーまでがカラーページで、残り1/3くらいはモノクロページ。モノクロページは主に各タイトルのゾーンマップ、エンディングの解説(ストーリー)、
そして中ボスやザコ敵が収録されています。バーストACはクロニクルモードの星系マップもあり、すごい細かい文字でかなりのページ(笑)
Gダライアスのボスキャラのデザイン画はこちらに収録。デザイン画だと旧作のボスのデザインに近い雰囲気で新鮮な感じ。
また外伝のボスキャラに関しても、デザインが決まるまでの準備稿や、採用されなかったデザインも収録。この未採用ボスが興味深い。魚の骨がモチーフのボスや、宇宙戦艦の方のヤマトみたいなボス(笑)など。
※11/21追記
キラーヒジアについて調べていて知ったのですが、メガドライブ版のダライアスIIに魚の骨のボスいたんですね。これよりも、外伝の未採用ボスの方がグロテスクな感じ。

デザイン画やゾーンマップはともかく、ザコ敵や中ボスはカラーで収録して欲しかったですね。そこがちょっと残念。最後は現ZUNTATAメンバーとOGRへのインタビューと、これまでに発売されたサントラ及び家庭用移植の一覧となっています。

総評

ありそうでなかった(というとちょっと大げさ)ダライアスシリーズの設定資料集。
細かい不満が無いわけではありませんけど、値段に充分見合うだけの充実した1冊だと思います。

他のシューティングタイトルでもこういうの出たらいいな。グラディウスぐらいはいけそうな気がするんですけどね。

以上「DARIUS ODYSSEY 公式設定資料集」の感想でした。シリーズのファンならぜひ。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

※関連記事

レビュー:1/12スケール ダライアス筐体 スマホスタンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。