石で石畳。アクションフィギュア用ディオラマを考える

9月末に書いたスチレンボード石畳の記事で「本当に石で石畳を作るという手もあるが重すぎる」という事を書きましたが、本当にそれをやってしまったのが今回の記事。


材料はこれです。

ダイソーで購入した「石のミニタイル」という商品。
と言ってもこれ、今では店頭で見かけません。何年か前に「何かに使えそうだな」と思って幾つか買っておいたものなんですよね。


中身


裏面
網状のものに石がくっ付いているというものです。


手で引っ張るとベリっと剥がせますので、剥がした石を今回の材料として使っています。剥がすと裏側に緑色の接着剤が残っており、これはなかなか剥がせません。

で、これを同じくダイソーで売っている「MDF材」という木の板に貼り付けてそこそこ大きな石畳にしてみました。


石の大きさが微妙に不揃いな上、裏側に元からくっ付いていた接着剤が残っている都合、表面は綺麗なツライチにはなりません。
これがリアルで良い感じです。


本当に石なので、当然ながら質感がリアル。塗装をする必要もありません。
なので塗装が剥げる心配もなし。上にアクションフィギュアを乗せたりどかしたりするには良い感じ。

しかし材質が固いので、うっかりエッジにフィギュアをぶつけてフィギュアの塗装が剥げないように注意が必要ですかね。
とは言っても、この石はそんなエッジが立っている部分はないので大丈夫かなとは思うのですが。


ただ所詮は石を並べただけなので、真上から見ると石と石の隙間から土台である木の板が見えてしまいます。
この言うなれば目地の部分に何か詰めてやると良さそうです。例えば土が詰まっているように茶色の粘土とか、或いはシーナリープラスターとか石膏の類でも良いかな。

見てくれは良い感じですがいかんせん重たいです。当然ですけど。
そして今となってはこのダイソーのミニタイルが入手不可能なのも困りもの。こういう石ってどこかで売っていないものかなあ?
あってもダイソー程安くはなさそうですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。