レビュー:Twin Tiger Shark(ツインタイガーシャーク) XBOX360インディーズゲーム 感想

※2021年11月27日追記
まさかのアーケード版が出たらしく、急にアクセスが増えて驚きました。残念ながら私はアーケード版をプレイする機会は無さそうなんですが、動画で見た限りアーケード版はかなり別物に思えます。ステージは1面以外は背景すら全く違いますし、敵の弾も速く多くなっていて難易度も上がっていそう(インディーズゲーム版は難易度低すぎだったのでそれで良いと思いますが)。
自機のショットもワイドになっていたりとかなり変わっていますね。ただ、東亜プランリスペクトのレトロ風ゲームっていうところは変わっていない感じを受けました。

この記事はXBOX360のインディーズゲーム版の記事なので、アーケード版についての参考には多分ならないと思います。
以下、XBOX360のインディーズゲーム版が配信された当時に書いた記事です。


XBOX360を立ち上げて何気なくインディーズゲームのページを見ていたら「4月のオススメ 正統派縦シューティング」という文字列と共に、赤い複葉機が自機の「鮫!鮫!鮫!」みたいな画面写真のバナーが。
タイトルは「Twin Tiger Shark」・・・・・・・・・ええと、ツインコブラ(究極タイガーの海外版)と究極タイガーとフライングシャーク(飛翔鮫の海外タイトル)を足したようなタイトル。
これは確信犯だろう(笑)と思って早速プレイしてみた感想。

まず1面のBGMで吹きました。
これ鮫!鮫!鮫!の1面のBGMだろう(笑)微妙に外してはいる感じだけど。
ゲーム内容は見た目通りの昔のシューティング。近年の弾幕系ほど弾が多くはない感じですが、自機の当たり判定は小さいです。
XBOXのインディーズゲームって2Dシューティングに限らずほとんどのゲームがイマイチ(というかハッキリ言ってゴミ)なゲームが多いんだけど、このゲームは良いね。
XBOXのインディーズゲームって海外の人が作ったゲームが多く、海外の2Dシューティングって「単調な敵配置でダラダラと長い」「敵が無闇にカタく、全部の敵を破壊する事が不可能」という印象なんだけど、このゲームはそんな事はなく見た目通り(笑)日本の昔のシューティングという感じの構成でシンプルに面白い。見た目やBGMは鮫!鮫!鮫!っぽいんだけど、「大旋風」みたいなヘルパーがある。

難易度はeasyとhardの2種類。

5面をクリアすると次のステージが2-1なので全5面のループゲームかと思いきや、2-5をクリアすると6面がある。なぜかステージ表記は3-6だけど。3-6をクリアすると3週目の1面(表記は4-1)が始まります。
4-5をクリアすると次は5-1。しかし5-5の後に5-6はなく6-1になりました。6面があるのは2周目だけなんですかね。

easyでは1-5までは難易度低めで、普段シューティングをやっている人なら楽勝でしょう。
2-1から特に地上の敵の弾が非常に速くなり、ここからがやっと普通の難易度という感じ。3週目以降は特に弾が速くなるわけでも多くなるわけでもなく。死ぬと戻り復活になりますが、復活は比較的容易。
という事でeasyは簡単過ぎていつまで経っても終わらずに飽きてくるという印象。自機の当たり判定が小さいのだから、高次周はもっと弾撃ってきても良いと思う。難易度hardだと、最初から2周目ぐらいの弾のスピードで、弾を撃つ頻度も上がっている
ように思える。あと大きい敵がカタくなっているかな。
このhardだと死んだ時の復活は結構大変なので気が抜けない。という事で、普段シューティングをプレイする人は難易度hard推奨です。

ひょっとして開発者は日本人かな、と思ったんですがタイトル画面から見られるスタッフロールを見る限り海外の人達っぽい。
多分日本のシューティングがかなり好きな人が作ったんだろうと思いますね。縦画面モードも付いている辺り、「分かっている」と思います。

見た目や音楽のレトロ感もゲーム内容もなかなか良いのですが、ちょっと気になった点が幾つか。

・ボムのグラフィック
ちょっと見た目がイマイチ。安易に回転機能で回転させないで欲しかったな。

・敵のボートのグラフィック
水面に影が全くないのが気になる。そんな厚みのある物体じゃないんだろうけど、影が全くないと立体感に乏しい。

・レーザーのバグ
どのショットも最大近くまでパワーアップするとレーザー状の攻撃になるんだけど、大きい敵の前で撃つと連射速度がおかしくなる。緑だと撃つ音だけでグラフィックが出ていない状態になる。(見た目だけで、実際には攻撃判定は出ている)

・レーザーが強すぎる
敵を貫通する上に弾速が速く、かつ画面外の敵を倒せてしまうので強すぎる。
レーザーにせずにプレイした方が面白いです。見た目のレトロ感ともマッチするし。

・赤ショットの存在意義が薄い
赤も緑も正面に真っ直ぐショットを撃つのですが、緑の方が威力が高くて赤の存在意義が感じられない。
究極タイガーの赤とか最大往生のAタイプショット強化みたいに自機の横からも正面へショットが出るのなら存在意義があったと思う。

・6面ボスがダルい
6面のボスは攻撃パターンが単調なくせに耐久力だけ高いのでダルいです。

ちょっと気になる点はありますが、それを差し引いてもなかなかに良いゲーム。これで100円は買いだと思います。
今までにプレイしたXBOXインディーズゲームの中では一番お気に入りかも。調べてみたらこれ、PC用も出ているんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。