レビュー:NECA(ネカ) チョッパー プレデター(7インチアクションフィギュア シリーズ14)


遅くなりましたが、シリーズ14のチョッパープレデターをレビュー。


商品名:プレデター 7インチアクションフィギュア シリーズ14「チョッパー プレデター」
メーカー:NECA(ネカ)
キャラクター原作:映画「エイリアンvs.プレデター」

内容


本体、シミターブレード(伸びた状態)x2、シミターブレード(収納状態)x2、リストブレードx2、骸骨x2、スピア(収納状態)、手裏剣ディスク、バックパックとプラズマキャノン、セレモニアルダガー(短剣)、となっています。
付属品を全部並べたつもりだったのですが、短剣をすねの鞘に納めたまま写真撮ってしまった・・すみません。

NECAのフィギュアにしては付属品が多いこのプレデター シリーズ14。その中でも特にチョッパーは付属品が多く、まるでNECAじゃないみたい(笑)
背中に背負う骸骨はもちろんの事、シミターブレードが収納状態も付いているのが嬉しいポイント。

本体


シミターブレード(伸びた状態)、バックパック、リストブレード、骸骨を取り付けた状態です。
仕様は当然ながら同じシリーズ14のスカーやケルティックとほとんどのパーツが同じで、可動範囲も同じ。肌は手首のみ成型色というのも同じです。従ってこのレビューでは他2体と同じ部分については解説しませんので、スカーやケルティックのレビュー↓と併せてご覧ください。
レビュー:NECA(ネカ) スカープレデター(7インチアクションフィギュア シリーズ14)
レビュー:NECA(ネカ) ケルティック プレデター(7インチアクシンフィギュア シリーズ14)

レビューは後回しにしてしまいましたが、私はAVPの3人の中ではこのチョッパーが一番好き。シミターブレードがカッコ良い。他のプレデターには無い武器ですけどプレデターらしい武器だと思います。

各部

頭部

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


チョッパーのマスクは、シルエットはジャングルハンターですが波打ったような装飾が付いているデザイン。ロストクランのボアとかラムに通じるような感じ。
左右の目の間の上下幅が広く、左右に2つの目があるというよりは左右が繋がったバイザー状なのが個性的。そのバイザー状の目はケルティックと同じくメタリックの水色で塗装されています。
チョッパーももちろんマスクから伸びるパイプが再現されており、バックパックの穴に差し込むという構造になっています。(詳しくはケルティックのレビューをご覧ください。)

下腕とシミターブレード


チョッパーの特徴といえば、その名の由来でもあるこれ。下腕に大型の刃「シミターブレード」を装備。
ブレードは伸びた状態と縮んだ状態の2種類が付属し、差し替えが可能となっています。この画像は伸びた状態。


左腕。こちらは縮んだ状態で写真を撮ってます。チョッパーの手首は左右とも握り手。手首はスカーやケルティックと相互に交換して使う事が可能です。


左腕のリストコンピューターはスカー同様に開閉が可能です。


このシミターブレード、下腕の真下側ではなく、内側に斜めに付いています。実物のスーツではどうだったのでしょう?


リストブレードは最も短く収納された状態のものが付属。伸びた状態であるスカーやケルティックのリストブレードとこちらも相互に交換して使う事が可能です。
シミターブレードがあるので、チョッパーってリストブレードはそのままじゃ使えないですよね。なので、リストブレードは収納状態が付属しているのは妥当なチョイス。


チョッパーの腰アーマーは前後のみで、左右はアーマーがありません。


左右ともアーマーが無いという事は、両足とも大きく広げられる・・・と思いきややっぱり右足の方が左より少し広げられます。どうもやっぱりこの股関節は、左右で微妙に可動範囲が違うように思えます。

プラズマキャノン


映画劇中で箱に収められていた3種のキャノンの内、最も小さいものが付属。ケルティックもそうですが、映画劇中ではキャノンを手にする事は無く・・・どころかエイリアンとまともに対決する事なく死んでしまいましたけどね(笑)

骸骨

劇中でのシルエット的にはシミターブレードよりこっちの方が特徴的でしょうか?背中に背負う棒に刺さった人間の頭蓋骨が2つ。
2つは同じものではなく、それぞれちょっと違います。細かいですよね。


まず1つ目。
NECAの公式画像を見るに、こちらをバックパックに取り付けるようです。頭蓋骨の左側面に装飾の付いた紐が付いています。


こちらは目の辺りに斜めに紐が縛ってあるという造形です。

続いてもうひとつの方。


こっちの骸骨は背中右側のラックに取り付けます。
装飾の付いた紐がうなじのところに付いています。


こちらは顎の後ろから頭頂部に向かって紐で縛られているという造形になっています。


楕円で示したバックパックの溝と、矢印で示したラックに骸骨の棒を取り付けます。
なお右のラックはスカーやケルティックのものより細いため、スピアを取り付ける事は出来ません。ラックは取り外し可能なので、スカーやケルティックのものと交換すれば、スピアを背負わせる事は可能。


取り付けた状態。
この骸骨の棒は硬い材質で出来ており、爪楊枝くらいの太さしかないので折ってしまわないように取り扱い注意。動かして遊ぶ時は骸骨は取り外した方が安全です。

手裏剣、短剣、スピア(収納状態)

スカーに付属のものと同じなので省略。なおチョッパーは手首が握り拳なので、スカーやケルティックと手首を交換しない限りこれらを持たせる事は出来ません。
ケルティックのレビューにも書いていますが、スピアはケルティックに使うと良いでしょう。

総評

スカーやケルティックと同様、造形・可動共に素晴らしいデキで、オススメの1体。
脇がちょっと締まらない、肩関節があまり広がらない、首の根元が動かない、と不満はこのくらいでしょうか。手首やリストブレードはスカーやケルティックと相互交換出来るので補完できますし、シミターブレードは2種付いているのでその辺もバッチリです。
以前よりNECAのフィギュアの値段は上がってしまいましたが、それでも国内メーカーの可動フィギュアと同じくらいかやや安いくらいの価格です。

映画劇中ではあっけなくやられたチョッパーですが(笑)、フィギュアでは活躍させてあげたいですね。

以上、NECAのチョッパーのレビューでした。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。