WAVE 1/12 アストロシティ筐体 プラモデル(メモリアル・ゲーム・コレクション セガタイトルズ) 予約開始


※追記
別記事でレビューしています。⇒レビュー:WAVE 1/12 アストロシティ筐体 プラモデル


待望のアストロシティ筐体のプラモがようやく予約開始となりました。発売は7月予定。figmaのバーチャファイターと併せてプロモーションしていましたけど、そのfigmaよりもこっちの筐体プラモの方が先に出るみたいですね。

私にとってゲーセンの筐体といえばこの筐体。

画像はあみあみへのリンクになっています。

アイマスの筐体からスタートしたWAVEの筐体プラモシリーズ。アイマス筐体の時点で「普通の汎用筐体を出して欲しい」と思っていた人は少なくなかったと思います。
2013年に汎用筐体であるビュウリックスがプラモになりました。
(レビューはこちら↓
レビュー:ビュウリックス筐体 WAVE 1/12プラモデル(SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION))
汎用筐体ではあるのですし、これはこれで良いのですが、でも求めているのはこれではなくて・・・という人、私だけではないと思うんですよね。
若い人たちからすれば、ビュウリックスみたいな液晶の筐体の方が馴染みがあるのかもしれませんが、私のようにもう少し上の年代、ストIIをきっかけにゲーセンに行くようになった、格闘ゲーム全盛期のゲーセンを体験してきた人にとってはやっぱり汎用筐体ってこれなんですよ。もちろん汎用筐体って他の機種もありますけど、アストロシティってどこのゲーセンでも見かけた覚えがあります。そして今でもレトロゲームを置いているゲーセンなら結構見かける機種です。

ビュウリックスのプラモは色が赤の「スパIV」と青の「P4U」の2種類が発売され、それぞれのゲームのインストカードや画面写真が付属という形でしたが、今回のアストロシティは「初代バーチャ」「ファイティングバイパーズ」「ダイナマイト刑事」の画面写真やインストが付属。もちろんこの辺は自作して他のゲームにしても良いでしょうね。
2Dシューティング好きとしては画面を縦にしたいのですが、流石にそれは出来ないのかな、やっぱり。

コンパネ部分は複数選べる仕様のようで、画像で見る限り「プレイヤー1人のみ 3ボタン」「1P、2P 3ボタン」「1P、2P 6ボタン」が確認出来ます。「プレイヤー1人のみ 6ボタン」は無いんですかね?
そう、このコンパネって同じデザインで3ボタンも6ボタンもありましたね、言われてみれば。純正のコンパネが複数種あったんですね多分。

ビュウリックスのプラモが部品の分割やゲート位置が非常によく考えられていて素晴らしかったので、今回も期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。