レビュー:NECA(ネカ) マスクド スカープレデター(7インチアクションフィギュア シリーズ15)


先日発売になったNECAのプレデター シリーズ15からまずはマスク装着状態のスカープレデターをさくっとレビュー。


商品名:プレデター 7インチアクションフィギュア シリーズ15「マスクド スカー プレデター」
メーカー:NECA(ネカ)
キャラクター原作:映画「エイリアンvs.プレデター」

内容


本体、リストブレードx2、バックパックとプラズマキャノン、交換用右手首、手裏剣、セレモニアルダガー(短剣)、スピア(収納状態)、という内容。
シリーズ14のオープンマウスのスカー プレデターと付属品はほぼ同じですが、右手のみ交換用の手首が付いています。

本体


画像はバックパック、短剣、ショルダーキャノン、リストブレードを取り付けた状態で撮っています。
シリーズ14のオープンマウスとの違いは頭部と手首のみ。その手首もチョッパーケルティックに付属していたものと同じです。

塗装などの仕様も同じで、手首のみ成型色で他は塗装となっており、当然ながら可動範囲や構造も同じ。という事でこのレビューはほ頭部のみのレビューですね(笑)
それ以外についてはシリーズ14のオープンマウスのスカーのレビューを参照してください。

頭部


ジャングルハンター(初代プレデター)を踏襲した正統派(?)なデザインのスカーのマスク。でも実はジャングルハンターとは結構バランスが違うんですよね。顔が上下に短くて、ちょっと下膨れ。そんなスカーのマスクの形状をよく再現していると思います。
NECAの公式画像とはちょっと印象が異なります。この画像では分かり難いかと思いますが、シルバーの色味がなぜか鎧と少し異なる。鎧よりも僅かに暖色の色味となっています。シリーズ14のチョッパーやケルティックは鎧とマスクの色味は同じでした。
(ついでに言いますとシリーズ15の他の2体も鎧とマスクの色は同じになっています。)
微妙な差ではあるのですけどこれはちょっと残念なポイント。実物のスーツもそんな事は無いはずですし。

ただ、これはひょっとすると単に私が状態の悪い個体を引いただけの可能性があります。通販で購入したので他の個体を見た事が無い為に分からないのですが・・・。
※5/16追記
頂いたコメントから察するに、個体差ではなく仕様の可能性が高いですね。


もう1つ公式画像と異なるのが額の傷。公式画像では凹んだ部分が暗い色でしたが、実物はそんな事はありません。なのであまりこの傷が目立たないですね。

他のフィギュアと並べて


シリーズ14のオープンマウス版スカーと並べて。頭部と手首以外は全く同じです。
今回のマスクドの方がオープンマウスやチョッパー、ケルティックに比べてシルバーのドライブラシがややキツめで若干ギラギラしているのですが、これは個体差の可能性もあるので何とも言えませんね。


ケルティック、チョッパーと並べて。この3体で並べるならやはりスカーはマスク付きの方・・・・なんですけど、この3人で並んでいた時はまだ額の傷は無いのが正しい。スカープレデターのフィギュアって決まって額の傷ありですけど、傷がないのも出してくれないかな、なんて思います。NECAならやってくれそうな気もしますが。


エイリアン シリーズ7のAVPウォーリアーと対峙。でも実は劇中でスカーってエイリアンと正面きって戦っていませんよね。手裏剣で頭をバッサリやったり、プラズマキャノンで一方的に蹴散らしたり。


同じくシリーズ7のグリッドエイリアンと。
AVPのプレデター、エイリアンの代表である2体ですが、劇中では対決する事はありませんでした。対決して欲しかったですよね。

総評

マスクの色味が他のシルバーと異なるのが仕様であるならばここが残念なポイント。単に私が悪い個体を引いたのなら私が残念(笑)
それ以外はシリーズ14の3体同様、造形も可動も素晴らしい。欲を言えば、オープンマウスと違う手首を付けるのならリストブレードも違う長さの方が良かったかな、というくらいですね。

それにしても、シリーズ14も今回のシリーズ15も、スカーのアソートが少ないのがどうにも理解に苦しみます。スカーだけ買う人はいてもその逆はあまりいないと思いますし、スカーが他に比べてコストが掛かっているとも思えないです。

以上、シリーズ15のマスクド スカー プレデターのレビューでした。
他2体も追ってレビューします。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

2 thoughts on “レビュー:NECA(ネカ) マスクド スカープレデター(7インチアクションフィギュア シリーズ15)

  1. 匿名

    マスクの色の個体差?ですが自分のもマスク同じ感じで色がアーマーと違い少し違和感がありました。
    あと膝のパーツが気付かない人多いと思いますが左右で違うんですが両方左とか右の
    エラー品に当たることもあるのであいかわらず製造が雑な感じだと思いました。
    (膝の裏のネットのパターンを見ると左右で違うのがわかります)
    ただここまでのクオリティのプレデターフィギュア出してくれるメーカーはなかなか
    無いのでありがたい限りです。

    返信
    1. EAST-COW 投稿作成者

      ブログ管理人です。

      >マスクの色の個体差?ですが自分のもマスク同じ感じで色がアーマーと違い少し違和感がありました。
      という事は、個体差ではなくマスクだけ色が微妙に違うのは仕様の可能性が高いですね。

      >膝のパーツ
      >両方左とか右のエラー品に当たることもあるのであいかわらず製造が雑な感じだと思いました。
      今まで全然気にしてもいませんでした。確認してみたところ手元にあるシリーズ14、15ともエラーは無いようです。仮に左右両方同じのエラー品でも、見た目も可動もさして問題なさそうだとは思いますが。

      >ただここまでのクオリティのプレデターフィギュア出してくれるメーカーはなかなか無いのでありがたい限りです。
      日本のメーカーの製品に比べると不良品が多いという印象はありますが、アメリカ本国だと22~23$くらいの価格らしいです。正直ありえないくらい安い。
      その価格を考えれば不良品が多いのもやむなしかな、と。そもそも不良品の捉え方について文化の違いというのもあるとは思いますけど。
      日本では4千円くらいしますけど、それでも国内メーカーの可動フィギュアより安く、ものが7インチと大きい事を考えると割安な感はありますね。

      プレデターって日本でもそれなりの知名度・人気のあるキャラクターだとは思うのですが、国内のメーカーからは商品化に恵まれませんね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。