PVC製フィギュアのベタつきをダヴで洗ってみました


PVC(塩化ビニール)製のフィギュアは、気が付いたら表面がベトついてしまっている事があります。その対処法についてのお話。

この記事は自分の経験に基づくものなので、中には当てはまらない製品もあるかもしれない事はご承知おきください。

ベタつきってそう起こるものではない印象

自分の経験からすると、そうそうベタつきって起こらないです。当ブログでも結構な数のフィギュアをレビューしていますし、レビューしていないフィギュアはその倍はあります。
これだけ色々と所有していても、ベタつきが起こったのって1体だけなんですよ。その1回が昨年にあったので今更こんな記事を書いてみる事にしました。

「未開封などで密閉されていると起こりやすい」という話をよく目にするのですが、私は未開封のまま長期間置いておく事はまずなく、未開封の古い商品を買った事もないからベタついた経験が無いのかもしれませんね。

ダヴで洗ったらベタつきが落ちた実例

このフィギュアのベタつきの話題で必ずといって良いほど出てくるのが液体石鹸の「ダヴ」で洗うと落ちるというもの。

Dove(ダヴ) ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア ポンプ 500g ボディーソープ ボディソープ 単品

新品価格
¥468から
(2021/5/27 13:22時点)

昨年の2020年、初めてこのPVCフィギュアがベタつくという現象に遭遇したのでダヴで洗ってみたところ、確かにベタつきは綺麗に無くなりました。
そのフィギュアはこれ。

海洋堂/ジーベックのアクションフィギュア、「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」のテムジンDNA SIDE。
購入した時の自分の年齢を考えると、確か2001年か2002年くらいの発売だったと思います。もう20年も前なのか(笑)
洗う前に写真を撮っておこうかとも考えたのですが、見た目には何ら分からない状態だったので撮りませんでした。つまり無色透明なベトベトが表面に付いているというような状態だったのです。塗装には何も影響は無いようでした。

ちなみに私、普段の手洗いやお風呂ではダヴを使っているわけではなく、このテムジンがベタついた事に気が付いてダヴを買ってきました。今になって思えば、既に家にあったハンドソープ、ボディソープでベタ付きが落とせないのかまず試せば良かったですね。

ダヴで洗っても塗装には影響は見られません。
まあこういった完成品フィギュアに使われている塗料は往々にしてプラモデル用の塗料よりも頑丈なので特に心配もしていません。泡立てて手でこするのでは奥まった部分が洗えないかなと思い、刷毛で軽くなでながら洗いました。
頑丈とはいっても塗装されているものなので、歯ブラシのような毛先がちょっと硬めのものは避けた方が良いかなと思い刷毛選択。

ベトついた時点でのテムジンの保管状況


ダイソーなどの100円ショップで売っているこの平べったいケース。これに入れて3年くらい保管してまして、ある日開けて触ったらベタついてました。

これに入れる前は・・もう記憶があやふやなんですが・・・


確か、ダイソーで買ったこっちのケース「2WAYコレクションボックス」(現在では入手不可能)に入れて飾ってました。どのくらいの期間このケースに入れていたかはもう思い出せないのですけど、時々取り出して遊んでもベタついている事はありませんでしたし、3年くらい前に先の平べったいケースに移し替える時もベタつきはありませんでしたね。

こう思い出してみると、「密閉されているとベタつきがおこりやすい」というのはありそうな感じがしてきます。

アファームドやスペシネフは何ともない


テムジンよりも後に発売された、同シリーズのスペシネフとアファームド3種。
これらもテムジンと同じ期間、「2WAYコレクションボックス」に入れて飾りその後同じタイミングで平べったいケースに入れてしまいました。
しかしこの4体は特にベタつきはありません。

アファームドやスペシネフはPVCがテムジンより硬質な感じがするので、その違いかもしれませんね。

ベタ付きの原因 事前に防ぐ方法は何だろう?

これなんですがはっきりとは分かりません
起こる条件が分からないので、防ぐ方法も分からない。

長い時間が経過してもベタつくとは限らない

今のようにPVC製の完成品フィギュアが多く商品として発売されるようになったのって、せいぜい12、3年くらい前です。(最初のfigmaが発売されたのが2008年。)
今現在ベタついていなくても、もっと年数が経過したらベタついてしまうのか?

以前に書いたPVC(塩ビ)にアクリル塗料やエナメル塗料は使ってはいけない。という記事でもちょっと触れているのですが、数年前に部屋を片付けていたら昔のガシャポンのSDガンダム見つけたことがあります。発見時点で、発売から30年くらいは経過しているはず。
20体くらいあったのですが、1体としてベタついているものはありませんでした。

ただ、この当時のPVCは今現在製品として出ているものとは使用されている可塑剤がおそらく異なり、フタル酸エステルと呼ばれるものらしいので今現在売られているPVC製品とは話が違うかもしれません。

密閉しておくと起こりやすいという話を結構目にしますが・・

購入したものを未開封のままでおくなんて事を私はしないのですが、未開封のままのフィギュアがあるにはありました。

それは以前にレビューも書いたNECAのフィギュア、エイリアン2のエレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)

レビューしたものとは別にもう1体持っていて未開封です。

発売からもう5年以上経過しているようですが、見た感じは特に変化は無さそう。もっとも、べたついていたとしても見た目だけで分かるかどうかは微妙なところですし、ましてパッケージのブリスター越しとなるとなおの事。

もっと時間が経過したら開封してみようかな(笑)

やっぱり、一口にPVCと言っても色々

PVCと一口に言ってもメーカーやものによっても違うかもしれませんし、あるいは使われている塗料によっても差があるかもしれませんね。一概に保管状況によって起こるとも言えない感じがします。

今後にもし、ベタついたフィギュアが発見されたらダヴで洗ってみて落ちるかどうか試して追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。