レビュー:figma 八神はやて The MOVIE 2nd A’s ver.

こちらもつい先日発売のfigma
「八神はやて The MOVIE 2nd A’s ver.」をレビュー
fh50

商品名:figma 八神はやて The MOVIE 2nd A’s ver.
メーカー:マックスファクトリー
原作:魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s

内容

fh4
はやて本体、交換用の顔2種、帽子、交換用の両腕、ユニゾン状態頭部、同帽子被り用前髪、
夜天の書(開)、夜天の書(閉)、上着無し状態用腰パーツ、帽子被り用前髪、
上着無し状態用袖パーツ、交換用手首、シュベルトクロイツ、figmaスタンド
あと、この写真には映っていませんが「魔方陣シート」が付属。

本体

fh11

fh13

fh12

fh6
羽やローブのすそがそれなりに重いため、スタンド無しでの自立はやり難いです。背面の写真撮るのが地味に大変でした。

塗装は綺麗で、いつも通り安心のfigmaクオリティ。

fh14

fh15

fh16
表情は計3種あるので、ポージングに幅が出ていい感じです。
相変わらず顔のクオリティは高く、良く出来てます。

可動など

基本的にはいつも通りですが、羽やローブのすそが特徴的。
fh9
腰の羽やローブのすそはfigmaジョイントによる接続で可動します。
fh10
ローブがなびいた状態にできます。
まあこのてのデザインのキャラのfigmaではいつもの作りではありますね。

背中や腰の羽はクリアーパーツ。スモークブラックの塗装で仕上げられており、根元近くはクリアーのまま。
fh8
fh7
腰の羽を接続しているfigmaジョイントは黒なのでちょっと変な感じがしますね。
ジョイントを白にするか、或いは羽全体を黒にしてしまった方が良かった気がしなくもないですね。

背中の羽は、スタンド接続用の穴に挿します。
このため、スタンドは羽のパーツに空いた穴に挿すようになってます。羽パーツは大した厚さではないため、穴が浅いです。
が、それを考慮してか羽パーツの穴はややキツ目になっており、穴が浅いのに簡単には抜けないようになっています。

抜かりない設計、と思いきや
fh48
はやての背中に挿すための羽パーツの軸が短く、ここがちょっと抜けてしまいやすいです。
この軸をもっと長くしてくれれば完璧だった。とは言っても、そんなに頻繁にスポスポ抜けてしまうわけではないのですが。

羽は背中・腰ともに固い材質で出来ていてシャープですが、うっかり引っ掛けて破損しないように注意が必要だと思います。

デザイン上と言うか、上着無しに組み替えられる都合か、figmaには珍しく上腕にロール可動があります。
fh27

fh28
ポーズが付けやすくて非常に良いです。何でゼルダのリンクにはロール可動付けてくれなかったんだろう・・・。

ちょっと残念なのが、上着無しに組み替えられる都合、肩関節のジョイントが肌色な点。
fh29
気になる人は上着を着た状態では白いジョイントに替えるといいかもしれません。(でもボールジョイントになっているfigmaジョイントって、取り外しが容易ではないのであまり組み換えには適さない気もしますけど。)

それ程特筆すべき事ではありませんが、足首の関節。
fh31
ブーツの上半分が輪っか状のパーツになっており、figmaジョイントに通していると言う構造。なのはやフェイトと同じです。

付属品

帽子と取付用の前髪パーツ

fh17

fh18
前髪のダボを帽子の裏側の穴に挿して固定します。

fh19

fh20

fh21

ユニゾン状態頭部

fh33
ユニゾン状態のベージュ色の髪パーツ。
色が異なるだけで、造形自体は通常と同じです。こちらも前髪パーツは帽子かぶり用のものも付いてます。
fh34

fh35

シュベルトクロイツ

※旧ブログURLが入っていたので白い四角で消してます。見苦しくて申し訳ないです。
fh22

fh23
いつも通り綺麗な塗装です。持ち手で保持します。
fh32

夜天の書と専用持ち手

fh24

fh25
夜天の書は開閉どちらもそれぞれ専用の持ち手が付いてます。
開いた状態は指で挟むだけですが、閉じた状態は手についたピンを挿して固定。このため閉じた夜天の書には穴が空いてしまっているため、この夜天の書は単品の小物としては使えませんね。

fh26

fh36

魔方陣シート

fh49
最初の内容物一覧の画像に入りきらなかったもの。色が白なので、バックを黒で写真を撮ってます。

50
真ん中の穴にfigmaスタンドの支柱を挿して通し、台座に取り付けます。

上着無し状態への交換パーツ

fh30
上から
ローブ・羽無しの腰の後ろ側パーツ、上着無しの袖パーツ、交換用の腕。

fh41
まず腕を外すのですが、肩パーツは腕を通しているだけで、肩のジョイントと繋がっているのは上腕パーツの方。(構造を示すため、画像は肩パーツ無しで腕を取り付けてみました。)
腕を外すときは肩パーツごと引っ張るのではなく、肩を押さえて腕だけ引っ張ると簡単に外せます。肩ごと引っ張るとなかなか腕が外せませんので、ジョイントに無駄に負荷が掛かってしまいそう。

fh42
腕を外し、腰の金色の鎧を外します。

fh43
おそらく色移り防止の為でしょう、鎧はクリアーパーツで、裏側は塗装されていません。結構タイトな設計なのでこれは良い配慮。上着有り状態に戻す際、この鎧は温めてから取り付けた方が無難です。結構タイトなので、真ん中のベルトが千切れる可能性が無いとも言えませんね。

fh44
腰のローブとジャケットを外します。ジャケットを外す時は肩関節のジョイントを後ろに向けるとやりやすいです。

fh45
袖の取り付け。
袖のダボを脇の下のV字型のミゾにはめて取り付けます。

交換用の腕を取り付けて完成。
fh46

fh47
腕を動かすと袖パーツが結構外れやすいのが残念なところですね。

最後になのはやフェイトと並べて
fh51

総評

いつも通りの安定したクオリティ。
上腕のロール可動でポーズがつけやすいのは良いポイント。何かいつもfigmaのレビューは「いつも通り」で終わってしまってますけど(笑)「いつも通り」で終わってしまうくらい安定しているのは素晴らしい事です。

なのはのキャラは立体として見栄えがするので、いつも通りの綺麗な塗装・いつも通りの良い造形・いつも通りの可動で充分な出来栄え。

という事で、figma 八神はやて The MOVIE 2nd A’s ver.のレビューでした。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。