レビュー:NECA(ネカ) ジェニット・バスケス(エイリアン シリーズ9)

p9258771
ネカのエイリアン シリーズ9から多分一番人気であろうバスクェス(バスケス)をレビュー。
映画「エイリアン2」を見た事がある人なら誰でも憶えているだろうと言っても良いくらいに印象的な人物。ついにNECAの7インチアクションフィギュアで登場となりました。


商品名:NECA ALIEN 7インチアクションフィギュア シリーズ9「ジェニット・バスクェス(PRIVATE IENETTE VASQUEZ)」
メーカー:NECA(ネカ)
キャラクター原作:映画「エイリアン2」

内容

p9258716
本体、スマートガン、ライトユニット、マズルフラッシュのエフェクト、となっています。

本体

p9258717

p9258718

p9258719

肌色の他、服のベージュ色の部分が成型色。ただし、手首だけは肌も塗装となってしまっています。可動に関してはいつものNECAという感じで、リプリーやビショップ、あるいはプレデターのダッチ(シュワルツェネッガー)などとほぼ同じです。

他のエイリアン2のフィギュアと比較

p9258714
シリーズ1のヒックスシリーズ5のリプリーシリーズ3のビショップ、そして同じくシリーズ9で登場となったフロストと並べて。
バスクェスかなり小さい!!ええ?!と最初は思ったのですが、エイリアン2でメインキャスト全員が並んでいる写真を見ると確かに小さくて、これで身長は合っているみたいです。

p9258715
シリーズ2のエイリアンウォーリアーと並べると、こんなにも身長差があります。
こんなに体格差があったら、人間同士でも勝てそうな気がしない(笑)

各部

p9258725

p9258726

p9258727

p9258728

p9258729
特筆すべき点が顔ですね。公式の画像を見た時は「まあ悪くは無いかな」くらいの印象だったのですが、実物は公式画像よりもかなりジェニット・ゴールドスタインに似ていて、素晴らしい仕上がり。凛々しくて強そうなあの顔ですよ。
顔も素晴らしいですが、赤いバンダナも実に質感溢れる造形で素晴らしい。首元のネックレスもきちんと再現されています。

p9258730
顔の横にある照準用のサイト。裏側もきちんとディテールが入っています。

p9258731
このサイトはヒンジで可動し、目の上に被せる事が可能。

p9258732

p9258733
首はボールジョイント。上下への可動はこのくらいです。

p9258734

p9258735

p9258736
各部の黒いツヤ消しの部分は、多分クッションみたいなものなんでしょうね。

p9258754

p9258742
腰はボールジョイントで、回転可動だけでなくひねる事も出来ます。

p9258738
可動範囲はいつものNECA、という事で肘は2重関節ではないのですが、いつもより若干深く曲がります。90度よりやや深いくらい。

p9258743
でも左は右に比べて深く曲がりません。ほんの僅かな差ですけどね。

p9258739

p9258740
手首はヒックスやハドソンなどの海兵隊と違って根元のヒンジ可動はなく、ボールジョイントのみの可動。冒頭でも書きましたが手首のみ肌色が塗装になってしまっており、しかも手袋のブラックの上からの塗装なので色がくすんでいます。ここは他の肌との質感がちょっと気になる部分です。

p9258741
胴体の装甲の左側にはスマートガンをつなげるアームがあります。ここはヒンジとボールジョイントで各部可動。

p9258744
股関節はNECA定番の球体関節で、腰周りは軟質樹脂という仕様です。

p9258747

p9258748
足首はダッチやリプリーと同じく、ブーツの途中で分割がありボールジョイント可動。しかしここがあまり可動せず、ちょっと接地が悪いです。

p9258745
膝はやはり2重関節ではありませんので、曲げるのはこのくらいが限界。足首の前後可動もこのくらいです。

付属品

ライト

p9258749

p9258750
形状自体はヒックスやハドソン、ウィンドリクス、そして同じシリーズ9のフロストと同じなんですが、ライトの下のコードがありません。本体下から伸びるコードは、他の海兵隊員では背中の穴に挿していましたが、バスクェスにはこの穴が背中にはありません。このため、他の海兵隊員ではライトからのコードを挿している穴の方に、本体下から伸びるコードを挿し込む・・・という事で良いのでしょうか?

p9258751

p9258752
ライトを取り付けた状態。

スマートガン

p9258755

p9258756

p9258757

p9258758

p9258761

p9258762
エイリアン2で特徴的な武器の一つ、スマートガン。
先に発売されたケナー版カラーのリプリーに付属の物とおそらく同じ形状だと思うのですが、ケナーリプリーを入手していないので分かりません。
他の海兵隊員の武器に比べて厚みがあって、なおかつ複雑な形状の武器ですが、結構細かい部品構成になっているようでディテールもきちんとしています。砲身横のトラス状の部分の穴もちゃんと抜けていますし。

p9258759
スマートガンのアームは各部のヒンジが全て可動。

p9258760
ヒンジの他、この部分も〇で示した部分の一軸で可動します。

スマートガンの取り付け方

説明書の類が付いていないので、どうやって取り付けるか最初は分からず、公式の画像とにらめっこして取り付けました。
なので間違っている可能性もあるのであしからず。
p9258763
まずアームのピンをスマートガンの穴に挿します。

p9258764
挿した状態。

p9258765
この状態で先ほどスマートガンに挿したピンとは反対側の端にあるこの丸い凹みにバスクェスの胴体のアームをはめ込みます。

p9258766
このシルバーの部分の間に挟んではめ込むわけです。

p9258767
で、このコードをどこかに差し込むのだと思うのですが、それがどこなのかさっぱり分かりません。ご存知の方がいらっしゃいましたらコメント欄かメールで教えていただけるとありがたいです。

マズルフラッシュのエフェクト

p9258768

p9258769
クリアパーツの上からホワイトとオレンジで塗装されているようですが、ちょっとホワイトが濃すぎる・面積が大きすぎると思います。

p9258781
銃口に差し込んで取り付けます。
ヒックスと2パックのダメージエイリアンと並べてみました。

スマートガンはアームの可動部が全て可動して自由自在に動かせます。バスクェス本体の可動に関してはいつものNECAという仕様で、日本のメーカーの可動フィギュアに比べるとあまり可動しません。が、スマートガンを構えるにはこの可動範囲は十二分です。
p9258776

p9258777

p9258778
特に下半身は相変わらず可動がイマイチですが、スマートガンを構えるポージングにはこれでも別に必要充分でしょう。足首の接地が良ければなお良かったのですが。

総評

造形は良いけど可動はイマイチ、というのがいつものNECAの人間フィギュア。今回も可動範囲はいつもの仕様なんですが、スマートガンを持ったポージングはこれで事足ります。発売前は「相変わらずこの可動範囲のままか」と思っていたのですが、実際に手にしてみるとこれで充分だと感じました。肘だけはいつもよりちょっと深く曲がってくれるのもあると思いますけど。
この大きさながらスマートガンのアームの可動部が全て可動するのが素晴らしい。アームが無ければこんなのは当たり前なんですが、どう構えてもアームが可動してきちんと追従してくれるのが嬉しい。
そして造形はいつも通り以上のクオリティ。公式の画像よりも格段にジェニット・ゴールドスタインに似ている顔の造形は驚きました。

惜しいのは足首の接地がいつもより悪い事。構造的にはいつもの構造なんですけど、何だか可動範囲が狭い。
相棒のドレイクも出して欲しいですね。フロストが出たくらいなんだから・・・と期待してしまいます。

以上、NECAのバスクェスのレビューでした。
追ってフロストもレビューします。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。