レビュー:figma リーファ(ソードアート・オンラインII)


昨日メーカー出荷となりましたfigmaのリーファをレビューします。グッスマオンラインで予約したので特典の「ニヤリ顔」付きです。

商品名:figma リーファ
メーカー:マックスファクトリー/グッドスマイルカンパニー
キャラクター原作:アニメ「ソードアート・オンラインII」

アニメ2期であるSAOII名義になっていますが、アニメ1期後半「フェアリィ・ダンス編」でヒロインだったキャラクター。ようやくfigmaで登場となりました。

今日は平日であまり時間に余裕が無いので、画像的にはちょっとあっさり目のレビューです。

内容


本体、羽、表情2種、メダリオン、刀、鞘と納刀状態用の鍔、手首パーツ一式、そして画像左がグッスマオンライン特典の表情パーツ「ニヤリ顔」

本体


腰のブラウンの部分が、公式の画像だとスミ入れされているように見えるのですが、製品ではスミ入れされていません。それ以外は変更になった部分は無いと思います。

他のSAOのfigmaと


実はALOver.のキリトとアスナを買っていないので、アインクラッド編のものですみません。
という事でfigmaのアスナfigmaキリト、あと右端はレビューしてませんがfigmaユウキ。
まあ格闘ゲームの電撃FC繋がりという事で・・・(笑)

各部

頭部


ポニーテールの根元の花のような飾りは、きちんと濃いグリーンの細いラインが印刷で入っています。


ポニーテールはfigmaジョイントで可動。根元で回転も出来るので、ポーズに合わせて髪にも動きを付けられます。まあfigmaではいつもの仕様という感じですね。


通常顔


照れ顔


叫び顔


ニヤリ顔(グッスマオンライン特典。通常販売分には付属しませんので注意。)

どの表情も非常に良く似ていて素晴らしい出来です。この辺はfigmaは手馴れたものですよね。


胸もそうですが、こちらもグリーンの細いラインはきちんと印刷で再現されています。


肩は軟質素材になっているだけで、可動を優先した切り欠きなどはありません。
このため・・

腕を横に広げるのはこの程度が限界。刀を持ったキャラの可動フィギュアとしてはこれはちょっと厳しい。デザイン上、見た目と可動の両立は難しいとは思うのですが。


肘関節の可動については、figmaとしてはごく普通です。充分に曲がります。


肘で回転ももちろんします。
それはさておき、肩と上腕は部品が別なんですよね(赤い矢印参照)。ここで回転しそうに見えるのですが、どうも回転可動は無い様子。


腕を外してみたところです。裏側から見た感じでも上腕で回転しそうに見えるのですが、ドライヤーで温めて回そうとしてもダメでした。肩を軟質にする都合でパーツが別であるだけで、おそらくここは動かないのだと思います。
※追記訂正
可動するとのコメントを頂きました。


手首の構造。腕輪から下側のホワイトの部分は別パーツで軟質樹脂製で、ここの中を手首の関節軸が通っている構造です。


見た目も綺麗で可動の邪魔にもならないのですが、この軟質部分のホワイトは成型色なので、腕のホワイトとは色味が微妙に違ってしまっています。写真だとほぼ分からないと思いますが。

胴体


胴体は胸の下にボールジョイント可動あり。かなり上体を反らす事が出来ます。なお、前方向にはまったく傾きません、胸が邪魔で(笑)


胸を反らすと、ブラウンのコルセット(でいいのかな?)の上端の上はきちんとホワイトになってます。


胴体の可動は胸の下だけで、腰に可動はありません。ブラウンのコルセットとスカートの間なんて見た目も損ねずに可動に出来そうなデザインなのですが無可動。
figmaのシノンもそうでしたけど、胸の可動はあるに越した事はないのですが、ここだけで大きく回転させると見た目が不自然になるのでやはり腰の可動は欲しいところ。シノンはボディスーツ状のデザインなので見た目を損ねずに腰の可動を入れるのが無理なのは分かるのですが、リーファは出来そうだと思うのですけどね。

脚とスカート


スカートは可動のために分割されています。腰周りの部分(赤丸で囲った部分)は軟質樹脂で、その下側は硬い材質。


この硬い材質の部分はfigmaジョイントで可動するという構造です。こういう長いスカート状のパーツがあるfigmaでは定番の構造。

股関節が本当に動かせない!!!

SAOのキャラはこういった裾の長い衣装が多いので、まあいつもの手馴れた作りだろうと思いきや、このリーファはスカートが邪魔でビックリするくらい股関節が動きません。

まず、股間の周りとスカートの間にクリアランスが全然ありません。かなりタイトです。


まずスカートを広げていない状態。脚を前に出そうとしても、この硬いスカートにぶつかって全く動きません。

でも動きのあるポーズならスカートは可動させて広がった状態にするから問題ない・・・と思いますよね?広げてもダメなんですよ。


スカートを広げてやっても、この硬いスカートの根元の部分(赤丸)が脚の前にあるので、結局ダメなんですよ。


脚を内股にしていれば前に出せますけど、内股でなければ全くと言っていい程脚は前に出せません。これはかなりガッカリしました。
公式の画像の中で刀を振っているようなポーズのものが、何だか脚のポーズが変で迫力がないのはそのためなんですね。

これまでに出たSAOのfigmaのほとんどが裾が長いデザインで、それでもきちんと可動したので油断していましたけど、アスナのそれは前側は無いし、キリトもコートの裾だから前が無い。だから前まで長いスカートがあるリーファじゃしょうがない・・・と思いきや思いっきり真正面までスカートがあるユウキは軟質をうまく使って可動範囲を確保してましたよね。
リーファのスカート、もう少しうまく出来なかったのかと思います。


ちなみにこのスカート、figmaジョイントの根元から引っこ抜いて外してしまっても、これはこれで結構違和感無いデザインのような。バンダイナムコのゲームの衣装みたい。


膝の可動範囲はこのくらいです。

付属品

刀と鞘


刀は本当に鞘に納めるのではなく、差し替えで抜刀・納刀を変える仕様。鞘は納刀状態用の鍔の部分が付いた状態でパッケージされています。


差し替えとは言っても、抜刀・納刀で共通で使うのは刀の柄の部分だけです。


差し替えて納刀状態に。本当に刀身を鞘に納める構造だと中身を中空にする都合、合わせ目が出てしまいますが、差し替え式だと鞘に合わせ目が出ないのが嬉しいところ。

メダリオン


宝石の部分はクリアパーツ。


首を一旦外して紐をかけます。

手首パーツ


平手が指を開いたものと伸ばしたものの2種、物を持つ手の他、キリトALOver.と手をつなぐための手首(左上)、鞘を掴むための手首(左の上から2番目)が付属。私はキリトALOver.未購入なので手をつなぐのは無理。


ALOの特徴である、空を飛ぶ為の妖精のような羽。


figmaスタンドのピンに挿して背中に取り付け。羽は根元で可動しますが、スタンドのピンがある都合、下の羽はほとんど動きません。

総評

とにかく股関節が全然動かせないのが残念。これに尽きます。
肩関節の可動が狭いのも残念なんですが、そこはデザイン上まだ仕方なしだと思います。でもスカートはもう少しなんとか出来んじゃないの?と思うのです。
素人考えかもしれませんけど、腰周りだけスカートを別にする必要なんて無かったのでは?スカートの根元の部分からfigmaジョイントで動くようにすれば、スカートを開いた状態だけでも脚を動かせたと思うのですよ。率直に言ってユウキに比べて設計が雑だと思います。


内股ならそこそこ脚を動かせるので、飛行状態なら様になるポーズも取れますが、少しでも脚を左右に開くと全然前に出せないのは厳しい。
造形や塗装に関してはいつも通り良く出来ているので、本当に惜しいです。やっとリーファがfigmaで出たのになあ。

以上、figmaのリーファのレビューでした。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

レビュー:figma リーファ(ソードアート・オンラインII)」への1件のフィードバック

  1. ideon324

    肩と上腕部はすこしこじれば分けれましたよ。
    不安でしたら
    シリコンスプレーを潤滑油にしてそっとやればいいと思います。
    胸のせいで両手持ちの構えは微妙になりますが

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。