レビュー:ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル


ROBOT魂 -SIDE MS- ガンダムデスサイズヘルをレビュー。
デスサイズといえば肩にサイズを担いだポーズが印象的。
相変わらず広い可動範囲の今回のROBOT魂では、昔のプラモデルに比べて肘が深く
曲がる為、このポーズもしっかりキマリます。

このデスサイズヘルで、ついにROBOT魂にて「新機動戦記ガンダムW」の
後半主役機である5体のガンダムが勢揃いとなりました。

商品名「ROBOT魂 SIDE MS ガンダムデスサイズヘル」
メーカー:株式会社バンダイ
キャラクター原作:アニメ「新機動戦記ガンダムW」

比較の為、同原作の「ROBOT魂 SIDE MS ウイングガンダムゼロ 」「ROBOT魂 SIDE MS アルトロンガンダム」
「ROBOT魂 SIDE MS ガンダムヘビーアームズ改」「ROBOT魂 SIDE MS ガンダムサンドロック改」
(全てメーカー同じ)の画像も一部載せています。

内容

本体、アクティブクローク左右、交換用手首一式、シールド用ビーム、サイズ用ビーム、ビームサイズの柄2種(真っ直ぐ・カーブ)、
ビームサイズ本体(というかビーム発生部)、魂ステージ取り付け用パーツ、サイズの柄収納状態、バスターシールド
以上となっています。
画像では本体にバックパックを付けた状態で写真撮ってますが、バックパックは外れた状態でパッケージに入っています。

本体
まずはクロークをつけていない状態で

サンプル写真と比べて特に変わっている部分は見受けられません。
殆どがABS製で、一部PVCといういつも通りの構成です。

可動など

ヘルメットは真ん中から左右に分割という部品構成。


このため頭部バルカンの砲口に穴が空いていないのがちょっと気になりますね。


胴体は、コックピット部分が腹の中に入るという形で胸が前後可動。ROBOT魂のガンダムタイプでは定番の構造。


肩関節は引き出し式で、接続はボールジョイント。肩アーマーは上に跳ね上げられる構造。
これもROBOT魂のガンダムタイプでは定番ですね。


膝は二重関節で非常に良く曲がります。


膝アーマーは独立して可動します。


足首関節を後ろから。
足首の接続軸は、足首側がボールジョイント。すねパーツ側は金属のピンによる一軸可動となっています。


足首の装甲を外してみたところ。
足首の前半分は前後はもちろん、画像のように左右にも独立して動く(ボールジョイント接続)となっています。
前半分だけ上の画像のように動く意味はあまりないですが・・・


このように左右に振る事も可能。
固定フィギュア的な、踏ん張った足首の演技ができます。ありそうでなかった可動ですね。


バックパック左右のハイパージャマーは前後に可動。
メインスラスターもボールジョイントで可動します。

付属品
まずはアクティブクローク


このブラックは塗装のような成型色のような・・・どっちか分かりません。裏側の押し出しピン跡がツヤツヤなので成型色かな?


裏面のスラスターは塗装されています。

アクティブクローク装着


向かって左のダボを右の穴に挿して固定。後ろ側も同じです。

アクティブクローク展開


前後の展開は単純なヒンジ可動ですが、横のアーマーはヒンジで上下可動の上、根元がボールジョイントとなっています。


このクローク取り付け部分は、胴体の後ろの方でボールジョイント接続されており可動。

肩を可動させる時に邪魔になり難くて良いですね。
さらに、前述のようにバックパック左右のハイパージャマーは後ろに畳めるので、
こうすればアクティブクロークを後ろ側に向ける事ができます。

元々クローク展開状態は翼のようなデザインですが、まさに背部に翼があるかのような感じにできます。


クロークを取り付けるダボの根元には金属製のピンが挿してあるのですが、別にここで可動するわけではないようです。
強度を考えて金属ピンで固定としたのでしょうかね。


このクローク取り付け部の側面のスラスター。真ん中に合わせ目が出てしまっているのが残念。スラスターだけ別パーツに
して欲しかった。
こういう凹凸のある部分に合わせ目があると目立つんですよね。

付属品

ビームサイズの柄は3種類付属。
上から
収納状態、通常、カーブ状態。
カーブ状態はいかにもマンガ・アニメ的な、勢い良く振り回している感じを表現しています。

ビームサイズ本体


最初、これ何のパーツだろうかと思ってしまいました(笑)
ビームを発生させる部分ですね。
穴に先ほどの柄パーツを取り付けて使います。


ヒンジで可動して展開できます。


槍や薙刀のように伸ばした状態も、


横に向けて鎌にすることも可能。

バスターシールド

白いツメは開閉可能なのですが・・・

このツメが収まるスペースの幅が結構タイト。このツメは塗装なので無理に閉じると塗装が剥げかねません。


裏面はネジで止められているので、これを外して裏蓋を外し、ツメを閉じてから蓋を付け直せば安全・・・・・
・・・・・と思いきや、ネジを外しても裏蓋はまったく外れませんでした。
という事で、私はこのツメを閉じるのはあきらめる事にしました。
何でこのパーツを塗装にしてしまうかな。


ビームのパーツが付属し、取り付けられます。

手首パーツ

平手と2種類の持ち手がそれぞれ左右付属。
親指が立っている方の持ち手は根元に角度が付いています。
付属の説明書では真っ直ぐな柄には普通の持ち手、カーブした柄には親指が立った持ち手、という表記がされていますが、
どちらの手首も両方の柄を持たせられます。ポーズによって使い分けましょう。


ROBOT魂シリーズの他の「ガンダムW」登場のガンダム達と。
5体のガンダム勢揃い。

総評
いつも通りの安定した出来栄え。シャープな造形。塗装の塗り分けも綺麗。良く可動して遊べます。
ガンダムWのROBOT魂では毎回感じる事ですが、昔の1/144プラモデルを遥かに越える可動範囲で
カッコ良くポーズが決められるのは嬉しいですね。
特にデスサイズは得物が鎌なので、昔のプラモデルでは両手で持つのが精一杯という感がありましたが、
可動範囲が広いROBOT魂ではポージングの幅も広いです。

数あるガンダムシリーズの中でもROBOT魂での製品化に恵まれている感のあるガンダムWですが、
いよいよメイン機体は出揃った感じがします。
とはいえ、ガンダムWはアニメ放映当時にプラモデル化されなかったMSがまだまだあるので、これらがROBOT魂で
商品化されるのを期待したいですが・・・・どうだろうな。

以上、「ROBOT魂 -SIDE MS- ガンダムデスサイズヘル」のレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。