レビュー:悪魔城ドラキュラ ベスト(サウンドトラック)

悪魔城ドラキュラ ベスト

新品価格
¥1,697から
(2014/1/17 18:53時点)

1998年に発売されたCDなので、前回のバーチャ2のサントラ同様にこれも今さらと言えば
今さらなんですが、まだamazonで新品が購入可能です。

amazonの商品ページに記載があるように収録曲は全31曲。
「悪魔城ドラキュラ」「ドラキュラII 呪いの封印」「悪魔城伝説」の3作のBGMと
アレンジが2曲、NES(海外版のファミコン)版のBGMが3曲収録。
アレンジ2曲ですが、そのうち1曲の「血の涙(Bloody tears)」はアーケード版
「悪魔城ドラキュラ」の3面BGMを収録したもの。
NES版3曲は日本版とは音色が違います。
「悪魔城ドラキュラ」「ドラキュラII ドラキュラII 呪いの封印」は日本ではディスクシステムで
発売されましたが、海外ではロムカセットで発売。日本版はディスクシステムの
音源を使用していますが、NES版はロムカセットなのでそれが出来ないためのようです。
(参考:wikipedia ドラキュラII 呪いの封印)


全体として残念なポイントは、曲の頭などに余計な効果音(風の音とか)が入っている曲が
一部ある事。特に悪魔城伝説の曲はそういうのが多いです。
まあ演出なんでしょうけどそういう余計なものはサントラには不要だと思いますね。
そして「悪魔城伝説」のBGMはちょっと残念な点がさらに2つ。
まず各楽曲が独立したトラックになっておらず、数曲で1トラックという収録になっている点。
なので聞きたい曲だけを聴こうとすると煩わしい。
もう一つの残念ポイントは音がなんか小さい。
「悪魔城ドラキュラ」「ドラキュラII 呪いの封印」の2作のBGMに比べて何故か音が小さいんですよね。
ここはきちんと音の大きさを揃えて欲しかったところです。

しかしまあ、前回のバーチャ2のサントラと話が被りますけど、
この余計な効果音が入っているのといい、1トラックに数曲収録という収録の仕方といい、
「昔のサントラって、そういえばこうだったな」と懐かしくなりますね(笑)

前述のようにアレンジ版の内1曲が新規収録ではなくアーケード版悪魔城ドラキュラの
「血の涙」なのはちょっとどうかと思わなくもないですが、人気曲である
「Bloody tears」、私はこのアーケード版が一番好きなのでまあ良いかなと思っています。
PS2の「オレたちゲーセン族」での移植版にサントラ付いてましたけど、あれは収録時間が短かったので。

やっぱり悪魔城のBGMは良いですね。
価格も安いので、「悪魔城ドラキュラ」「ドラキュラII 呪いの封印」の2作だけのサントラと
考えてしまっても悪くない値段だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。