レビュー:ラブライブ!School Idol Diary(漫画版)1巻・2巻 感想

珍しく漫画の感想です。
ラブライブの劇場版の公開も近いですし、今日からローソンのキャンペーンも始まりましたね。

ラブライブ! School idol diary 01 ~穂乃果・ことり・海未~ (電撃コミックスNEXT)

新品価格
¥616から
(2015/5/5 14:57時点)

ラブライブ! School idol diary 02 ~真姫・凛・花陽~ (電撃コミックスNEXT)

新品価格
¥616から
(2015/5/5 14:58時点)

先日友人からの強い薦め(笑)で購入した漫画版のラブライブSID。ラブライブはアニメしか知らなかった人間なんですが、アニメから入った人というのは相当数いると思いますので、そういった人でこの漫画が気になっている人の参考になればと思って感想を書く事にしました。

※8/26追記
3巻(希、にこ、絵里)の感想はこちら↓
レビュー:ラブライブ!School Idol Diary(漫画版)3巻 感想

SIDの立ち位置

この漫画は小説であるSIDを漫画化したもので、電撃G’sコミックに連載らしいです。私は連載本誌の方は未読。そして小説の方についても未読なので、小説でのどの巻に収録の話であるとか、小説との差異については分かりません。

元の小説の方からしてそうらしいのですが、SIDはオムニバス形式となっています。アニメのラブライブは最初に学校が廃校になってしまうという話から始まり、穂乃果がスクールアイドルをやろうと言い出して、メンバーが増えていって・・・という物語がありますが、SIDは単発の物語のオムニバスであって、これだけ見てもそういう全体としての物語は全く見えてきません。という事で、アニメを見ていない人が見ても多分面白くないと思います。これはアニメのラブライブ見て物語や設定を知っている上で、アニメには描かれていなかった話を楽しむもの、という感じでしょうか。ラブライブに興味を持った人がいきなりこの漫画を読むというのはオススメしません。

キャラクターにクローズアップした内容

第1巻が「穂乃果・海未・ことり」第2巻が「花陽・凛・真姫」となっているように、キャラクターにフォーカスを合わせた内容となっています。だから前述のように全体の物語は見えてこない。アニメを見ていたという人でも、キャラクターに愛がそれほど無い人にはあまり面白くないでしょうね。逆にキャラを愛しているのなら、ニヤニヤ出来ます(笑)アニメではモノローグがほとんどありませんが、SIDは元が小説というだけあってか、キャラの内心の描写が多めです。

各キャラクターの相違点

前述のようにアニメを見ている事が前提で、かつキャラクターにある程度愛がある事が前提なんですが、設定がちょっとアニメを異なる部分があります。このため違和感があって受け入れられないという場合があるかもしれませんね。例えば穂乃果の一人称が「穂乃果」だったり、エリチが真姫を「マッキー」って呼んでいたり。一番アニメとの相違点が大きいのはにこで、まず穂乃果や海未をちゃん付けで呼ぶのに違和感。アニメでは「にこにー」はあくまでアイドルとしてのキャラで、(困った時にごまかすのに使う事はありましたけど)普段はそんなキャラではない。しかしSIDでは常時にこにーで、語尾に「にこ」が付きます。

若干の相違点はありますが、でもアニメと極端にキャラが違うという程ではありません。あくまでちょっと違う程度。
最も違いが大きいと言いましたが、にこもそうです。常時「にこにー」と言っても作っているキャラであるというところは変わらず、例えば1巻の最初の話でアイドルとしての写真写りについて語る時は、要所要所で素の顔が出てまして、それはやっぱりアニメのにこと変わりありません。

公式の1巻の試し読みで1話が丸々読めます。この漫画のにこはこんな感じなんです。これを許容出来る人なら多分この漫画は大丈夫。絵もアニメのそれに近い感じですし。

ことりちゃんのおやつの視点からの感想

友人からの勧めで購入したこの漫画版SIDですが、最初はちょっと買うのを躊躇いました。というのも、amazonにあった漫画や原作小説のレビューがちょっと引っかかったのですよ。
レビュー(漫画)

レビュー(小説)

レビュー(小説)

何ていうか・・・それは私の知っていることりちゃんじゃない、みたいな感じがありまして。そんなわけで不安だったのですが、実際に漫画を読んで見るとアニメのことりちゃんと大差ないです。「銭湯で穂乃果の胸を触る」くらいは別にそんな変態的でもなければ
レズっぽいわけでもなく。上記のamazonの小説の方のレビューにあるような、ちょっと変態的な部分が今後漫画の方でも描かれるのかどうかは分かりませんけどね。という事でアニメから入ったおやつな人でも大丈夫、多分。

1巻の感想など

とりあえず最初の撮影会の話、女子高じゃそりゃ人は来ないだろうと思います(笑)その辺を考えずにやってみてしまう辺りが穂乃果らしいですけど。

アニメには登場しなかった真姫ちゃんのお父さんが出てくる話が興味深い。真姫ちゃんは医者になるという将来を親に決められてしまっていますが、意外にもアニメだとアイドルをやっている事について親は否定的ではない感じでしたよね。このSIDではその辺が違っています。
アイドルに対して否定的な方が自然・・・というかアニメでは描かれていないだけで実はこういう事があったのかもな・・なんていう風にも感じたり。

2巻の感想など

真姫ちゃんが好きな人は買っておきましょう(笑)夜の学校で怖がる姿が可愛い。あとにこも。あと最後の話も良いですね。やっぱり真姫ちゃんはこんな事を思っているんだなー、とニヤニヤしてしまいました。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※関連記事

レビュー:ラブライブ!サンシャイン!!漫画版1巻 感想

レビュー:ラブライブ!School Idol Diary(漫画版) 4巻 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。