NECA(ネカ) ケルティック・プレデター vs.グリッド・エイリアン バトルダメージ 2PK 予約開始

※10/13追記
すでに発売になっています。今日届いたので近日中にレビュー予定。


ケルティックとグリッドエイリアンの2パックが予約開始です。
画像はあみあみへのリンクになっています。

かゆい所に手が届く嬉しいセット・・・のようで微妙に手が届いていないところがもどかしい。

商品仕様としては当然、プレデターシリーズ14のケルティックエイリアンシリーズ7のグリッドエイリアンのリデコ版セットという事でしょう。
ケルティックはマスクに傷が付いた状態になっている他、右胸の鎧の前半分が無い状態になっています。胸の部分はシリーズ15のエイシャント・プレデター(まだレビューしてなくてすみません)のパーツの流用でしょう。画像で見た感じ、バックパックは無くなっていますね。
グリッド・エイリアンは尻尾の先端が切れた状態になっているのみの変更でしょうか。グリッドエイリアンは頭にあの網目の傷が付く前に尻尾を切られているので、グリッド・エイリアンのフィギュアとしてはこれが正しいのですが、これまでに出たフィギュアでこれが再現されていたものはたぶん初めてではないかと思います。そうなるとシリーズ7のグリッドの存在意義が・・(笑)

こういうバリエーションを出してくれるのはNECAならではですね。ホットトイズのケルティックも傷がついたマスクは付属していましたが、鎧の前側を外した状態には出来ませんでしたよね。高価格帯のフィギュアだと、ちょっとの違いのバリエーションを別商品として出すのは厳しいでしょうし、鎧の部分は構成からして交換用パーツで付属にはし難いですよね。その点、交換用パーツを付ける発想が無く、部品流用でバリエーションをどんどん出すNECAだからこそ(笑)
切られたエイリアンの尻尾の先端が付属しているのは地味に嬉しいポイントです。別にケルティックに持たせようとは思いませんけど(笑)、尻尾を切り落とす場面をきちんと再現出来ますよね、これがあれば。

とまあ、一見かゆいところに手が届く内容のように思えるのですが、ちょっと惜しいのですよ。
それはエイリアンが「グリッド」である事。
あの場面で網目状の傷を負うのはネットで捕らえられた後、ケルティックがやられる寸前です。その場面までエイリアンはグリッドではありません。シリーズ7で既にグリッドエイリアン(尻尾の先端は無傷)が出ているのですから、足りないのは「先端が切られた尻尾」と「網目状の傷を負っていない本体」です。そうすれば組み合わせて全ての場面を再現出来るわけです。
これで今回のグリッドエイリアンの色がシリーズ7のAVPウォーリアーと同じ色であれば、組み合わせて再現可能なんですけど、現時点で画像から判断するに色はシリーズ7のグリッドと同じような青色。

非常に歯がゆい。もったいない。グリッドじゃないエイリアンがダブるのなら一向に構わないのですが、グリッドがダブっても意味が無い。
買いますけど何か釈然としないですね。色か網目のどちらかが変更になって欲しい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。