【スクフェスAC Next Stage】おでかけ♪スクールアイドルの攻略

12/6より稼動開始となったスクフェスAC Next Stage。旧スクフェスACと違い、ゲームをプレイ後にすごろくをプレイしてカードやハッピークラッカーを入手するという仕組みになりました。このすごろくの攻略です。

稼動からまだ日も浅くてよく分かっていない部分もあるのですが、プレイする際の参考になればと思います。
自分のプレイ経験から書いていますので、間違い・勘違いがある可能性がある事はご承知おきください。

とにかく表示が不親切

これは攻略というより愚痴ですが、この「おでかけ♪スクールアイドル」っていろいろと不親切。
まず分かり難いのが、マスで入手したカードなどの表示。画面の右に「カード」とか「エールポイント+5」とか表示が出るだけで、具体的に何を入手したのかは最後のリザルトで表示されます。
これが理解に苦しむ仕様。

マスに止まった時に画面の右にそんな表示を出さずに、封筒が空いてカードが出てくるのをその場で表示すれば良いでしょ。
具体的な報酬がリザルトで表示されるこの仕様のせいで、1回のプレイで複数回サイコロを振ってゴールに到達した場合にどれがゴールの報酬でどれがマスでもらった報酬なのか分かり難い。
キャラがいるマップに止まると会話の後「エールポイント+5」「エールポイント+5」って2回表示されますけど、これは使っているキャラのエールポイントが10もらえたわけではなく、使っているキャラに5ポイント、話しかけた相手のキャラに5ポイントです。だったら「エールポイント+5」「エールポイント+5」なんて表示せず「○○○のエールポイントを獲得した+5ポイント」って最初から表示すれば良い。
何でこんな無駄で分かり難い表示なのか。

特に許せないのが今所持しているクラッカーが表示されていない事
クラッカーの入手が目的の一つであるにも関わらず、今何を持っているのか表示されないなんておかしいでしょ。
特にμ’sでプレイしたりAqoursでプレイしたりしていると、どっちで何のクラッカーを持っているのかが分からなくなるので注意が必要です。ガチャを引くまではμ’sだけでプレイし続ける、Aqoursだけでプレイし続けるようというようにした方が安全ですね。

ガチャは学年透視クラッカーとユニット透視クラッカーを計3つ持った状態で引く事!!

おでかけ♪スクールアイドルの解説からは少し話が反れますが、プレイ方針の大前提としてまずこれを明言します。

以前にクラッカーの組み合わせの記事で書いているのですが、ガチャは
「レアリティ(HRとかRとかカードの種類)」のクラッカーではなく、「学年・ユニット」で絞り込むほうが圧倒的にベターです。
※以前書いた記事↓
【スクフェスAC】ガチャを引くのに効果的なハッピークラッカーの組み合わせを考える(「Next Stage」に内容修正済み)

特にμ’sなら
【透視・lily white】+【透視・1年生】+【他の学年かユニット透視のいずれか】
もしくは
【透視・Pritemps】【透視・Bibi】【透視・1年生】
がベスト。

Aqoursなら
【透視・lily white】【透視・1年生】【他の学年かユニット透視のいずれか】
もしくは
【透視・CYaRon!】【透視・AZALEA】【透視・1年生】
がベストです。
この組み合わせだと3人のキャラが1発確定、他6人も2回以内で確実に引けます。

ガチャに関しては、このクラッカーの組み合わせを狙うという前提で話を進めます。

サイコロを振る回数はビジュアルスコアで決まる

すごろくでサイコロを振る事が出来る回数は、音ゲーをプレイした時のビジュアルスコアの合計で決まります。
旧スクフェスACの時はビジュアルスコアの数値なんて気にもしていなかったのですが、ビジュアルスコアとはスキル発動時に入るボーナススコアです。

テクニカルスコアは一切関係がありません。たとえ難易度challengeでオールパーフェクトを取れるようなスゴ腕であっても、スキルカードやプロフィールカードが無ければサイコロの回数は増えません。

旧スクフェスACを稼動当初からプレイし続けている人なら、稼動時から実装されているスキルはほぼ全部レベルがMAXになっているでしょうし、プロフィールカードもそれなりに持っているかと思います。μ’sについてはよほどヘマしない限りソロプレイの2曲でサイコロの回数は3回になると思います。ヘマしても2回は確実に振れる。
一方でAqoursは何も無いまっさらな状態からスタートなので、サイコロ回数を2回以上にするのはまず無理な状態。ビジュアルスコアを上げるのに必要なスキルカードも旧スクフェスACのようにプレイするだけで毎回手に入るわけではなく、そのすごろくで入手しなければならないのだからかなり辛い。
すごろくに関してはμ’sとAqoursの格差がかなりあります。

プロフィールカードを使うのが最も手っ取り早い

プロフィールカードを2枚読ませた状態でプレイするようにするのが、サイコロ回数を増やすのに最も手っ取り早い方法です。ただスキルがあまり無い・レベルが低いプロフィールカードだとサイコロ回数2回にするのは厳しいかな?
出来れば高レベルのスキルを3つとも装備しているプロフィールカードをカード交換ボードで手に入れられれば良いのですが、稼動から日が浅い現時点ではそれも厳しい。
私は運よくスキルが3つともほぼレベルMAXのプロフィールカードを手に入れる事が出来たので、サイコロ2回は余裕になりました。

サイコロ3回振れるようになるためのスコアは30000ではなく40000です

これもこのゲームの表示の分かり難いダメな部分。
音ゲープレイ後のリザルト画面で、「10000」と書かれた円がいっぱいになるとサイコロが2個になりますよね。この時円の上の数字は「30000」に変化します。じゃあビジュアルスコアの合計が30000になればサイコロ3個になる・・と思いますよね?

違います

サイコロ3個になるためには、サイコロが2個になる10000点を達成してさらに30000点という意味なんです。
つまりビジュアルスコアの合計が40000点を越えないとサイコロ3つにはなりません。

これは本当に分かり難い、勘違いされて当然の表示。

ご当地アイテムについて

チェックポイントのマスを通過すると入手。
このアイテムはサイコロを振って出た目を+-2まで調整出来るという非常に有用なアイテム。ガチャを引く目的でクラッカーを揃えたいなら要らないクラッカーを取らされるマスに止まらないようにするために。ガチャを引くつもりが無いならクラッカーのマスを避けるために止まれるマスを調整していきましょう。
3つまでしか持つ事が出来ない上、チェックポイントのマスはそこに止まらなくても通過するだけで入手可能なので、結構頻繁に入手出来ます。あまり惜しまずにどんどん使ってしまった方が良いでしょう。

ご当地アイテムは旅のしおり(すごろくのマップ)ごとに保存されており、違う旅のしおりを選ぶとご当地アイテムは無い状態からスタートになります。ゴールまで行って、次のプレイ時にまた同じ旅のしおりを選んだ場合だとご当地アイテムは引き継げます。
※修正
ご当地アイテム所持数は常に旅のしおりごとに保存されており、使わない限りは無くなりません。ゴール前に他の旅のしおりを選択して違うマップのすごろくを始めても、前にプレイしていたマップのご当地アイテムの数は保持されたままです。

旅のしおり(すごろくのマップ)について

すごろくのマップは、デフォルトではμ’sは「アキバ」、Aqoursは「沼津駅周辺」、そしてもう1種地域によって異なるマップが開放されているという仕様のようです。この地域ごとのマップ、関東地方では「アキバ郊外」というマップが開放されています。

「アキバ」をゴールすると「海外」というマップが開放、「沼津駅周辺」をゴールすると「沼津漁港周辺」というマップが開放されます。それ以外は未確認。

途中経過はμ’s、Aqoursそれぞれ一つしか保存されない

前回プレイしていたものと違うマップを選んだ場合、前回までプレイしていたマップの途中経過は破棄されます。マップごとに途中経過が保存されているわけではなく、(家庭用ゲーム的に例えると)作成出来るセーブデータは一つだけという仕様です。

ただし誕生日イベントのすごろくマップだけは別枠で途中経過が保存されます。
何か進行中のマップがあった場合にマップを変更して誕生日イベントマップをプレイし始めても、前にプレイしていたマップの進行状況はリセットされませんし、誕生日イベントマップを進行中に他のマップを選んでも誕生日マップの進行状況は保持されたままになります。
誕生日イベントが2つ開催中の時はどうなるのかはまだ分かりません。絵里と凛、にこと穂乃果は誕生日イベントが両方とも開催中の期間があるはず。

学年透視・ユニット透視クラッカーのマスは、どちらなのかは判らない

色がブルーのクラッカーのマーク(丸いマーク)に「SELECT」と書かれたマスは、「学年透視3種の中から一つを任意で選択して入手」「ユニット透視3種の中から一つを任意で選択して入手」のどちらになるかは分かりません。

学年透視やユニット透視は、3種類の内2種類を持っていれば全ての学年もしくはユニットが判るため、3つとも持つ意味はありません。
(【透視・1年生】と【透視・3年生】を持っていたら、どちらでもないのは2年生と判別出来る。)
なので、学年透視を2つ持った状態でこのマスに止まってまた学年透視のクラッカーを選ぶ事になったら無駄なんです・・・が私の経験上、3回とも学年透視とか3回ともユニット透視だった事って無いんですよね。
3回とも同じにはならない仕様なんでしょうか?だとしたら良いのですけど。

レアリティ(カードの種類)のクラッカーのマスは、HRのクラッカーはほとんど出ない

色がグリーンのクラッカーのマーク(丸いマーク)に「SELECT」と書かれたマス。公式サイトの説明には

“レアリティがわかる予言または大予言のクラッカーがもらえるアイコン。スキル / R / HRから1つを選んでもらえます。”

とありますがウソです。

これは「スキル / R / HRから選択」と「スキル / R / MR」から選択のどちらかになります。
私の経験上、前者はほとんど出ませんので、HRのクラッカーはそうそう入手出来ません。

※大予言のクラッカーは存在自体が不明

大予言というクラッカーは一度も見た事がありません。本当に存在するのかどうかも不明です(「運命」の誤植かも?)。

レアリティのクラッカーのマスは絶対に回避しましょう!!

ガチャを引くつもりが無いならクラッカーなんて入手する必要が無いのでもちろんの事、ガチャを引く場合でもレアリティ(カードの種類)のクラッカーは持つ価値がありません。クラッカーは3つしか持てず、4つ目を入手すると強制的に一番古いものが消える仕様(捨てるものを任意で選ぶ事は出来ない)なので、ゴミクラッカーを掴まされるともう3回クラッカーを入手し直す羽目になります。

ご当地アイテムを使ってでも絶対にこのマスには止まらないようにしましょう。
せめてHRのクラッカーが確実に選択肢に出るなら、新規衣装追加時の「初回ガチャHR封入確定」の時に使えなくも無かったのですが・・。

キャラのいるマスは、足元のマスの種類を要確認

この記事の最初の愚痴で書いたように、キャラのいるマスに止まると両キャラにエールポイントが5ポイントずつ入ります。
キャラのいるマスは、足元のマスが何なのかに注意してください。キャラがいるので見難いですが、他のマスと同じようにいずれかのマスになっています。つまりキャラがいるマスは、そのマスの効果+両キャラにエールポイント+5です。
特にクラッカーを揃える目的の場合は、要らないクラッカーを取らされるマスではないかどうかを確認しましょう。

ゴールの報酬

「沼津駅周辺」と「沼津漁港」はそれぞれゴールするとゲーム内で選べるライブステージが新たに開放されますが、他のマップではステージの開放は今のところありません。
ステージ開放の他、ゴール時にはネームプレート、カード、クラッカーなどが報酬として貰えます。
ネームプレートは3回まで同じマップのゴールで違うものが手に入るみたいです。

  • 1回目のゴール:キャラのシルエットとマップ名のネームプレート
  • 2回目のゴール:キャラのシルエットとマップのシルエットとマップ名のネームプレート
  • 3回目のゴール:キャラとマップがシルエットではなくカラーで描かれたネームプレート

カードやクラッカーの報酬は不明

ゴール時にもらえるカードやクラッカーが何なのかは不明です。「マップやキャラ毎に決まっている」なのか、「何種類かのいずれか」なのか、それも初回ゴールとそれ以降で変わるのか、あるいは完全なランダムなのか・・・現時点では不明です。
私の経験だとHRだった時もあれば、スキルカードだったこともありますし、クラッカーは【運命・レアリティR】が出た事があったのは憶えています。

プレイの方針:ガチャを引くならゴールするな。ゴールするならクラッカーはあきらめろ。

ゴールすると何のクラッカーを掴まされるか分からないので、クラッカーを揃える事を目的にプレイするならゴールはしてはいけません。ゴールが近いなら、他の旅のしおりに変更してマップの頭からすごろくを始めるほうが良いです。
ガチャを引くつもりでクラッカーを揃えるのが目的なら、学年透視・ユニット透視クラッカーのマスに止まる事を狙い、それが出来ないなら次点としてカードが入手出来るマス。ランダムクラッカーマスとレアリティクラッカーマスは絶対に避けましょう。
クラッカーを3つ揃えた時点でまだサイコロの回数が残っているなら、残りは絶対にクラッカーを取らないように学年透視・ユニット透視クラッカーのマスも避けます。

ゴールを目的としている場合、マップの最初の方ならクラッカーを揃えるのを狙っても良いですが、ゴールが近付いてきたらカード入手のマスだけに切り替えた方が良いと思います。

ガチャを引くつもりが全く無いのなら、クラッカーのマスは全部避けてカード入手のマスだけを狙って止まるようにしましょう。

クラッカーを揃えるのが目的なら「沼津漁港」がオススメ

「沼津漁港」はマップの最初の方にユニット・学年クラッカーのマスが固まって配置されているので、クラッカーを揃える目的ならこのマップが一番良さそうです。

※まだ分からない事が多い

新たに分かった事があれば、今後追記修正していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。