レビュー:NECA(ネカ) ジャングルハンター マスクド・プレデター(30th アニバーサリー)


NECAの7インチアクションフィギュア プレデター30th アニバーサリーシリーズからゴートマスクジャングルハンターをレビュー。
アルティメットジャングルハンターと同じ素体を使用しており、付属品を除けばアルティメット版のゴートマスクプレデターとでも言うべきフィギュア。

商品名:プレデター{30th アニバーサリー}:ジャングルハンター マスクド・プレデター
※パッケージの英語商品名は「JUNGLE HUNTER MASKED(PROTOTYPE)」
メーカー:NECA(ネカ)
キャラクター原作:映画「プレデター」

内容


本体、バックパック、背骨付きの頭蓋骨、というシンプルな内容。
骸骨はこれまでのプレデターに何度も付属しているものと同じなので、レビューでは特に触れません。

全体

バックパックを取り付けた状態で写真を撮っています。


アルティメット枠ではないので付属品こそ少ないですが、アルティメットジャングルハンターと同じく3世代目の素体のゴートマスクプレデター。ボツになったデザインであるゴートマスクのジャングルハンターは過去にSDCC11限定品として最初の素体でフィギュア化されていますが、今回は一般商品という形で再商品化となりました。
公式の画像ではアルティメットジャングルハンターに比べてアーマーがニュートラルなグレーっぽい色だったりと、色が結構違う印象でしたが、幸いにして実際の製品はアルティメットジャングルハンターとほとんど同じ色となっています。

内容的には付属品と頭部以外はアルティメットジャングルハンターと全く同じなので、可動等についてはアルティメットジャングルハンターのレビューゴーストプレデターのレビューを参照ください。

このレビューは主に色などの比較になります。

各部

比較の前に、さらっと全体的な仕様について。

これは公式の画像でもそうですが、アルティメットジャングルハンターと同じく肌は部胴体と太ももは塗装で他が成型色となっています。全部成型色に統一されていないかな、と密かに期待したのですがそれはならず。


腰のボロ切れが成型色で透けていて質感がイマイチなのも同じです。


腕は肌が成型色ですが、下腕の手首付近だけマスキングの都合なのか肌が塗装というのも同じです。

他のフィギュアと比較

オープンマウス(30thアニバーサリー)、アルティメットジャングルハンターと比較


真ん中が同じ30thアニバーサリーシリーズのアンマスクド プレデター。右はアルティメットジャングルハンターです。
アンマスクドとこのゴートは同シリーズでの登場という事もあってか全く色は同じ。アルティメットジャングルハンターとは微妙に違うかな?という感じ。


アルティメットとの比較です。
微妙にアーマーのウォッシングの色味が違うような気もしますが、色はほぼ同じです。前述のように肌が部分的に塗装だったり成型色だったりという仕様も同じなので、付属品が少ない事を除けば「アルティメットのゴートマスク版」ですね。


アルティメットジャングルハンターのマスクド頭部は、側面と後頭部の肌の色が素顔頭部とはかなり違った色味のオレンジっぽいブラウンになっていましたが、ここの部分は今回のゴートもほぼ同じ色。


あごの辺りの肌は成型色で、ブラウンではないのもアルティメットジャングルハンターと同じですね。


バックパックはゴートの方が少しイエローっぽい色味のウォッシングになっています。

旧素体のゴートマスクと比較


かつてSDCC2011限定で第1世代の素体で発売されたゴートマスクプレデターと比較。左が旧素体。
旧素体版は肌が白っぽく、アーマーもカッパーっぽい色味は殆んど無いので、色はだいぶ違います。


頭部の形状自体は全く同じのようです。
ウォッシングの仕上げ方の違いなのか旧素体は表面がザラっとした質感なのに対し、今回の30thアニバーサリー版はほとんどスミ入れに近い仕上げ方でピカピカな印象です。
額にある焦げらしき黒い汚れは、旧素体では被弾跡なのか凹んでいる傷のようなモールドを中心に付いていましたが、30th版は位置がずれています。これは旧素体の位置が正しいと思います。
そしてこの焦げ、アルティメットジャングルハンターのそれもそうでしたが輪郭がくっきりし過ぎていていかにも「印刷しました」な感じなのが残念。(旧素体は逆に肩周りの焦げの仕上げが残念でしたけど。)

総評

頭部と付属品が少ない以外はアルティメットジャングルハンターと同じですので、肌が部分によって塗装だったり成型色だったりする仕様は残念ですが、造形はもちろんしっかりと可動。旧素体のゴートは今となっては入手困難ですし、現行の素体での再登場は嬉しいところ。
幸いにして色はアルティメットジャングルハンターとほぼ同じなので、万が一壊れた場合のための予備の本体と考えても良いでしょう。アルティメットジャングルハンターを2つ買うくらいなら、頭部が違うこちらを買う方が良いと思います。

以上、30thアニバーサリーのゴートマスクプレデターのレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。