レビュー:NOZOMI~それは僕たちの奇跡~(セガプライズ ラブライブ!プレミアムフィギュア 東條希)


先月末に登場となったプライズののんちゃんをレビューします。TVアニメ2期OP「それは僕たちの奇跡」の衣装でフィギュア化。
相変わらずプライズながら高いクオリティとボリューム。そして前回の穂乃果よりも商品仕様的に地味にクオリティが上がっています。

商品名:ラブライブ!プレミアムフィギュア「NOZOMI~それは僕達の奇跡~」
キャラクター原作:アニメ「ラブライブ!」
メーカー:セガ

全体


まず最初におことわりしておかなければいけない事があります。画像は紫色がうまく出ていません。
カメラの設定が良くないのか、あるいはこのカメラの限界なのか、どうやっても髪の紫色がうまく写らない。画像では髪や花の髪飾りが青く見えますが、実物はちゃんと紫色なので安心してください。紫色ってどうやればきちんと写真が撮れるのでしょう?

今回はツヤ消し処理がされています


穂乃果に比べてクオリティが上がったポイントその1。
肌はもちろんとして、服のベージュ色部分と白い部分のほとんどは成型色となっていますが、今回の希はこれらにツヤ消しクリアが吹かれており質感が向上しています。ベージュは画像だと結構透けてる感がありますが、実物はそこまでではないです。
白い部分は一部塗装となっているのは今回も同じですが、成型色部分もツヤ消しになったおかげで塗装部分との質感の差がかなり少なくなって気にならなくなっています。白い部分は、上の画像ですと首周りと袖だけは成型色で他は塗装。

穂乃果や絵里と並べて


あれ?希ってもう少し大きくない?
そう最初は思ったのですが、希の身長は159cmで、穂乃果とは2cmしか違いませんのでこれで正しいのだと思います。むしろエリチがちょっと小さいのかな?

各部


顔は実に良く似てます。「にひっ」とした笑い方が実に希らしい。


髪飾りは薄っすらとシャドウが入っており、造形もシャープ。こういうふわっとしたものの質感はフィギュアでの表現が難しい部分ではありますが、うまくやっていると思います。


髪はやはりグラデーション塗装になっており、塗装も綺麗。


これは個体差もあるかもしれませんが、縛っているすぐ上の部分は、ちょっとシャドウの色が残りすぎな感じです。かなり黒に近い色の上から紫を吹いてグラデーションにしているみたいですね。


PVC製ながら髪先もシャープな造形。本当、プライズものもここまでやるのだからスゴイ。


クオリティが上がったポイントその2。
2段になっているベージュのスカートはそれぞれ別パーツになっており、上のスカートの中が埋まっておらずにちゃんと空いています。全員微妙に衣装が違いますけど、真姫ちゃんも2段スカート。真姫ちゃんはスカートが2段とも一体成型で、上のスカートの中が埋まってしまっているのが残念でしたが、希では改善されています。
もっとも、ポーズというかスカートの翻り方の都合そもそも一体に出来なかったという事かもしれませんが。

スカートのフチは今回もきちんと薄くシャープに造形されています。


ちょっと残念なポイント。画像のオレンジの楕円で示したように、スカートの赤いラインは一部印刷が切れてしまっています。これはエリチやかよちん、真姫ちゃんでもそうでした。おそらく、角度が急だったり深かったりする掘りには印刷が不可能なんだろうと思います。こだわる人は自分で塗り足してやると良いでしょう。


もう一つスカートで残念なポイント。白スカートは楕円で示した部分だけ塗装となっていて、成型色であるスカート本体と質感が違ってしまっています。前述の通りツヤ消し処理がなされているためにこのスカート以外の部分は塗装と成型色での質感の差が少なくなったものの、白スカートは下の黒スカートの色が透けて見える都合、塗装部分との質感の差に違和感を感じてしまいます。
穂乃果のレビューで書いた通り、この白スカートが成型色のために下の黒が微妙に透ける事自体は良いと思うのですが、この一部分だけ白が塗装なのがクセモノなんですよね。ここも分割して成型色だったら良いのですが・・・多分無理。この白が塗装になるか、2段スカートの上だけベージュが塗装になるかの2択でしょう。


その白塗装部分のすぐ上、ジャケットの下から僅かに覗くお腹の部分。ここの黒ラインは他のキャラでは印刷でしたが、今回の希ではスジ彫りにスミ入れとなっています。エリチでここの印刷が下のスカートまではみ出してしまっているのをいくつかゲーセンのディスプイレイで見た事があるのですが、スジ彫りにスミ入れならそういう事態はまず無いだろうと思います。


タイツ部分はかよちん同様、成型色で色分けされています。


クオリティが上がったポイントその3。
足の裏の余白部分とでも言えば良いでしょうか?ここが台座と一体になりました。


この画像は真姫ちゃん。
足裏の余白は足首と一体成型のため、余白を無しにする事が不可能でした。余白の色は塗装なので台座とは質感が異なり、浮いてしまっています。


次は穂乃果。
穂乃果はこの余白部分のパーツ自体は脚と別のようで、その気になれば余白を外す事が出来なくはなさそう。しかし余白の色は塗装のため台座と違っており、見た目が浮いてしまっていました。


そして希。
台座と余白が一体成型なので浮いた感じがありません。そしてフィギュア本体と余白は別なので、台座だけ自作すれば余白無しの状態にも出来ます。(右足はつま先だけでなくもう1本ピンがあるのでこれを切りおとしてやる必要はありますが)
まあそんな事やると重みで足首が曲がって傾いてきてしまうと思いますので結局この台座で飾るのですけど(笑)、私はそういう余計なものが付くのが嫌いなので、こうやって余白がフィギュアと別になっているとちょっと嬉しいんですよ。


その台座ですが微妙に残念な部分が。
画像は穂乃果や真姫ちゃんと並べたもの。見てお分かりかと思いますが色が違うのです。冒頭で述べたとおり画像は紫がきちんと出ないので水色っぽく写っていますが、実際は紫がかった白となっています。
希のイメージカラーは紫ですから台座が紫っぽいのは単品で見た場合はアリですけど、今まで台座の色が同じで来ていたのにここでいきなり変えて欲しくないですよね。最初のエリチから全員微妙に違っているのなら問題無いのですけど。

※9/6追記
にこも台座の色は同じです。

総評

相変わらずプライズなのに良く出来ています。造形は言うに及ばず。塗装と成型色で質感が異なってしまっている部分は残念なんですが、プライズものという限られたコストの中で最大限良いものを作ろう!という開発者の情熱を本当に感じますし、ツヤ消し処理や台座の余白など、地味に前回の穂乃果より改善されているのも素晴らしい。
つまり最後に出ることりちゃんが最高のクオリティになるんですね・・・・いやそんなに極端に変わるわけないですけど(笑)

冗談はさておき、毎月1体ずつリリースされて、比較的短期間で9人全員揃いますし、プライズものなのでともすると安価で手に入るので全員揃えやすいのも良いところ。

以上、セガプライズの「それは僕たちの奇跡」ののんたんのレビューでした。

※関連記事

レビュー:figma 東條希

レビュー:東條希-SUNNY DAY SONG セガプライズ ラブライブSPM(スーパープレミアム)フィギュア

レビュー:東條 希~Snow Halation~セガプライズ ラブライブSPM(スーパープレミアム)フィギュア

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。