レビュー:PUIPUIモルカー コロコロフレンズ2


1/10発売のバンダイの食玩、PUIPUIモルカー コロコロフレンズ第2弾の7種をレビュー。

  • 商品名:PUIPUIモルカー コロコロフレンズ2
  • メーカー:バンダイスピリッツ
  • キャラクター原作:PUI PUI モルカー

PUI PUI モルカー コロコロフレンズ2
バンダイスピリッツ

ラインナップは

  1. ポテト(お姉さんver.)
  2. ゾンビシロモ
  3. DJモルカー
  4. トレジャーモルカー
  5. ウェディングモルカー
  6. 武装テディ
  7. 寿司モルカー(エビ)

の7種類。ブラインドではなく中身を選んで買えます。
商品発表当初はポストモルカーがラインナップに入っていて8種だったのですが、何故か後に変更されてポストモルカーは無くなりました。第3弾があったら入れて欲しいな・・。

全種共通の仕様


前の第1弾と同じですが、プラスチック製のシャーシーにソフビ製のボディが乗っているという構造。パッケージに使われている画像では全部塗装のような質感ですが、実際は違うというのも1弾と同じ。

シャーシーはプラ製で成形色のまま。シャーシーは第1弾も含めて全て同じ形状で成形色が違うのみ。なので乗せ換えてタイヤの色を変えてしまう事が一応可能です。

ボディは第1弾同様にソフビの1発抜き。
今回はDJモルカー、トレジャーモルカー、武装テディといった体に何か結構大きなものを身に付けているモルカーがラインナップされているので、さすがに付けているものは別パーツで作られているのかな?と予想していたのが違いました。

ポテト(お姉さんver.)

12話「Let’sモルカーパーティー」でシロモに吹き飛ばされたお姉さんがポテトの上に乗った姿。


お姉さんも一体で成形されています。ともすればお姉さんの後頭部は不自然に後ろに伸びてポテトと繋がっていそうですが、そうはなっていません。繋がってしまっている部分は後ろ髪って事で納得出来る程度でしょう。
軟質ソフビなんで柔らかさを利用して強引に型から外せるからでしょうね。

お姉さんの塗り分けや、布団の模様の印刷もとても綺麗です。

1弾のポテトと並べて


大きさはパッと見は同じで、そのまま上にお姉さんが乗っているという感じなんですが、実はちょっと違います。
僅かに1弾に比べて縦に長いです。後ろから見ると特に分かりやすいかと思います。耳の角度も違いますね。

あと全体のモコモコした表現が1弾に比べて少し激しくなっています。特に前面の窓ガラスが顕著です。
本体は白が成型色で他は塗装。これは1弾のポテトと同じで、白の成形色も全く同じのようです。
ただ、それ以外の部分の色は微妙に1弾と異なっています。オレンジは少し色が濃い目。窓のピンクは1弾に比べて青みが少ないピンク。
そしてシャーシーのピンクの成形色はパッと見て分かるほどに今回の方が色が濃いです。

ゾンビシロモ


本体のグリーンが成型色で他が塗装。


グリーンとピンクの境目はスジ彫りではなく、ピンク部分はかなり膨らんだ造形。


あちこちの小さな丸いボツボツも、劇中のぬいぐるみは薄いフェルトを貼っただけだったのに対し、このフィギュアは丸くブツブツになっています。劇中のぬいぐるみよりも立体的な造形です。

鳴き笛入り

パッケージに「ゾンビシロモ(鳴き笛入り)※つよくつまむと鳴きます」と表記されています。
で、つまんでみると・・・空気の出る音がするだけ(笑)

ちなみには中身はどう違うのかというと・・・・

ゾンビシロモだけシャーシーの軸の穴の中に白い格子上のパーツが入っています。これでボディをつまんだ時に空気が噴出して当たって音が出るのでしょう。空気の音しかしませんけど(笑)

DJモルカー


スピーカーにヘッドフォンと、身に付けているものが大きいので全モルカーの中でも商品化が難しそう。それだけにこの商品が発表されてラインナップに入っているのを見た時は驚きました。

本体は紫が成型色で他は塗装になっています。


冒頭にも書きましたがスピーカーもヘッドフォンも本体と一体のまさかの一発抜き。それだけにスピーカーはやや小さめで本体にめり込んでいる造形ですし、ヘッドフォンも頭頂部との間に隙間がありません。
でもソフビながらなかなかのシャープさで、モルカー本体との質感の違いが良くでており、十二分に雰囲気良く出来ています。
塗り分けも細かく、かなり綺麗です。


スピーカーがあるために後ろが他のモルカーより重いので、ウイリー状態で自立出来ます。こうなると丁度良いサイズのDJブースが欲しくなりますね。

トレジャーモルカー


これも商品化が難しそうなモルカーの1台(1匹?)
ぬいぐるみ以外だと髪の毛が鬼門だと思っていたので、これも商品発表時には驚きました。

本体はブラウンが成型色でそれ以外は塗装。


髪の造形は雰囲気良いのですが、色がちょっとドギツイというかメタリック過ぎる感じがします。劇中のぬいぐるみの毛の感じを出したかったのでしょうけど、もう少し薄い感じが良かったかと。


金のニンジンを咥えています。パクっと咥えている造形が可愛い。


お尻の金のタイヤも本体と一体成型ですが、本体との際の部分が不自然になっていなくてバッチリ。

ウェディングモルカー


本体は白が成型色で他が塗装。


顔やお尻についているバラの造形が良く出来ています。本体と一体成型なのでバラやリボンの側面がちょっと不自然ではありますが、質感のある造形です。


顔が他のモルカーに比べて若干平べったいです。
左右のバラと顔の際の不自然さを減らすためにやむなくこうしたのかな、とも思うのですが、劇中のウェディングモルカーもちょっと平べったい感じの顔つきなのであえてそうしているのかも。

武装テディ


これは流石に一体成型じゃないだろう・・と思っていたのですがこれも一発抜きなんです。


一体なのでガトリング砲とテディの頭頂部の間に隙間はなく繋がっており、特に銃身の下には不自然な出っ張りが付いてしまっています。


しかし一体成型ながらガトリング砲のディテールはきちんと立体的。銃口も結構深く凹みモールドになっています。細かい部分は省略されているものの、形状は劇中のそれ(コトブキヤのM.S.Gシリーズのガトリングガン)に忠実な形状。


ソフビなのでトゲ付きバンパーは流石に劇中のようなトゲの長さ・細さにはなっていません。ガトリング砲やお尻のメカもそうですが、このくらいの方がむしろ可愛らしくてまとまりが良い気がします。


一体成型なので、バンパーとテディの顔の間が埋まってしまっているのが残念。ここだけでも別パーツで作って欲しかったな。


お尻のメカ。マフラーは3本のパイプの間が繋がってしまっています。


メカ部分とテディ本体との繋がりは不自然にはなっていませんね。

第1弾の普通のテディと比較


パッと見は同じ大きさですが、やはりテディも今回の方が気持ち少し上下に長いです。あと耳の造形も結構違う。
本体の色・窓の色は共に1弾に比べると薄いです。
写真だと違いが写りませんでしたが、逆にシャーシは2弾の方がやや赤みが強いです。

寿司モルカー(エビ)


劇中での出番は少ないものの、無駄にインパクトのあるモルカー。
本体の白が成型色でそれ以外は塗装になっています。


特徴的なボコボコした毛並みもきちんと造形されています。部分的に凹凸が甘くなることなく、全体がきちんと綺麗にボコボコと立体的。劇中のぬいぐるみと違って毛ではないので、余計にお米っぽく見えますね(笑)


エビは側面が真っすぐにならずにきちんとくぼんでいますし、尻尾はこれだけモルカー本体から飛び出ているにも関わらず、やっぱり本体と一体成型。
軟質だとここまで尻尾が飛び出ていても金型から抜けるんですね。

総評

造形(特にプロポーション)とラインナップの両方において、現在世に出ているモルカーの立体物の中では一番の出来栄えだと思います。
これは第1弾の時点で思っていた事なんですが、顔の形状や全体のフォルムが圧倒的に似ていると思います。劇中のぬいぐるみと違って脚が回転するタイヤになってしまっているにも関わらず。劇中のぬいぐるみはフェルトの手作りだけに個体ごとに顔つきも微妙な違いがあり、コロコロフレンズもそこまでは再現出来ていませんけど、でも圧倒的に他の商品よりも似てます。

そして今回の2弾では、他の商品ではあまり商品化されない・商品化が難しいキャラクターがラインナップされているのが嬉しい。実際、DJモルカーとトレジャーモルカーは現時点で他の立体物での商品化発表は1度もありません。
DJモルカーのスピーカーやテディの武装は劇中に比べて少し小さめになってしまっていますけど、でもまとまりが良いんですよね。本当は劇中の大きさにしたいけど・・という妥協をしてはいるのでしょうが、ただ妥協するのではなくこだわって作っている感じがします。
絶対、モルカーが好きな人が開発していると思う。

しいて残念な点を挙げると、テディの顔とバンパーの間が埋まってしまっているところ。ここは別パーツで作って欲しかったですが、本体は軟質ソフビなんでパーツを接着して組み立てるというのは難しいのかもしれません。シャーシの棒を穴に差して組み立てるくらいが限度なのかも。

あとポテト。こう言っては何ですが、そこまでしてポテトをもう一度ラインナップに入れる必要があるだろうか?と疑問に思います。確かに、「PUIPUIモルカー」という作品の顔だとは思いますよポテト。
でもお姉さんが乗っているだけ、というのは別アイテムとして再度ラインナップするには微妙だと感じます。1弾の存在を知らなかった人が作品の顔であるポテトだけ買おうと思っても、お姉さんが頭の上に乗っているのじゃなくて普通のが欲しいのではないかと。
お姉さんは別パーツでポテトに付属が良かったと思うんですよ。頭上に固定する必要は無い。その方が遊べるし、1弾でポテト買ってない人にも良いし。まあ、多分シャーシ以外は1発抜きの1パーツでないといけない制約があるのだろうとは察しますが・・。

第3弾があると良いな

発表当初はラインナップにあったのに後から無しになったポストモルカーも欲しいですし、DJモルカーとトレジャーモルカーまで出したのだからタイムモルカーが欲しい。残りは本当にモブキャラばっかりになってしまうでしょうけど、次があると良いな。

以上、モルカーコロコロフレンズ2のレビューでした。

PUI PUI モルカー コロコロフレンズ2
バンダイスピリッツ

※各通販サイトについてはこちらで解説しています⇒通販サイト 比較とおすすめ【フィギュアの買い方】

※関連記事

レビュー:もちころりん PUI PUI モルカー vol.1

レビュー:ぶるぶるず PUIPUIモルカー テディ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。