レビュー:NECA (ネカ) エイリアン シリーズ1 その1(ヒックス ハドソン)

RIMG1993
先日発売になったNECAの7インチアクションフィギュア「エイリアン2 シリーズ1」をレビュー。

ヒックス、ハドソン、ゼノモーフウォーリア(エイリアンウォーリア)の3種なんですが、先にこの2体をレビューします。(ゼノモーフウォーリアのレビューはこちら↓
NECA (ネカ) エイリアン2シリーズ1 ゼノモーフウォーリア(エイリアンウォーリア)レビュー)

可動がイマイチな事の多い海外メーカー製品ながら、十二分に良く可動し、顔も劇中で演じたマイケル・ビーンやビル・パクストンになかなか似ていると思います。

商品名:エイリアン 7インチアクションフィギュア シリーズ1
「CORPORAL DWAYNE HICKS(ドウェイン・ヒックス伍長)」
「PRIVATE WILLIAM HUDSON(ウィリアム・ハドソン上等兵)」
メーカー:ネカ(NECA)
キャラクター原作:映画「エイリアン2」

CORPORAL DWAYNE HICKS(ドウェイン・ヒックス伍長)

内容

RIMG1889
本体、ショットガンとそのホルスター、パルスライフル。
ヘルメットは付属していません。後に発売されたダメージ版ウォーリアーとの2パックのヒックスはヘルメットが付いています。

RIMG1897

RIMG1901

本体

まず残念なのが、肌が塗装である事。発売前にNECAのツイッター等で無塗装のサンプル写真がアップされていましたが、頭部や腕は肌色の成型色だったので、てっきり製品でも肌は成型色かと思いきや違いました。
最近のNECAのフィギュアは肌が成型色仕上げのフィギュアが多くなってきていたので、成型色の透明感が人の肌の表現に良いという事が外人さんにも分かったのかな、と思っていましたが違ったようです。単に塗装の工程の問題とかコストの問題で肌を成型色にしたフィギュアがたまたま続いただけだったんでしょうか?

そのくせ困った事に、太もものパーツの緑がかったグレーのみ成型色という仕様。同じ色なのに膝から下と腰周りは塗装になってます。肌の方を成型色のままにすればいいのに・・。
向こうの人には、質感を生かすとか、質感が違っていると気になるとか、そういう感性が無いんでしょうかね?(そんな事は無いと思うのですが・・。)

写真撮っていなくて恐縮ですが、私のハドソン、肘関節近くの塗装がちょっと剥げてまして、成型色は肌色でした(苦笑)

RIMG1983

RIMG1989
先日レビューしたシュワルツェネッガーほどではないですが、
なかなかマイケル・ビーンに似ているとは思います。
目の塗装もシュワ同様に黒目のふちや瞳孔が塗り分けられています。

胴体

RIMG1958

RIMG1963
装甲のマーキングも再現されてます。
背中に「愛」って書いてあるんですね、ヒックスって。

背中に空いている穴は、ハドソンだとカメラとライトのユニットを取り付けるためのものなのですが、ヒックスにはこれが付いていません。

可動範囲

RIMG1905
肩はここまで・・かと思いきや、写真撮った後に気が付いたのですが実はもう少し上まで、90度近くまで上がりました。肩の装甲は軟質樹脂で無理がきくので、肩を回転させて腕を上に向ける際にあまり妨げにはならないです。

RIMG1906

RIMG1912
全然肘が曲がらなそうに見えますよね?私も開封してこの肘を見た時、「えっ!?これじゃ動かないだろ」と焦りました。

RIMG1914
下腕が肘関節のところで回転するようになっており、90度回転させる事で画像のように曲げる事ができます。あー良かった。

RIMG1915
このようにパルスライフルも両手で構えられます。ただ、肘は90度くらいまでしか曲がらないので、構え方が限定されてしまうのが残念なところ。もっと深く曲がればポージングの幅が広がってなお良いのですが。

腰の可動

RIMG1918

RIMG1920
前後の可動
装甲を身に纏っている都合、そんなに深くは曲げられないですが、まあ充分でしょう。

RIMG1921
横方向への可動
意外とよく曲がります。

脚部

RIMG1903
股関節はこんな構造。
先日レビューしたシュワルツェネッガーやプレデター等と同じ、最近のNECAでは標準的な構造。リボルバージョイントみたいなヤツです。
プレデターもそうですが、腰周りに装甲があるので関節が目立たず、見た目を損ねていないのが良いところ。

RIMG1939
左右にここまで開脚可能。

足首

RIMG1957
内側にここまで動きます。

RIMG1943

RIMG1945
後ろ方向にはあまり動きませんが、前方向には結構動きます。

RIMG1954
つま先も可動します。
個体差もあるかもしれませんが、足首の関節が緩く、立たせておいてしばらく経ったら倒れてしまう事がしばしば。(ハドソンも同様)足首の関節はダブルボールジョイントになってます。

RIMG1936
足を前に出すのと膝を曲げるのはこのぐらいが限界。充分な可動範囲です。

総じて、脚部の可動は優秀です。
RIMG1992

頭部の可動

RIMG1929

RIMG1932

RIMG1925
前後、左右共によく動きます。

付属品

パルスライフル

RIMG1967

RIMG1969
エイリアン2と言えば思い浮かぶ装備の一つ。
銃本体だけでなく、ベルトというかスリングも再現されてます。

ショットガンとホルスター

RIMG1971

RIMG1974
「接近戦ではこれが一番」とヒックスが豪語する旧式のショットガン「イサカM37」。

RIMG1981
もちろんホルスターに納めて肩に掛けられます。
ただ一つ注意点が。
このホルスターのベルトは短く、ちょっと強引に腕や頭を通さなくてはなりません。この為、何度も付け外しを繰り返すとベルトがちぎれる恐れがあります。(実際、私のはちぎれかけてます。)
肩に掛ける際はホルスターをお湯やドライヤーで温めるようにし、あまり付け外しはしない方が無難だと思います。

溶接機

altuika
本体の腰に最初から付いているこれは溶接機で、取り外して持たせる事が可能。

altuika3
これは溶接機なんですね。劇中でも扉を溶接するのに使っていました。

altuika2
手に持たせられます。

PRIVATE WILLIAM HUDSON(ウィリアム・ハドソン上等兵)

内容

RIMG2000
本体、モーショントラッカー、カメラとライトのユニット、パルスライフル。
ハドソンもヘルメットは付いていません。
やっぱりハドソンもダメージver.のエイリアンとの2体セットではヘルメットが付いてます。

本体

RIMG2002

RIMG2005
本体は基本的にヒックスと同じです。
造形が異なるのは頭部と腕のみ。可動範囲も同じです。
RIMG2491

RIMG2498

RIMG2483

RIMG2487
造形は同じですが、ボディの装甲はマーキングが異なります。

頭部

RIMG2502

RIMG2509
発売前から思ってはいましたが、表情のチョイスがいいですね。
思いっきりビビッている感じが。

付属品

パルスライフルと溶接機はヒックスと同じなので省略。

カメラとライトのユニット

RIMG2517

RIMG2526

背中の穴に差し込んで取り付けます。
RIMG2546

モーショントラッカー

RIMG2531

RIMG2536
動いている物体を探知するレーダー。これもエイリアン2で印象的な装備の一つです。

RIMG2539
レーダーの画面も再現されてます。思いっきりずれてますけど(笑)、見たところシールのようなので慎重にはがして貼り直すと良いかな、と思います。

RIMG2557
ベルトで肩に掛けて、手に持たせた状態。これのベルトは充分に長いので、ちぎれる心配はまず無さそうですね。

総評

肌の塗装と腕の可動範囲はやや残念ですが、それ以外は良くできてます。塗装も造形も細かいし、可動範囲も日本のメーカーのアクションフィギュアにそれ程見劣りしないデキ。これが2千円ちょっとで買えるのは安いかな、と思いますね。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。