レビュー:figFIX 星空凛 チアガールver.(ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル)


昨日メーカー出荷となったigfixの凛ちゃんのレビューです。「タカラモノズ」衣装での立体化。
グッスマオンライン予約なので特典の表情パーツ付きとなっています。

商品名:figFIX 星空凛 チアガールver.
メーカー:マックスファクトリー/グッドスマイルカンパニー
キャラクター原作:ゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」

内容


固定フィギュアのfigfixなので付属品は基本的にfigmaスタンドのみで、スタンド無しでの自立は無理です。グッスマオンライン予約で購入したので特典の表情パーツ「ウインク顔」が付いています。

全体


公式の画像と比べて変更された点は特に見当たりません。

figfixのラブライブは原作キャラ紹介の順番に商品化なので凛ちゃんは5番目・・・のはずだったのですが、同時に予約開始になって同月発売予定だったfigfixの海未ちゃんが10月に延期になってしまったため、凛ちゃんが4番目の登場となってしまいました。

他のフィギュアと並べて

他のラブライブのfigfixと並べて


高坂穂乃果絢瀬絵里南ことり、そして後発の園田海未
東條希西木野真姫と並べて。
人数が揃ってくるとカラフルで賑やか。

figma 星空凛と並べて


figmaの星空凛と並べるとこんな感じ。
もちろん同サイズで、髪の色も全く同じですね。表情パーツの互換については後述。

各部


ヘッドセットはツヤ有りで質感の違いが出ているのはこれまでのfigfixのμ’sメンバーと同じ。そのヘッドセットの白い☆のマークの印刷は、他メンバーよりも透けておらずきちんと発色しています。


表情はやや左目線でニっと笑った笑顔。一般販売版は表情はこれ1種のみです。

ウインク顔(グッドスマイルオンライン予約特典)


グッスマオンラインで予約すると付属する特典パーツです。例によって「タカラモノズ」のCDジャケットイラストの表情が元になっているはずなんですが、元イラストとは違って目線は左ではなく正面。


figmaにもウインク顔はありましたが目線の向きが違い、左目線でした。ジャケット絵のまんまだとこのfigmaのウインクと完全に被ってしまうので、figfixのこの特典顔はあえてジャケット絵とは目線を変えてくれたのかも。


figmaのウインク顔をウインク無しにしたのがfigfixの標準の顔という感じがしますね。

表情パーツの互換

figmaの凛ちゃんとfigfixとで表情パーツは相互に使う事が可能です。

figmaにfigifixの標準顔を付けるとこんな感じです。


逆にfigmaの表情をfigfixに取り付ける事も可能。これはfigmaの通常顔(口開け笑顔)を取り付けた状態。


figmaの>_<顔を取り付け。固定ポーズとは言っても穂乃果と違って首に極端な角度が付いていないポーズなので、どの目線の表情でも使えます。固定ポーズフィギュアのfigfixですが、表情が違うとちょっと違う趣になりますね。 とは言え、固定のfigfixではなく素直にfigmaで出して欲しかったと私は思いますが・・・。
ポンポンはメタリック仕上げ。


ポンポンが前に突き出した勢いで後ろになびいているポーズなので、左手はスッポリと隠れています。


腕のイエローのラインや☆マークは、濃いブルーの上からの印刷なので色がくすんでしまっていますね。


細かな模様や文字の多い衣装ですが、相変わらずきちんと塗り分けや印刷で再現されています。腋やお腹も適度にリアルに肉体が造形されています。


スカートも派手な模様の多い箇所。こちらも塗り分けは相変わらず綺麗。画像ではほぼ分からないかと思いますが、グリーンの上からイエローなので部分的にほんの僅かの色のくすみ(透け)はありますが、よほど近付いて見ないと分からないレベルで、充分な鮮やかさだと思います。


これも画像ではほぼ分からないと思いますが、腰の小さなフリル状の部分と、上半身のホワイトの部分(赤い矢印で示した部分)はグリーンの上から塗装されているためなのか、スカートのフリルのホワイトに比べると若干色がくすんでいます。

腰のリボンはオレンジとブルーとイエローの3色という、本当にリボンを結んでいるとしたらありえなさそうな配色。これは結んだリボンの形に作られている飾りという事なんでしょうね。


脚はパーティングラインの処理がされてはいますが、ラインで微妙に段差(というかヒケかな)があるので薄っすらと残ってしまっています。スカートの下は他メンバーと同じくスパッツ。色はホワイトです。


靴もホワイトのラインはちょっとくすんでいます。ローラーブレード部分はプラスチック製であろう事を意識してツヤ有り仕上げなのもこれまで通りです。

総評

最初の穂乃果から毎回書いている事ですが、出来は良いですし塗り分けや印刷が多い衣装なのは確か。でもやっぱり高いよね、と感じます。そしてやっぱり固定のfigifixではなく素直にfigmaで出して欲しかった。うん。
グッスマ特典の顔はfigmaのウインク顔とはちょっと違う目線になっていますが、別にCDジャケットの絵にこだわらなくても良いんじゃないかという感はあります。いっそfigifixのこのポーズには合わないような表情でも良いと思うんですよね、一般販売には付かないのだし。「figfixで表情が2種交換できる」というよりも「figmaの表情パーツがもう1種増える」という感覚で特典パーツを欲しがる人の方が多いのではないかと私は思います。

しかしまあ、μ’sの商品化が続いてくれるのは嬉しいです。アーケードでスクフェスACも稼動していますし、先日発表されたスマホ向けのスクフェスオールスターズもμ’sは続投してくれるようですから、メインストリームは「ラブライブサンシャイン」のAqoursだとしてもμ’sの商品化がもうちょっと増えてくれたらいいな、なんて思います。

以上、figfixの凛ちゃんのレビューでした。

※関連記事

レビュー:星空凛-SUNNY DAY SONG セガプライズ ラブライブSPM(スーパープレミアム)フィギュア

レビュー:S.H.フィギュアーツ 星空 凛【僕らは今のなかで】(ラブライブ!) 魂ウェブ限定品

レビュー:RIN~それは僕たちの奇跡~(セガプライズ ラブライブ!プレミアムフィギュア 星空凛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。