レビュー:figma 黒澤ダイヤ(ラブライブ!サンシャイン!!)


figmaのダイヤさんをレビュー。Aqoursのfigma4体目。


商品名:figma 黒澤ダイヤ
メーカー:マックスファクトリー/グッドスマイルカンパニー
キャラクター原作:アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」

当初の予定通りの10月内にギリギリで発売になりました。おそらく偶然だとは思いますが、アニメ2期4話「ダイヤさんと呼ばないで」が放映されたばかりなのでタイムリー・・・だったのですが、私が体調を崩してしまってレビューが遅れました。(ブッブーですわ)

内容


本体、表情パーツ2種、ポンポン、鞄、発電機、扇子、裸足状態の脚部パーツ、手首パーツ一式となっています。

本体


公式の画像と比べて変更された部分は特に見受けられません。このサイズではとてつもなく小さな点に過ぎない大きさになりますが、ダイヤの特徴であるホクロもきちんと印刷されています。
基本的な構造はこれまでに発売された他のAqoursのメンバーと同じで至って標準的なfigmaの構造です。可動については千歌のレビューを参照ください。

Aqoursメンバーと並べて


figmaの高海千歌、桜内梨子松浦果南と並べて。
設定では果南とダイヤは同じ162cm。figmaでもこの2人はほぼ同じ身長です。ただ、果南が梨子ちゃんより背が高いはずなのにfigmaでは果南の方がやや低かった。なのでダイヤさんも梨子ちゃんより背が低くなってしまっています。

各部


通常顔。


歌い顔。口を開けた笑顔ですね。「○○ですわ」って声が聞こえてきそう。


叫び顔。
1期の9話で善子にコブラツイストされている時の表情が元になっていると思われます。


怒っている・イヤがっているなど、結構いろいろ使えそうな顔ですね。


ロングヘアですが後ろ髪に可動は無し。これはμ’sのことりちゃん、海未ちゃんから続くラブライブのfigmaのロングヘアの共通の仕様というところ。

ただダイヤの髪は毛先が平らに揃っている髪型で丸で示した辺りまでは厚みが薄いです。さほど柔らかい材質ではないとは言えPVCなのでそれなりに柔軟性はありますので、他のラブライブのfigmaのロングヘアに比べると破損の心配は低そう。
とは言っても、無可動のロングヘアなのでやはり後方への可動範囲は狭まってしまっています。


さらに果南と同じくダイヤももみあげが長い髪形。で、やっぱりダイヤもここはエリチのような軟質素材ではありません。


フニャフニャに柔らかいわけではないとは言えPVCですし、もみあげ部分は厚みも無いので曲げられる事は曲げられます。でもやっぱり動かし難いですし、柔らかくないので何も考えずに動かしていると襟と擦れて塗装が剥げるとも限りません。頭を動かす際はもみあげを指で曲げながら行う、あるいは一旦前髪パーツを外してから動かして後から前髪を付け直すなど、気を使った方が良さそうです。


ダイヤは左右とももみあげの上に髪留めを着けているのですから、もみあげだけ軟質パーツにしても合わせ目が出ないで出来そうだと思うんですけどね。果南は合わせ目が出るかどうかの見た目の問題がありますが、ダイヤはここを軟質にすべきだと感じます。


頭部以外のパーツは他のメンバーと同じパーツのような・・微妙に違う部分もあるような。スカートは千歌や果南と同じです。(現時点では梨子ちゃんだけスカートが長い。)
ただ胴体だけはこれまでの3人と明らかに違います。


果南と比較。ダイヤは胸の大きさが小さいです。公式設定では果南のバストは83cm、ダイヤは80cm。


ところが同じバスト80cmの梨子ちゃんと比較すると・・・梨子ちゃんの方が大きいと言いますか梨子ちゃんは胴体が果南や千歌と同じみたいなんですよね。本当は梨子ちゃんもダイヤと同じ胴体にすべきなんです。
やっぱりfigmaのAqoursはμ’sに比べて体型に関していい加減な感じがします。


上腕は袖との間で回転可動があったり、スカートは真ん中に切込みがあって大きく脚を動かせるというのは他のAqoursメンバーと同じです。

付属品

手首パーツ


手首はほとんどが他のAqoursメンバーにも付属しているもので、新規のパーツは赤丸で示した扇子持ち用の手のみ。右手しかないので扇子は右手持ちしか出来ません。

扇子


材質はABSでしょうか。流石に隙間は抜けていませんが、大きさを考えれば充分な出来でしょう。


前述の専用手首で持たせます。


例によって、鞄に付けているマスコットが違います。

裸足用の脚部


これもAqoursのfigmaでは全員共通の付属品ですね。形状は千歌などと同じのようです。

ポンポン


これもまたAqoursのfigmaでは全員共通の付属品。色はダイヤさんのカラーである赤・・なんですが、赤と言うよりはピンクですね。


とは言え、梨子ちゃんのポンポンに比べると色が赤いです。

発電機


1期の3話で登場した発電機。大きさの割りに軽く、スジ彫りのシャープさからしてABS製だと思います。
発電機なので実物は外装がプラスチックの成型色のままだろうと思いますが、このfigmaの付属品のそれは塗装になっています。しかし微妙な光沢の具合で結構いい感じにプラ製っぽい質感が出ています。


スイッチ類?も奥まった部分であるにも関わらず塗り分けが綺麗。

アニメ本編でこれが出てきた時は制服は冬服なので、figmaの夏服には合わないとも言えます。ただ果南のクーラーボックスもそうですけどこのサイズの立体化は珍しいアイテム。他の可動フィギュアと組み合わせての使い道も結構ありそうで嬉しい付属品だと思います。

「実物」に近い形状?

細かい話ですが、実はこの発電機はアニメ劇中のそれとは形状が違う部分が結構あります。


側面の一段凹んだ部分は平ら。アニメ劇中ではコードが繋がっている部分が一段出っ張った形状でした。


青丸で示した辺りのスイッチ類は劇中の発電機では付いておらず平らで、何やら注意書きが書かれていましたがそれは再現されておらず。
赤丸で示した右下のスイッチ類もよく見るとちょっと形が違います。

この発電機、ホンダのEU16iという機種がモデルになっているようです。

劇中と形状が異なっている部分は、実はこのホンダの発電機に忠実な形状なんですね。

総評

果南の時点で予想はしていましたが、身長が梨子より小さいのが残念ではあります。
それ以外は非常に良い。顔も良く似ていますし、ホクロもちゃんと再現。表情も3種ながら良いチョイスだと思います。付属品についても、発電機は劇中では冬服の場面でしたけど、立体化が珍しく使い道が結構ありそうななので良しと思います。
欲を言えば表情は「ブッブーですわ」とか真剣な顔も欲しかったのですが、それを言っているとキリが無いですね。

次の曜ちゃんは今月11月発売予定ですが、その次の善子は何と3月。さらに次の花丸は7月とペースが遅くなってきてしまっているのが気になります。μ’sよりも9人揃うまでの時間が長くなりそう。

以上、figmaのダイヤさん・・ダイヤちゃん?(笑)のレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。