レビュー:S.H.フィギュアーツ 高坂穂乃果(ラブライブ!)


発売から1ヶ月くらい経っていて今さらですが、穂乃果ちゃんをレビューします。


商品名:S.H.フィギュアーツ 高坂穂乃果
メーカー:バンダイ
キャラクター原作:アニメ「ラブライブ!」

内容


本体、交換用表情パーツ、交換用手首パーツ、魂ステージ、と非常にシンプルな構成。

本体


形状的には違いはないはずですが、メーカー公式の画像とは印象が大分違います。
ただし悪い意味ではなく良い意味で、です。
この穂乃果に限った事ではなくバンダイの製品ではよくある事なのですが、実際の製品では成型色である部分もメーカー公式のサンプル画像では塗装になってしまっている。
実際の製品は肌は成型色。アイプリントは多分、変わっていない・・と思うのですが、本当に印象がかなり違う。

バンダイの公式でもポージングと撮影の特集ページでは製品と同じものを使っていますけど、発売前にこの画像を公開するべきだったと思います。
この穂乃果に限った事ではないのですが、この穂乃果は特に公式の画像で損していると思う。
(バンダイもその辺りが分かったのか、にこは公式の画像も肌が成型色になりましたね。)

各部

可動に関しては基本的にfigmaを想像してもらえれば良いかと思いますので、可動については特徴的な部分だけ解説します。

頭部

まずは顔

通常顔


目閉じ顔


笑い顔


半泣き顔。これは初回生産分のみ付属という事です。

figmaの穂乃果が予約開始になった時も書きましたが、この
S.H.フィギュアーツの穂乃果で惜しいのがこの顔です。似ていないわけではなく、むしろ似ているのだけど何と言うか表情がコレジャナイ。
CGみたいな表情なんですよね。もっと穂乃果らしいイキイキとした感じが欲しい。
本当にもう1歩なんですけど。
造形自体は良く出来ていると思います。特に半泣き顔は良く出来ている。でも半泣きは口を開けた状態にして欲しかったですね。アニメ1期3話では半泣きで歌う姿が印象的だったし、その方が使い勝手が良い。


髪は硬めの材質で造形がシャープ。
グラデーションの塗装も良い感じです。
サイドポニーテールはボールジョイントで可動しますが、可動範囲は狭くあんまり意味はないかも。
顔パーツを交換する時は、うっかりこのポニーテールを強く押してしまわないよう注意。ひょっとするとボールジョイントの軸を折ってしまうかも。


この穂乃果で地味に秀逸なのが首の根元にも可動がある事。
前後左右に首を根元で傾げる事が可能です。


前後にここまで傾ける事が可能。
上に向けると首もとのリボンが浮き上がってしまいますが、動きのあるポーズならこれでも良いかな。


アイドルらしいポーズ、踊っているポーズをとらせるのにこの首の可動が非常に良い感じです。このサイズの可動フィギュアでも、もっと首の根元の可動が一般的になって欲しい。やっぱり演技の幅が広がるんですよ。


肩関節は引き出し構造になっています。figmaの初音ミク2.0みたいな感じです。
向かって左が引き出した状態。


これを使うことで腕をこんな風に前に出し、左右の手が接する事が可能。


腕でちょっと残念な点。
肘は昔のfigmaみたいな関節で、ここで回転させる事は出来ません。
そして衣装と素肌の境目の部分(赤い矢印)に回転可動はありません。もちろん肩関節には回転可動はあるのですが、ここでのみ回転だとポーズをとらせていてちょっともどかしい感が。肘かここのどっちかで回転して欲しかったですね。

胴体


スカートの造形もなかなかシャープ。腰の辺りのシワの造形も良い感じ。ボタンや真ん中の黄色も、ピンクの上から塗装であるにも関わらずムラ無し。

写真では全然分からないかと思いますが、下の白いスカートは単色ではなく奥まったところに塗装でシャドウが入ってします。


衣装のデザイン上腰には可動がありません。
代わりに胸の下に分割がありここが可動します。ボールジョイント接続なので回転だけではなく傾ける事も少しは可能。


スカートはfigmaなどでは定番の左右に切れ込みが入っていて重なっている構造。お尻はちゃんと尻肉がある造形(笑)


スカートが可動の妨げになることなく、ここまで脚を上げる事が可能。


ちょっと残念なところ。
ご覧の通りパンツから上側はジョイントむき出しで腹がありません。下から覗かない限り(笑)そう見える部分ではありませんが、見えるとちょっとゲンナリしてしまう。


ただ腰がジョイントしかないためか、上半身を大きく前屈させることが可能ではあります。
でもここまで曲げられる必要があるかというと・・ないと思います。それよりもきちんとお腹を作って欲しかったですね。

脚部


脚はニーソックスと素肌の境目で回転可動があります。


ニーソックスはいているキャラの可動フィギュアでは定番ですね。女の子座りが容易に出来ます。


足首の前後可動はこのくらい。
それ程広くはありませんが充分だと思います。


足首の左右接地はそのままだと可動範囲が狭いですが、足首の関節は球体なので向きを変えれば結構接地出来ます。

付属品

魂ステージ


講堂の床をイメージしたベージュ色になっています。

交換用手首


平手は指を伸ばした状態・指を開いた状態がそれぞれ2種ずつ付属。


当然ながら指の角度がそれぞれ異なるものとなっており、微妙な表情を付けられます。

※追記 後発の他のラブライブの可動フィギュアと比較


まずはfigmaの穂乃果と。
目に見えて分かるくらい大きさが違い、figmaの方がサイズが小さいです。このため、「START:DASH」衣装のS.H.フィギュアーツをfigmaと組み合わせて遊ぶ事は出来ません。


続いて同じS.H.フィギュアーツでも後発である「僕らは今のなかで」の穂乃果と比較。
こちらも目に見えて小さく、組み合わせて遊ぶ事は出来ません。首の関節は同じなので挿げ替え可能ですが、頭部の大きさの違いからおかしなプロポーションになるので使えません。

という事で、この「START:DASH」衣装のS.H.フィギュアーツはサイズの違いから後発のラブライブの可動フィギュアとは組み合わせて遊ぶ事は残念ながら無理。
ちなみにfigmaと「僕らは今のなかで」のS.H.フィギュアーツはほぼ同じサイズなので、それほど違和感無く組み合わせて遊ぶ事が可能と言っていいかと思います。(キャラによっては両者で体型が結構違いますけど。)

総評

交換用手首と顔以外に付属品はなく地味。そして「START DASH」の衣装そのものが地味、とイマイチ派手さに欠ける感じはあります。
しかし可動範囲は広く、色々とポーズをとらせて楽しめます。特に首の根元の可動が良い感じです。本当に地味なポイントですけどね(笑)


あとはやっぱり顔の表情がもっと良ければね。悪くは無いのだけどちょっとそこが甘い。でも地味ながら良く出来てますよこれ。

pa319236
以上、S.H.フィギュアーツの高坂穂乃果のレビューでした。

もしよろしければ、クリックをお願い致します。
クリックして頂けると、ブログ村のランキングでこのブログに票が入ります。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

※関連記事

他のラブライブのS.H.フィギュアーツ(START:DASH)

レビュー:S.H.フィギュアーツ 園田 海未(START:DASH)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 南ことり(START:DASH)

他のラブライブのS.H.フィギュアーツ(僕らは今のなかで)

レビュー:S.H.フィギュアーツ 矢澤 にこ(僕らは今のなかで)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 西木野 真姫(僕らは今のなかで)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 絢瀬絵里(僕らは今のなかで)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 東條希(僕らは今のなかで)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 星空 凛(僕らは今のなかで)魂ウェブ限定品
レビュー:S.H.フィギュアーツ 小泉 花陽(僕らは今のなかで)魂ウェブ限定品

その他

レビュー:figFIX高坂穂乃果 チアガールver.(ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル)

レビュー:EXQフィギュア 高坂穂乃果(ラブライブ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。