レビュー:EXQフィギュア 高坂穂乃果(ラブライブ!)


8/8よりゲームセンターのクレーンゲーム等に登場となったバンプレストのプライズフィギュア。
μ’sのメンバーのフィギュアがプライズで登場するのはセガのSUNNY DAY SONGの海未ちゃん以来、約3年ぶりですね。

「Pure girls project」のCDジャケットイラストの水着姿での立体化。

  • 商品名:EXQフィギュア 高坂穂乃果
  • メーカー:バンプレスト(バンダイスピリッツ)
  • キャラクター原作:ラブライブ!

フィギュア全体


付属品は無く、フィギュアと台座のみ。フィギュア本体も最初から完成しており特に組み立ての必要な部分はありません。

肌と髪が成型色で、それ以外が塗装となっています。肌も髪もしっかりとツヤ消しクリアーが吹かれてツヤ消しになっています。
このEXQフィギュアのμ’sは2013年6月~8月に渡ってリリースされた「ユニットシングル 2nd session 」のCD3種「微熱からMystery 」「Cutie Panther」「Pure girls project」のジャケットイラストの水着姿での立体化となっているようです。
そのイラストで着ていた水着姿ではあるのですが、ポーズはイラストの再現ではなくこのフィギュア独自のポージングとなっています。

他の穂乃果のフィギュアと並べて


過去にリリースされた穂乃果のプライズフィギュアですと、セガのSUNNY DAY SONGの穂乃果が同じくらいのスケール。大体1/7スケールくらいかな。


なので同じセガのそれは僕たちの奇跡の穂乃果よりも大きいサイズ。


セガSPMフィギュア「Snow halation」の穂乃果(画像の物は台座を商品とは違うものに交換しています)よりも大き目。


グッドスマイルカンパニーの僕らは今のなかで衣装の1/8スケールフィギュアよりも大きいです。
ポーズが左右対称で似ているかな?と思ったのですがそうでもなかった(笑)

台座が小さい!!


同じバンプレストの一番くじのAngelic Angel衣装の穂乃果と比べるとフィギュア本体は大きさが全然違いますけど台座は同じくらい。


ラブライブサンシャインの巡アイ-沼津-のSQフィギュア(画像は高海千歌)と比べても、フィギュア本体は遥かに大きいのに台座はほぼ同じ大きさ。

この穂乃果、台座から腕がはみ出してはいますし今後出る同シリーズの他メンバーのポーズにもよりますけど、セガSPMの「SUNNY DAY SONG」や「Snow halation」に比べると、小さいスペースで9人並べられそうです。

各部


パッケージ写真も含めて公式の画像では髪も塗装になっていますが、前述の通り実物は髪は成型色。成型色の上からシャドウが吹かれており、ハイライト部分が成型色のままという仕上がりです。セガのSUNNY DAY SONGの穂乃果と似てますね。髪の色はブラウンよりはオレンジという印象で、そこもSUNNY DAY SONGの穂乃果に近いです。
髪が成型色である事には悪印象を持つ人もいるかと思いますが、髪は光が透けるものなので私はアリだと思っています。ただ頭に付けている花は全部塗装なので、髪に比べて花は全然光が透けていないのは質感の対比として不自然な感も。そういう意味では髪は塗装の方が良かったのかもしれません。


顔はこれまでに出た様々な穂乃果のフィギュアの中でも屈指の出来栄えでは?
μ’sは描かれた時期や描き手によって顔が違いますけど、かなり最大公約数に近いのではないかと思います。


地味に造形がよく出来ているのが頭の花。パーツの実際の厚みよりもかなり薄さを感じさせる造形。塗装で厚ぼったくなる事もなく花びらの質感がとてもよく出ています。
スノハレの絵里の頭の花とえらい差だよ(笑)


肌の部分は全てパーティングラインがきちんと処理されています。パーティンラインの処理はおそらく(電動の道具は使うにしても)手作業でヤスリをかけて行っているだろうと思うので個体差はあると思いますが、かなり綺麗に処理されています。特に脚なんてどこにパーティングラインがあったのかパッと見では分からないくらい。
手の指の間は流石に処理されていませんし、他の部分もよく見るとうっすらとヒケの部分が見えますがこれは仕方なし。PVCのパーティングラインをヤスリで削るだけでの処理はこれが限界でしょう。


全体的に適度に肉感のある造形が素晴らしい。特にお腹。


水着部分はちょっと厚ぼったい。まず塗装の厚み。ブラ本体やパンツ部分は表面に細かな凹凸が無いのでさほど問題がないのですが・・・・


ブラのフリルは細かな造形なので塗装で埋まってしまっているのがちょっと気になる。フリルの側面部分もほとんど掘り込まれていないので、造形的にも厚ぼったい。


パレオ部分はブラのフリルほど密集した造形ではないので問題なし。フチもきちんと薄く見えます。


もちろん個体差もあると思いますが、プライズものなので品質管理が甘いのかところどころ塗料が跳ねてしまっている部分がありました。クオリティが非常に高くなっている昨今のプライズフィギュアですが、ここが辛いところ。

総評

フリル部分はちょっと気になるところはあるものの、顔の出来・体の造形・パーティングラインの処理などプライズものとしてはとても良く出来ていて素晴らしい。穂乃果が好きならもちろんの事、μ’sのファンなら是非。
続々とリリースされるラブライブサンシャインのAqoursのEXQフィギュアを見て、「μ’sもこのくらいのクオリティで出してくれたらなあ」と思っていたので非常に嬉しい。意外と立体化が無かった「Pure girls project」の水着姿というチョイスも嬉しい。9人揃う頃には冬だけど(笑)

AqoursのEXQフィギュアやセガSPMの夏服のフィギュアより後に出たフィギュア等は、欲しいけどもう部屋の置き場所が限界で入手を諦めてしまっていたのですが、このμ’sのEXQフィギュアは迷わずにゲットでした。

あとは毎度の事ですが、今後リリースされる他メンバーとの身長差がきちんと再現されている事を切に望みます。
以上、EXQフィギュア 高坂穂乃果のレビューでした。

※関連記事

レビュー:figFIX高坂穂乃果 チアガールver.(ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル)

レビュー:S.H.フィギュアーツ 高坂穂乃果【僕らは今のなかで】

レビュー:figma 高坂穂乃果

レビュー:S.H.フィギュアーツ 高坂穂乃果【START:DASH】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。