レビュー:NECA(ネカ) アルティメット ウォーリアー プレデター


アルティメット版の「ラム」ことウォーリアー・プレデターのレビューです。

  • 商品名:「ウォーリアー・プレデター アルティメット 7インチ アクションフィギュア」
  • メーカー:NECA(ネカ)
  • キャラクター原作:「プレデター2」


プレデター2/ ウォーリアー・プレデター アルティメット 7インチ アクションフィギュア
このフィギュアの商品ページへのリンク

内容


本体、素顔頭部、バトルアックス、フレイル、スピア(伸・縮2種)、ディスク(開・閉2種)、リストランチャー(開・閉2種)、スカルトロフィー(背骨有り・無し2種)プラズマキャノンエフェクト、交換用手首3種、という内容。

同じアーマーのアルティメット ガーディアン・プレデタースカウト・プレデターと違い、背中の小さなバックパックと差し替えで取り付けるものが無いので、バックパックは本体に固定になっています。

本体

左腕のリストランチャーは閉じた状態のパーツを取り付けています。


肌だけは成型色の上から一部塗装という仕上げで、他は全て塗装。
肌もお尻など一部完全に塗装の所があるのですが、他のプレデターに比べて質感の差による違和感が少なくて良い感じです。

どっちが成型色?

肌はおそらくライトグレーの方が成型色、つまりブルーの方が塗装だと思うのですが・・・・それにしてはブルーの部分も透明感(光の透け)があり過ぎる。ライトグレーも成型色の割には光の透けはやや抑えめ・・なんだけど確かに透けがあって生き物の肌っぽい質感が感じられる。
そんな仕様もあってなのか、毎回恒例の「成型色ではなく全て塗装となっている肌の箇所」との質感の差が少ないです。

いつもなら毎回手首との質感(どころか色そのもの)の差が激しい左下腕の手首近くも、今回はかなり違和感が少ないです。もっともこれに関しては、成型色や塗装の仕方云々よりも、単純に隠ぺい力の高い色であるグレーだからというのもあるでしょう。

ここも恒例の「肌だけど全部塗装」の尻。太ももとツヤや光の透け加減の差はやっぱりあるのですが、他のプレデターに比べるとかなり違和感少な目。

旧素体のフィギュアと比較


左がアルティメットで右が旧素体版(シリーズ6)。
NECA公式の画像だと今回のアルティメットも旧素体と同じくらい「青白い」印象だったのですが、実際の商品はちょっと異なります。
公式画像だと「薄い水色の肌にブラウンで体表パターン」ですが、実際の商品は「ライトグレーの肌にブルーとブラウンで体表パターン」で、そこまで青白いイメージではありません。とは言え体表のブラウンもアーマーやマスクと似た色味なので、全体的にモノトーンな雰囲気なのは同じですね。

旧素体版は数あるNECAのプレデターの中でも肌の成形色の光の透けが多く、魚か両生類かというくらいに透明感のある肌でしたが、アルティメット版は前述のように透け感は少なくなっています。

旧素体はアーマーやマスクはシルバーの塗装の上からブラウンやら青サビやらの塗装が重ね塗りされていて、重ね塗りの具合が違うために部分部分で色味がかなり異なるという仕上がりでした。(個体差もあると思います。)
一方アルティメットのマスクやアーマーはブラウンぽいチタンシルバーでほぼ統一されており、青サビの塗装はディスクホルスターとスネのアーマーのみに塗られています。


足首は体表のパターンが全然違います。


マスクのオデコの縞模様は、旧素体が「シルバーの上から濃い色で縞模様」なのに対し、アルティメットは「ブラウンぽいシルバーの上から普通のシルバーで縞模様」という感じの塗装です。

各部

本体はアルティメット・シティハンターと同じなので、可動についてはアルティメット・シティハンターのレビューNECAのアルティメット プレデター全般についての記事をご参照ください。

頭部


マスク装着状態の頭部は、形状は旧素体と同じです。


素顔頭部はシティハンター・・ではなくてバッドブラッド・プレデターの流用のようです。
口の中は紫がかったブルー。
マッドプレデター(カプコンのエイリアンVSプレデター)やレーザーショット プレデターもそうですが、何か肌が青いプレデターって口の中も青っぽい色ばかりですよね。


目はよーく見ると塗装が細かいドットなので、おそらくデジタル印刷で塗装されていると思います。それだけに目の塗装は細かくて綺麗。

何か穴が空いている


左のオデコの辺りに何か穴が空いています。これはバッドブラッド・プレデターではピアスが付いていたためのようです。豆魚雷に問い合わせてみたところ、仕様との事でした。このウォーリアーについてはここに何かパーツが本来付いているというわけではないようです。

胴体


形状的にはシティハンターと同じ。シティハンターには付いていたスピアを付けられるラックは今回も付属せず、取り付け用の穴が空いているのみです。


腹部も実はなぜか、成形色ではなく肌が全塗装となっている箇所だったりします。同じ素体の他のプレデターはそんな事無かったのですが。そういえばアルティメット ジャングルハンター(私が所持しているのは初販版)もそうでした。どういう理由でこの仕様になる事があるのかは謎。

成型色ではなく塗装とは言え、やはりここも成型色の肌の部分とほとんど質感に差は無いです。写真ではほとんど差が分からないでしょう。
ただ、成形色である他の肌部分と違い、先にブルーを塗った上からライトグレーで塗られているので、ブルーの部分がここだけ他よりもぼやけています。


旧素体では手首が表裏ともに真っ青でしたが、アルティメットではライトグレーで手の甲だけ薄っすら青。


リストブレードはもちろん伸縮可能。
写真を撮っていませんが、左腕はもちろんリストコンピュータが開閉可能です。

下半身


下半身も基本的にシティハンターと同じで、腰にゴム紐で留められているアーマーの形状が異なるのみ。
ネットランチャーは付属しませんが、それを取り付けるための穴が左スネ側面に空いたままなのもいつもの通りです。


ディスクホルスターの内部は特に塗り分けはされておらず、青サビの塗装がされているだけです。


スネのアーマーも青サビの塗装がされています。

付属品

バトルアックス


アルティメット版でのNECA独自デザインの武器。
ゲーム「プレデター ハンティンググラウンズ」にもバトルアックスという武器は存在しますが、メカニカルな外見のそちらとは違い、このフィギュアのアックスはメカではありません。

柄の部分はスピアと共通性のあるデザインになっています。パッと見はメカっぽくないデザインなんですが、スピア同様に伸縮する想定のデザインでしょうか。


厚みのあるデザインなので少なくとも刀身はPVC製で重いのだろうと予想していましたが、意外にも全部ABS製。片手で持たせても保持可能なくらいに軽いです。

フレイル


こちらもアルティメット版でのNECA独自デザインの武器。


ワイヤーが入ったベンダブル仕様になっており、ポージングに合わせて動きを付けられます。

スピア


伸・縮2種類付属。シティハンターと同じ。

ディスク


開・閉の2種類付属。
こちらも他のプレデターに付属しているものと同じですが、ディスク中心のメカ部分がカッパーで塗り分けられています。


閉じた状態はホルスターに収納可能。

スカルトロフィー


こちらも他のプレデターに付属しているものと同じですが、血の塗装は彩度も塗装の量も少なく、「血を拭ったけどまだ染み付いている」という雰囲気。

プラズマキャノンエフェクト


これも他のプレデターに付属していたものと同じ。塗装は成型色のクリアーを残した仕上がり。

交換用手首


右の深く握った持ち手、右のディスク用の持ち手、左の浅く握った持ち手の3つ。
これも他のプレデターに付属するものと同じですね。

リストランチャー


これも他のプレデターに付属するものと同じ。開・閉の2種類付属。
これまでの他のプレデターでは閉じた状態はダボの勘合が緩く、両面テープ等を使わないと勝手に外れてしまいがちでしたが、今回はそのままハメ込むだけで保持出来ます。(塗料の厚みの個体差でたまたまそうである可能性もありますが。)

総評


いつも通りの出来なんですが、肌の塗装の違和感が無いのが良いですね。完全な塗装になってしまっている肌の部分があるものの、成形色部分との質感の差が少ない。とは言え、たぶんこれはNECAが意識的にこれまでの他プレデターよりも改良したわけではなく、使う色の隠ぺい力の問題でたまたまそうなっただけだろうとは思いますが。
肌の色味は旧素体も捨てがたいのですが、アーマーやマスクの塗装は今回の方が私は好みです。

その他、アックスが思いのほか軽くて保持が楽だったのと、フレイルがベンダブルで動きを付けられるのは嬉しい誤算でした。スカルトロフィーも今まで何度も何度も付属品になっているものなので、これまでとちょっと違う塗装になっているのも良い。

しいて難点を挙げると、フレイルは穴が空くことを見越したデザインにして欲しかったかな。ベンダブルなので穴が空いてしまっている。でもこれは映画に登場したものではなくフィギュア用にNECAの方でデザインしたのでしょうから、穴が空くという製品としての都合を考えたデザインに出来るでしょう。
それってつまりどんなデザインだと言われても私には分かりませんけど(笑)

以上、アルティメット版のラムことウォリアー・プレデターのレビューでした。

プレデター2/ ウォーリアー・プレデター アルティメット 7インチ アクションフィギュア
このフィギュアの商品ページへのリンク

※各通販サイトについてはこちらで解説しています⇒通販サイト 比較とおすすめ【フィギュアの買い方】

レビュー:NECA(ネカ) アルティメット ウォーリアー プレデター」への2件のフィードバック

  1. Den

    ネカプレレビュー更新楽しみにしておりました。
    件のヘッドの穴は、バッドブラッドプレデターの金型を再利用しているからだと思います。
    できれば隠してほしかった所ですが、凶悪な素顔がかっこいいから良しとしましょう笑

    返信
    1. EAST-COW 投稿作成者

      ブログ管理人です。

      >件のヘッドの穴は、バッドブラッドプレデターの金型を再利用しているからだと思います。
      あ、なるほど。あれ頭にピアスしてますもんね。思い至りませんでした。

      そうすると、バッドブラッドの頭はシティハンターのパーツにピアスを付けているのではなく、専用のパーツだったんですね。

      >できれば隠してほしかった所ですが、凶悪な素顔がかっこいいから良しとしましょう笑
      映画では素顔が無く、NECAフィギュア独自のものですから、自分で穴の部分にピアスか何か取り付けてしまっても良いでしょうね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。