レビュー:NECA(ネカ) アルティメット ストーカー・プレデター


NECAのアルティメット版ロストハンター3体目、「ブラザー・ボア」ことストーカー・プレデターをレビュー。

  • 商品名:「ストーカー・プレデター アルティメット 7インチ アクションフィギュア」
  • メーカー:NECA(ネカ)
  • キャラクター原作:「プレデター2」

2021年1月に発売になったフィギュアですが、6月頃に再販が予定されているようです。

アルティメット アクションフィギュア ストーカー・プレデター
NECA(ネカ)

内容


本体、交換用手首3種、プラズマキャノンエフェクト、コンビスティック(収納)、ダートガントレット、バックパック、プラズマキャノン、素顔頭部、ディスク2種(開・閉)、トロフィースカルコンビスティック(展開)、。
画像ではバックパックにキャノンを取り付けた状態で写真に撮っていますが、キャノンは外れた状態でパッケージに入っています。キャノンは1度取り付けるとバックパックから外すのは困難です。

NECAプレデターで初めて胴体のアーマーが着脱仕様になっているフィギュアですが、そのアーマーは装着した状態でパッケージされています。

本体

今回は肌は成型色ベースでオレンジやブラウンを塗装している仕様。ただ前腕とお尻だけは肌色も塗装になってしまっています。この辺はもう最近のNECAのいつものパターン。

映画劇中のストーカーは胴体にアーマーが無いので当然キャノンもなく、腕もガントレットが無くて布切れを巻いているだけというとても軽装な外見でした。アルティメットでは胴体のアーマー、バックパックとプラスマキャノン、腕には大型の武器を装備と沢山の装備が追加。どれも着脱可能なので、映画劇中の軽装なストーカーにも出来ます。

旧素体版(シリーズ5のストーカー)と比較

左がアルティメットで右が旧素体版。


色味は近いですが、肌の成形色は旧素体版の方がより色が薄いです。またオレンジの塗装の面積も旧素体版はやや少ない。
全体として旧素体版の方が色が白っぽい印象です。


上腕が特に分かりやすいかと思いますが、ブラウンの模様はアルティメットの方が全体的に太いです。

各部

素体はアルティメットシティハンターと同じものなので、可動範囲は基本的に同じです。唯一異なるのは前腕の回転可動が無い事。

頭部


マスク頭部はおそらく旧素体版と同じパーツです。


映画劇中では存在しない素顔。パーツ自体はジャングルハンターと同じ。体表の模様を踏襲して中心部分が肌色で外側がオレンジ。後頭部付近にだけブラックの模様があるのがヘビの体表っぽい感じ。


首にかけているネックレスと鞄。頭部を外す時、勢い余ってこれらのストラップ部分を千切ってしまわないように注意した方が良さそうです。

胴体


旧素体版でもそうでしたが、ネットの色はグレー。

胴体アーマーの着脱


正面の中心部分が、左胸部分との境目で外れます。


頭部を外してアーマーを曲げながら腕を通すことで外す事が可能。アーマーを外せば映画劇中の姿となります。


アーマー無しで頭部を素顔にすると、かなり軽装なプレデターに。


外したアーマー。
ブラックの上からゴールドでドライブラシされていますが、両胸及び背中左の丸い部分のみシルバーで塗られています。メカニカルなのですが装飾的な趣もある意匠。


前腕だけが新規パーツであとはシティハンターと同じ。手首は左右とも開いた手が付いた状態でパッケージされています。


他のプレデターの前腕はガントレットと肌の部分の境目で回転可動がありますが、このストーカーにはありません。布を巻いている部分は厚みが無いので無理だったのでしょう。


冒頭でも書いたように前腕だけは肌色が塗装。ここだけ透明感が無いのはもちろんの事ですが、塗装の色が成型色に比べてグレーっぽいので違いがちょっと気になる。特に矢印で示した部分は面積もそこそこ大きいので目立ちますね。


上腕はシティハンンターと同じなので、左肩アーマーが軟質で上に跳ね返るいつもの仕様。これがあるので胴体のアーマーの有無で腕の可動範囲が変わる事はありません。

腰回り


前後の鎧が異なる以外はシティハンターと同じ。鎧が前後ゴムで繋がっていて腰に挟んでいるだけなのも同じ。


スカートめくり(笑)
この前後の鎧は裏面もきちんと造形されています。複数枚の板が紐で繋がっているデザイン。
軟質パーツであるお尻は肌色が塗装になってしまっていますが、前述の上腕に比べると色味が成型色の部分に近くて違和感が少ないです。


シティハンターと全く同じ。左すねにネットランチャーは無く、取り付け用の穴が空いたまま。


何と最近のNECAには珍しく、すねパーツの肌色が塗装ではなく成型色のまま。いつもそうしてくれ(笑)

付属品

バックパックとプラズマキャノン


バックパックもキャノンもジャングルハンターやAVP等を踏襲したシルエットなんですが独特のデザイン。キャノンはジャングルハンターよりも大型で、AVPの一番大きいキャノン(スカープレデター)と同じくらいの大きさ。


キャノンは根元に左右へのスライド可動があります。ただ、このストーカーのバックパック取り付け位置は背中の右側なので、左へスライドする意味は無さそう。今後他のプレデターへ流用する事を見越しているのですかね。


バックパックはこの凹部分を・・・

背中のこの凸にはめ込んで装着します。こんな厚みの無いダボで保持できるの?と心配になりますよね。意外にも結構しっかり保持出来ます。
このダボと凹みはかなりタイト。軟質であるアーマーのダボを軽くギュっと押し込む感じではめるので弾力で密着しているせいか簡単には外れません。とはいえ、がっちり固定されるという程でもないので、装着してフィギュア本体を動かしているとバックパックが外れてしまう事はあります。


装着状態。

ダートガントレット


これも新規武器。名前からすると刃物を弾として撃つのでしょうか?


前腕の布切れ部分の上から挟んで装着。


前腕の側面側でも上面側でも取り付け可能。前腕に回転可動はありませんがこれを構えるポーズはどんな向きでもそれっぽく出来ますね。

コンビスティック


展開・収納の両方付属。他のプレデターと同じものです。
展開状態は色がオレンジがかったカッパーなんですが、収納状態の槍先はオレンジっぽくないゴールドで色味が違ってしまっていますね。

ディスク


こちらも開閉2種付属。


右もものホルダーに閉状態のディスクは収納可能。旧素体と違い、最近の他のプレデター同様にディスクが勝手に外れる事は起こり難くなっています。

交換用手首


ディスク持ちの右てと左右の持ち手。他のプレデターと同じものです。

プラズマキャノンエフェクト


キャノン本体は新規パーツのこのストーカーですが、エフェクトはジャングルハンターのキャノン用と同じパーツです。

スカルトロフィー


これも他のプレデターに付属してきたものと同じですね。

総評


NECA独自の胴体アーマーやバックパック、武器のデザインがとても良いですね。軽装な元のデザインの味を殺す事なく上手い具合にロストハンターっぽい雰囲気なんですよ。キャノンがバックパックに直接繋がっていたり、キャノンが左ではなく右側だだったりと他のプレデターでありそうで無い配置なのも良い。
胴体アーマーやバックパックという大掛かりな独自追加要素がありつつも、着脱可能で劇中のブラザーボアに出来るのも素晴らしい。映画劇中のものしか認めない人でも安心。アーマードロストプレデター(ボーグ)はそれが出来ませんでしたので。

あとはバックパックの取り付け方法がもっとしっかり固定出来る方式ならなお良かったですね。意外としっかり保持してくれるのですが、流石にジャングルハンタータイプのバックパック程はしっかりと固定出来ず。アーマーが着脱式なので硬い材質には出来なかった都合、これが限界だったのだろうとは思いますが。

以上、アルティメットのストーカー・プレデターのレビューでした。

アルティメット アクションフィギュア ストーカー・プレデター
NECA(ネカ)

※各通販サイトについてはこちらで解説しています⇒通販サイト 比較とおすすめ【フィギュアの買い方】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)「メールアドレス」「名前」「ウェブサイト」は必須入力ではありません。